なでしこツイッター騒動は、法政大が、ツイートした男子学生(21)と面談して厳重注意する事態になった。 一方で、東京大学でも、学生のツイートが問題になったとして、注意喚起を促す文書を出した。 そこまでしないと分からないのか。          熊谷紗希選手(20)の飲み会発言を法政大生がツイッターで実況中継して騒ぎになった2011年7月21日、ネット上に、ある文書が出回った。                         東大が異例の注意喚起                          (東京大学が異例の注意喚起)            「Twitter等への書き込みについて(注意喚起)」 とタイトルがついたものだ。 東大教育学部の市川伸一学部長名になっており、ツイッターなどでの安易な書き込みを学生らに戒める内容になっている。          それによると、ある東大生がツイッターで反社会的な行為をしていることをつぶやき、ネット上で騒ぎになった。 その結果、所属サークルのホームページから個人情報が突き止められバラまかれてしまい、東大にも問い合わせが相次いだ。 こうしたことから、周りの人たちの迷惑にもなりかねないとして、「慎重に考えて責任を持って行動」 するよう呼びかけている。            この騒ぎとは、東大の男子学生(21)が7月14日、ツイッターで 「飲酒運転なう!」 とつぶやいて、ネット上に波紋が広がったケースを指すらしい。 学生は、「途中道で寝た」 としながらも、「居眠り運転に転じそう」 などと発言していた。 その1か月ほど前にも、「飲酒運転がバレませんように」 とツイートしている。 その後、ミクシィで本名を割り出され、サークル情報から飲み会での顔写真まで暴かれる事態になっていた。            今回出回った文書について、ネット上では、厳しい指摘が相次いでいる。          ツイッターをみると、「どこの中学校だよ?」 「天下の東京大学がこんなことをやらないといけないなんて・・・」 「こんなん出さないで、学校は一切責任を負いません、自己責任で って書いておけばいいじゃない」 などと書き込まれている。          文書の東大生が男子学生のケースに当たるかについて、市川伸一学部長は、「申し上げられません」 と明確な返答を避けた。 しかし、男子学生のツイッター発言については、こう説明している。      
「本人は、飲酒していたわけではないと言っています。 ふざけて書いたところ、大きな騒ぎになってしまったということです。 本当のところは、酒を飲んで酔った後、自転車を引いて帰ったと言っていました。 不用意に書くと、とんでもない騒ぎになるということです」      
   ただ、学生の処分については、コメントできないという。          ネット上では、2009年4月にも、東大生というミクシィユーザーが飲酒運転を告白する騒ぎが起きている。 東大でさえ、やはり注意喚起しないと分からない学生も多いのか。          この点について、市川学部長は、「ごくまれなケースであり、学生が一般的にそうだということはありません。 しかし、そんなケースもありうるので、注意喚起したということです」 と説明する。 法政大生のツイート騒ぎと文書を出したこととは関係ないという。          文書は、東大サイト上にあったが、その日中に削除された。 理由については、「学生に見てもらうための掲示であり、意図に反して外部に流れてしまったため」 と説明している。          法政大生のケースでは、大学側が 「ご迷惑をおかけした」 と謝罪したことに、学生が悪いのになぜなのかとネット上で疑問が相次いでいる。 むしろ学生を厳しく突き放すべきではとの意見も多く、大学にも、電話で 「処分しないのか」 といった意見が10件ほど寄せられている。          大学には、代わりに謝罪しないといけないほどの事情でもあるのか。          法政大では、こうした点には答えず、今後こうしたことがないよう学生を指導し、学内でもモラル向上を図る教育に注力するとコメントした。 学生本人は、熊谷紗希選手を始め関係者に迷惑をかけたと深く反省しているという。  (j-cast.com)          私も、大学側が謝罪する必要はないと思うな~!  学生は責任の取れる年齢ななおさらだと思う。 未成年で飲酒して車の運転していたらなおさら大変なことだけど・・・。 ツイートこの記事をつぶやく
         マクドナルド        ファストフード大手マクドナルドが来年行われるロンドン五輪に合わせ、世界最大規模の店舗を五輪公園内に設置することについて、英医師会などが21日、否定的な見解を示しました。        五輪のオフィシャルスポンサーであるマクドナルドには、五輪公園内に独占的に飲食施設を設置する権利が与えられ、パブリックエリアに2店舗、選手村とメディアセンターに2店舗を構える予定となっている。        これに対して英医師会など医療関係者は、「多くの先進国や一部の発展途上国で肥満が大きな問題となっているが、残念ながらマクドナルドがロンドン五輪のメインスポンサーになっている」 と否定的な見解を示した。        また、英議会の衛生委員会は 「健康問題の大きなテーマになっている子どもの肥満について考えるなら、五輪公園に世界最大規模のマクドナルドを設置することが若者に適切なメッセージになるのかと疑問に思うのは当然」 との声明を出した。        このほか、同じく五輪のスポンサーである飲料大手コカ・コーラや英製菓大手キャドバリーも同様の批判を受けている。  (reuters.com)                    ツイートこの記事をつぶやく
     マクラーレン新型        マクラーレン・オートモーティブが自社開発したスーパーカー “MP4―12C” が、いよいよ今週最初の顧客のもとへ届けられることになりました。         イギリスの自動車メディア『AUTOCAR』によると、マクラーレンは納車寸前の最後の最後にMP4―12Cにある改良を加え、顧客にクルマを届けたという。        ことの発端は、マクラーレンが今年早々に自動車ジャーナリストやメディア関係者を対象に実施したサーキット試乗会にさかのぼる。 試乗した専門家の意見はおおむね好意的だったが、唯一評判の芳しくなかったのが、エンジンサウンドだった。 この点に関しては 「フェラーリ458イタリアの方が上」 という評価が支配的だったのだ。        そこでマクラーレンは、MP4―12Cの排気系に改良を加え、官能的なエンジンサウンドを目指した。 マクラーレンの広報担当者によると、「今回の改良では、パフォーマンス自体は変化していないものの、ドライバーの気持ちを昂ぶらせるエモーショナルな性能が確実にアップしている」 と話している。        加えられた内容は、エンジンコンパートメントからキャビンに音を伝えるインテーク・サウンド・ジェネレーター。 スポーツ走行用の 「トラックモード」 に入れた際に、エンジンルームからキャビンへと繋がる管中のバルブがより大きく開くように変更がなされ、スポーツドライブのときにエンジン音がより多くドライバーの耳に届く味付けとされたのだ。        小さな仕様変更とはいえ、最後の土壇場でマシンの仕様を変更するあたり、マクラーレンのスポーツカーにかける本気のほどがうかがえるというものだ。 (asahi.com)          価格は、229000ドルだから日本円(80円換算)で1,832,000円か?  そんなにべら棒に高くはないか!?          ツイートこの記事をつぶやく