朝の10時前 「宅配便です~」 ってまたデカいダンボール(●-`ω-)b ZO!                  110721_095517          沖縄で酒!? ときたら泡盛・白百合しか思い出さない(●-`ω-)b ZO!         送り先を見ると沖縄のもっこり君からだこれは100%泡盛・白百合だ!!                     110721_095625            日本一臭い! じゃいな独特の香りの 『泡盛・白百合』 です。                    110721_095656        この白百合の独特の香りは畳のイグサのような感じなんですね。        この白百合飲んだら病み付きになりますよ!!  ホントに!!        お酒好きな方だったら絶対にお勧めです。           ツイートこの記事をつぶやく
       当社のクリエイティブチームに在籍ていて独立(FrecPopStudio)して今は社長のなりあきら君から、昨夕 「こんにちは、 失礼します」。         「久しぶりジャンd(・ω・。)  今日は、仕事の打ち合わせで来たの?  今、ミノ出かけてるけど6時半頃戻ると思うけど・・」        「いや・・ 社長に挨拶に来ました」        「そうなの・・・  どうした?」        「お酒飲んでもらおうと思ってお持ちしました」        「(;´-`)。oO(ぇ・・・) ありがとう。 いつも飲んでいるイメージ持っている?」        「そりゃそうですよ!」 って3本も思って来てくれました。                   110721_095134          1本目は、芋焼酎の 『邑』 創業明治3年の鹿児島県曽於市の岩川醸造が作った黒麹を使った本格芋焼酎。  黒麹の独特の甘みがあるのが特徴でしょうか。                       110721_095153          2本目が 『DIGNITAT』                     110721_095227        スペイン産のスパークリングワインです。        なりあきら君曰く 「みなさんにピッタリだと思って持ってきました」          なりあきら君のお勧めのようです。          3本目が 『REMY MARTIN   V.S.O.P』        「たまには、芋焼酎や泡盛だけじゃなくてブランディもいいかなと思って・・」 となりあきら君                      110721_095437          3本も頂いてしまって申し訳ないな!!  いらぬ出費をさせてしまいました。        「なりあきら 夕方、時間を見つけて飲みに来てよ!!  待っているから」         「はい  是非 是非」 って夕方寄ることを約束して帰って行ったなりあきら君でした。       何故、なりあきら君と呼ぶかというと彼の苗字が「しまづ」 しまづと云ったら島津斉彬しか思いださなくて、彼が薩摩藩の藩主になると富国強兵に努め、洋式造船、反射炉・溶鉱炉の建設、地雷・水雷・ガラス・ガス灯の製造などの集成館事業を興し近代化にとても貢献し、西郷隆盛という人物を見出し、生きて明治維新はその目で見ることはできませんでしたが、西郷隆盛や大久保利通が明治政府を作り、今、国旗として使われている日章旗は斉彬が発案したといわれている偉大な人物。        そんなことで最初に会った時から “なりあきら” と決めていたのです。          昨日は、嬉しかったな~~  なりあきら君ありがとう!! ツイートこの記事をつぶやく
        110622_115719  (゚∀゚)ラヴリィ!!ことカズマサ君から 「これ、飲んでよ」って                      110708_193523        『YEBISU BEER』 頂きました。        110708_193543          金のラベルがなんとなくプレミアムという感じがします。 (ラベルを正面に向ければイイのに! 下手こいた)        YEBISU BEERは、マッタリとしたのど越しで美味しいよね!!          ありがとうございました(ωV_vω)ペコ          結局、海老で鯛を釣るではなりませんが(゚∀゚)ラヴリィ!!の針に引っかかったと同じだな!!         ツイートこの記事をつぶやく
     
 科学技術振興機構(JST)は20日、東京工業大学の細野秀雄教授らが開発した高性能の薄膜トランジスターに関する特許について、韓国のサムスン電子とライセンス契約を締結したと発表した。 世界トップのディスプレイメーカーとライセンス契約を結んだことで、今後国内外各社のディスプレイ製品へ同技術が応用され、製品化されることが期待される。                 トランジスター        細野教授らが開発した薄膜トランジスターは、従来のディスプレイに利用されているアモルファスシリコンに比べ、電子移動度が10-20倍高い。 そのため解像度は約10倍高まるという高性能を誇る。しかも、既存品と比べ、簡単に作製できるという。        報道によると、サムスン電子は同薄膜トランジスターを用いたディスプレイを開発し、1-2年後には商品化する予定だという。       細野教授は発表声明で、「大学の基礎研究の成果から、文字通り目に見える製品が出てきた例になれば、材料研究者として本望です」 とコメントした。  (ibtimes.com)    
ツイートこの記事をつぶやく
     男子プロゴルフの石川遼選手(19)が日本国内では無効の国際運転免許証で自動車を運転していた問題で、埼玉県警は20日、石川選手を道交法違反(無免許運転)容疑でさいたま地検に書類送検した。
 県警によると、石川選手は5月、自宅と千葉県のゴルフコース間で、車を無免許で運転した疑い。        2月から始まった米国遠征中に国際運転免許証を取得。 4月に帰国して以降、国内ツアーからの帰路や自宅周辺などで車を運転していたという。 海外で取得した国際運転免許証の場合、現地での滞在期間が3か月未満だと、国内では無効になる。          石川選手はこの規定を知らなかったという。  (yomiuri.co.jp)          これは、「知らなかった」では済まないだろう!?          ツイートこの記事をつぶやく
       放射性セシウムを含む稲わらを肉牛に与えていた問題で、新たに岩手、秋田、群馬、岐阜、静岡県の農家から汚染疑いのある牛が計614頭出荷されていたことが20日、各県の調査で分かった。        共同通信のまとめでは既に判明している福島、山形、新潟、埼玉の4県分を含め計1264頭が出荷・流通されたことになる。流通先は鳥取、沖縄県を除く45都道府県に上った。        新たに判明した5県の出荷数は群馬355頭、岐阜29頭、静岡148頭、岩手81頭、秋田1頭。静岡からは同県内と愛知、大阪の1府2県に出荷された。 岩手は東京、岩手、神奈川の1都2県に出荷。 秋田の1頭は解体されたが、市場には流通していない。 (mainichi.jp)          セシウムに汚染された牛肉が、45都道府県に出回り鳥取県と沖縄県だけが流通しなかった。 沖縄に移住!?          以前、クリエイティブで頑張ってくれた“もっこり君”が一番安全なところに居るってことだな!?                   ツイートこの記事をつぶやく
     ホンダCRZ        ホンダは、スポーツタイプのハイブリッドカー “CR-Z” に、ブラック内装やアルミホイールなどの専用装備を施した新グレード “α・Black label(アルファ・ブラックレーベル)” を設定し、8月8日に発売すると発表しました。        α・Black labelは、フロントシート、ドアライニング、メーターバイザー、シフトブーツなどの内装パーツをブラックで統一することで、落ち着き感や上質感を表現した新グレード。 またペダル類には、メタル製のプレミアムペダル(アクセルペダル、ブレーキペダル、クラッチペダル)が採用され、スポーティな雰囲気が高められている。        またアルミホイールには、ピューターグレーのメタリック塗装タイプの16インチ軽量タイプが採用される。          ボディカラーは全7色で、αとα・Black labelでは、期間限定色プレミアムイエロー・パールIIが選択可能。こちらは2012年3月末までの受注が対象となる。          また、今回メーカーオプションの“Honda HDDインターナビシステム+リンクアップフリー”に、省燃費ルートやETC割引ルートなど、ドライブの目的に合わせて選択できるルート配信サービス“インターナビ・ルート”機能が加わった。  (asahi.com)        ホンダCR-Zのラインアップと価格は以下のとおり。    ・β(CVT/6MT):226万8000円    ・α(CVT/6MT):249万8000円    ・α・Black label(CVT/6MT):251万円  です。                    ツイートこの記事をつぶやく
     大震災で被災した東北3県を除く、地上波アナログ放送の停止まであと4日となった。 地上デジタル放送(地デジ)に対応するテレビなどを備えていない場合、見たくても見られなくなるため、NHKに受信料契約の解除を申し込む世帯も目立つ。 受信料収入は同局の生命線だけに緊張感も最高潮に達している。        24日からのアナログ放送の終了に伴い、地デジを受信できるテレビなどの設備がない世帯は、受信料を支払う義務がなくなる。        地デジ対応のテレビ購入費もバカにならず、2690円(2カ月)の受信料も安くはないだけに 「ニュースなら携帯電話やインターネットのサイトで十分」 と、この際、契約をやめてしまう世帯も少なくない。        同局には、こうした問い合わせを含め電話が殺到中で、「コールセンターがパンクしないよう7月1日からオペレーター数を20席から100席に拡大し、アルバイトスタッフも大幅に増やした」 (NHK関係者)とスクランブル態勢で対応している。        厄介なのは、この機に乗じて、地デジ対応のテレビを持っているのに 「視聴できない」 と虚偽申請し、契約を解除しようとする世帯だ。        NHK広報局では 「届け出内容が事実であるかを確認し、契約終了後に定期的に訪問するなどデジタル受信機の設置の有無について確認させていただきます」 とし、人海戦術で徹底チェックするつもりでいる。 だが、同局内部からも 「すべてを把握するのは難しい」 (先の関係者)と危ぶむ声は尽きない。        ちなみに、地デジ対応のテレビがないからといって、受信料を支払わなくていいというわけではない。        ワンセグ付きの携帯電話やスマートフォン、テレビチューナー付きのパソコン、カーナビなど、ラジオを除いてNHKを視聴できる受信機を持っている限り、支払い義務は生じる。        「見ないから払う必要がない」 という言い分も通用しない。 放送法で、自由意思で受信機を設置した人はNHKを受信する意思があると認められる-と規定されているためだ。        結局、契約解除を申請できる世帯は、それほど多くはないということになるが、同局への問い合わせはしばらく収まりそうにない。  (zakzak.co.jp)                    ツイートこの記事をつぶやく
       日本マクドナルドの原田泳幸会長兼社長は20日、東京都内で記者会見し、今後の出店は大型店にシフトするとともに、3~5年間の新規出店のうち9割は郊外型のドライブスルーにすると述べました。        毎年150~200店ずつ増やし、ほぼ同数の小規模店を閉鎖する方針。 同社は2010年に不採算の433店を撤退させており、引き続き新陳代謝を進める構え。 (kyodo.co.jp)                ツイートこの記事をつぶやく