キヤノンの新卒採用説明会が、「学歴差別を露骨に打ち出しているのでは」 とネットで論議になっている。          話題になっているのは、2012年度入社の新卒事務採用(夏期)説明会のインターネット予約受付画面。 ネットにアップロードされたキャプチャー画像では、「事務系(東京大学の方)」 「事務系(一橋大学の方)」 といった具合に、有名上位大学の名が明記された予約枠が並んでいる。                        キャノン        たとえば、11年7月28日11時の東京開催の説明会は、東大、東京外語大、横浜国立大、早大、慶大、上智大の学生限定。 翌29日の東京会場は10時と11時の回が、それぞれ早大、慶大、明大、青学大、立教大、中央大の学生が対象だ。          大学名のない学生は、「事務系」とだけ記されたフリーの予約枠に応募するしかない。 29日の東京会場は、13時と14時の回はフリーの枠となっているが、受付画面の画像を見たところすでに「満席」。 これ以外の、指定大学別の枠はまだ余裕があるようで、フリーの枠に予約が殺到したことが分かる。          新卒の採用活動は、学生が企業のHPにアクセスして自分の名前と大学を登録、企業から学生あてに説明会の日程がメールで届く、というのが一般的。 その場合、個別の大学ごとに説明会が開かれるのは決して珍しくない。 いわゆる会社主催の「OB訪問会」だが、他大学の学生には日程がわからないようになっている。 今回のようにすべての学生に、ほかの大学の 「枠」 をはっきりと見せるケースはまれだ。          画面を見たネットユーザーからは、「学歴フィルター露骨すぎるwww」 「学歴差別は当たり前だが、こういう露骨なことしたらイメージダウンひどいだろ」 などの声が上がっている。 「なんで千葉大や筑波大がないんだ」 といった自分の大学名がない学生からの不満も出ている。          その一方で、大学別に選抜することは当たり前で、「自分が対象じゃないことが分かるし、こっちのほうが親切だ」「学歴差別を隠している企業に比べたら好感を持てる」といった意見もある。        人材コンサルタントの常見陽平氏は、就活ノウハウサイト 「就活の栞」 の中のコラムで、「採用ターゲット校以外はセミナーの予約が取れない」 「セミナーを抽選制にしてターゲット校の学生しか当選させない」 などの学歴差別はよく行われていると指摘する。 しかし、今回の件については、「ここまで露骨に可視化されたのはなかなかない」 という。          キヤノンの担当者に聞くと、これはあくまで「説明会」であり、「選考会」ではない。 定期採用は1か月ほど前にひと通り終わっているが、震災の影響で活動に支障も出た学生も多いため、夏期採用は、東北地方の学生をはじめ、「できるだけ多くの学生に参加していただきたい」 という位置づけだ。            そのうえで、就職活動に苦しむ学生からの 「出身校のOB・OGに話を聞く機会が欲しい」 という要望を取り入れ、今回のように大学ごとの説明会を特別に開くことにした。 説明会はその大学のOB・OG社員が参加するもので、枠は応募者とOB・OGが多い大学ごとに設けたという。          広報担当者は、「応募者が多いということは結果的にOBも多くなります。 応募者が多いにもかかわらず、OBが少ないから、あるいは捕まらなかったから枠がないという大学はない、と考えてもらって大丈夫です」 と話す。 つまり、説明会を特別に設けられた大学は事実上、「採用実績上位校」 ということだ。        
「学歴なんてどうでもいいというのが社の方針。 学歴差別を打ち出すつもりもなく、今回のネットの反応は予想外でした。 自身の大学名のない学生の方々を中心に誤解を招いてしまったこともあり、もう少し表記に気をつければよかったかもしれません」        
   こうした結果、大学名のないフリーの枠が比較的早く埋まってしまう問題ついては、増枠を検討しているという。  (j-cast.com)          『学歴なんてどうでもいいというのが社の方針』って言いながら、こいう表記はこの大学の学生が欲しいと言っているようなものですよ!  キャノンの弁明はまるで官僚の答弁のようだな。          ツイートこの記事をつぶやく
          なでしこジャパン        世界中から一躍脚光を浴びる格好となった 「なでしこジャパン」 のメンバー21人。 W杯優勝で、彼女たちを取り巻く環境も今後、大きく変化しそうだ。      サッカーをやることで収入を得ているプロとはいえ、選手の大多数は他に仕事を抱えながらプレーを続けている“セミプロ”。 中心選手の沢クラスでも年俸は350万円程度で、決して裕福とはいえないのが実情だ。      今回の大偉業に、早速反応したのはサッカー日本代表のオフィシャルスポンサーを務めるキリングループ。 前日18日、メンバー21人に、1人当たり100万円の臨時ボーナスを支給することを明らかにした。      同グループがサッカーの日本代表に臨時ボーナスを支給するのは男女通じて初めて。 キリンビールの松沢幸一社長は 「ネバーギブアップの戦う姿勢と団結力に敬意を表したい」 とコメントした。      当然、サッカー協会も素知らぬ顔はできない。 本来決まっていたW杯優勝の報奨金は1人150万円だったが、小倉会長は 「さらなるご褒美を」 と口にしており、倍増の300万円が支給されるとの見方も。 これとは別に川淵名誉会長も、「会長が決めて理事会で諮ることだけど、今回はかなり思い切ったことをするんじゃない。 それぐらいの価値はあるよ」 と、倍増では済まないボーナス上乗せがあることを示唆した。      報奨金だけでなく、今後、CM出演のオファーが舞い込む可能性も大。 すでに沢、宮間、近賀ら6人が 「なでしこリーグ」 冠スポンサーの株式会社プレナスが運営する 「ほっともっと」 のテレビCMに起用されることが決定済み。 準々決勝ドイツ戦で決勝ゴールを決めて一躍有名となった丸山は、大手芸能事務所ホリプロとマネジメント契約することで話が進んでおり、他のメンバーにも同業者が食指を動かす可能性は高い。      また、これとは別に小さな “昇級” もあった。 当初、ドイツから日本への帰国便は、21人全員がエコノミー席だったが、沢、安藤ら年長者5人がアップグレード。 ビジネスクラスの席に切り替えられたという。      なでしこが生み出す経済波及効果もハンパではない。 第一生命経済研究所の永浜利広主席エコノミストは 「国民に明るい希望を与えた。 国内の消費マインドは上向くだろう。 デパートなどでのセールもこれから。 一気に消費が盛り上がるのでは」 と予測する。        テレビコマーシャルの好感度調査などを手がけるCM総合研究所は 「経済効果が1兆円を超える」 とみる。 ユニホームや小物、関連アイテムなどの売り上げ増が見込まれるからだ。      2010年のW杯南アフリカ大会は、関連収入だけで約80億ドル(約6320億円)にのぼり、波及効果も巨額で、「世界経済回復の助けになった」 と評された。 なでしこジャパン効果はそれを上回る規模になるのかもしれない。  (zakzak.co.jp)        最後まで諦めない。世界一になるんだ! という使命感を感じたね!  上杉鷹山の有名な言葉が思い出されるね。   『なせば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり』 という。 人が何かを為し遂げようという意思を持って行動すれば、何事も達成に向かうのである。 ただ待っていて、何も行動を起こさなければ良い結果には結びつかない。 結果が得られないのは、人が為し遂げる意思を持って行動しないからだ。                    ツイートこの記事をつぶやく
       ハッカー集団 「ラルズセック(LulzSec)」 が18日、英紙 「ザ・サン」 のサーバー内に侵入し、盗聴問題などで渦中のオーナー、ルパート・マードック氏の死亡記事を掲載しました。       ラルズ          「メディア王の遺体発見」 という見出しがついたその偽記事には、ルパート・マードック氏は化学物質パラジウムの過剰摂取により、庭に倒れて死亡しているところを発見されたと書かれた。      ラルズセックはのちに、この偽記事ページを同グループのツイッター(@LuzSec)アカウントページにリダイレクトさせた。      ルパート・マードック氏は、電話の盗聴や警察への贈賄疑惑により廃刊した英紙 「ニューズ・オブ・ザ・ワールド」 を傘下にもつ米メディア大手、ニューズ・コープの最高経営責任者(CEO)。 19日には英議会で証言し、盗聴への関与を否定したという。         ラルズセックは、ソニーやCIAなど様々な企業や機関にサイバー攻撃を仕掛けたグループとして知られる。6月に、「50日間のサイバー攻撃」 を終えたと発表し、解散を示唆していた。        しかし、ニューズ・コープ関連サイトへの攻撃で、ラルズセックが再始動したことは明らかだ。 同グループはツイッター上で、「我々が(サイバー攻撃を)止めたことはわかっている。 しかし我々は、この赤褐色の顔をしたマードックがふざけまわっているのを、ワインを片手に、座って眺めていることが出来なかった」 と記した。  (ibtimes.com)         ツイートこの記事をつぶやく
       演出家          演出家であり映画監督でもある人物が、インターネット上で 「あのコらみんなブスじゃん」 と発言して物議をかもしている。 インターネットユーザーらは、その言葉を女子サッカー日本代表の“なでしこジャパン”に向けられた言葉ととらえ、演出家に対して批判の声が多数書き込みされているのである。        その発言をしたのは演出家の片岡K先生。 彼はTwitterに 「言っちゃダメなんだろうなあ。 今はゼッタイ言っちゃダメなんだろうなあ、「あのコらみんなブスじゃん」とか」 と書き込みし、他のインターネットユーザーから批判の声が。        しかし片岡K先生は 「何言ってんだよ、キミタチ。 昨日行った六本木の店の話のだってば。ヤダなー」 や 「てゆーかキミタチ、そのコらのことをそんなふうに思ってたのか? ヒドイねまったく」 とコメントし、なでしこジャパンをブスと言ったわけではないと弁明。 むしろ批判していた人たちに対して 「そのコらのことをそんなふうに思ってたのか?」 と言い返している。        話をまとめると 「あのコらみんなブスじゃん」 という発言は六本木のキャバクラ等の女性に対してのものに思える。 しかし、「今はゼッタイ言っちゃダメなんだろうなあ」ともコメントしていることから、たとえなでしこジャパンに対しての言葉じゃなくても、発言がタイムリーすぎて「なでしこジャパンをブスと言っている」と思われても仕方がない。 あとから 「昨日行った六本木の店の話のだってば」 と言われても、後付けで言い訳しているように思えてしまう。            ・片岡K先生の発言に対するインターネットユーザーの声    「これはひどい」    「顔について書いちゃうのは良くないと思う。それもいい歳したおっさんだろ? 恥ずかしいヤツだ」    「物事を色んな方面から見る考え方は、別に間違いじゃないと思うが、ブスは余計だろ」    「みんながワイワイ騒いでいるのを斜に構えてみてる。思春期の中学生みたいなメンタリティだな」    「こういうことを平気で言えるやつには何言っても無駄だから」    「これになでしこの事だろとか言った奴はなでしこがブスだって認めてるようなもん」    「恥ずかしい人だなあ」    「いい年こいて天邪鬼きどりかよ。情けねえオヤジだな」    「ああサターン買っちゃうタイプの人だろ」    「こんな方法で世間の話題になるのは恥ずかしいな。マジで」    「またつまらないことを言ったものだな」    「久々にカチンときたわこれ」    「これは思っていても言っちゃいけない」    「まあ、俺も思ってはいたけどハゲにハゲと言うようなもの」    「結果出せば顔はどうでもいい。可愛いに越した事ないが」    「自称監督(笑)はそのブス以上の結果を残したことあるの?」    「才能の優劣を容姿で決めるってんなら、本人も監督出来なくなっちゃうぜ?」        その後、片岡K先生は「天災が起これば「自粛だ、不謹慎だ」。 日本が勝てば「サッカーだ、なでしこだ」。 そうやってみんなでみんな、右向け右したり左向け左する世の中を、やっぱりボクは気持ち悪いと思う」 と発言。        さらに「なでしこ! なでしこ! 言って歓喜してる人たちマジすごいと思うわー。 だってアレでしょ?  前々からずっと女子サッカーに注目してて、当然このW杯も初戦から熱い視線を送ってて、少なくとも年に2、3回はなでしこリーグ観戦してたような人たちでしょ? さすがだわー」 とも発言している。        しかし片岡K先生は過去に 「ボクはクリエイターのはしくれだが、自分の作った面白いモノはどんな形でもいいから一人でも多くの人に味わって欲しい。 常々そう考えている。 その考えが必ずしも正しいとは思えないが、そう考えるクリエイターは多いはず。 面白いんだからみんなで楽しめばいいじゃん。 単純に言えばそういうことだ」 ともTwitterに書き込みしており、今回の発言に矛盾するのではないかとの声もあがっている。        それぞれが個々の考えを持っているのは当然のことだ。 対象の女性をブスだと感じたのなら、その人にとってブスなのかもしれない。 美人だと感じれば、その人にとって美人なのだろう。 しかし、それなりの影響力を持つ人物が発言することにより、大きな物議をかもすことがある。 今回の騒動は、まさにそれなのだろう。  (ocketnews24.com)            この片岡K (啓) って思いあがっていないかい!?         ツイートこの記事をつぶやく