花火        今年はあちらこちらで時期を少しずつずらして花火大会が行われるようですね。      ネタ元でスミソニアンのカメラマンが花火を撮るコツを教えてくれてますので、一部紹介します!          コツ1: 風上に立とう!      まずは基本中の基本。花火がきれいに見える位置を確保しなくてはいけません。 風上なら煙で視界が遮られることもありません。 花火は少し風がある日の方がきれいに見えますものね。        コツ2: 花火が始まる前にセッティングを全て終わらせておくこと!      始まってからシャッタースピードやFstop、ISOをあわせるようではダメです。 もちろん花火が始まってから微調整はしますけど、ある程度の基本設定は終わらせておきましょう。 小さな懐中電灯を持って行くと、三脚だしたり、設定ボタン見たりする時に重宝しますよ。          コツ3: ISOをあまり上げすぎない!      ISOを上げると光感度があがり暗いとこでも撮影できますが、デジカメだとノイズが多くでてしまいます。せっかくの花火写真がだいなし。 ISOはできるかぎり低めで。 シャッタースピードにもよりますが、50-200がよいでしょう。          コツ4: マニュアルフォーカス設定がオススメ!      花火開始前に花火があがるであろうエリアらへんにフォーカス、さらに無限遠に設定しておけば大丈夫でしょう。        コツ5: シャッタースピードはゆっくりめ!        夜ですから、シャッタースピードはゆっくり=露光時間長めで写真を撮る事になります。 花火撮影時、露光時間が3秒から5秒くらいになるのはよくあること。 ということは、注意したいのは手ぶれですね。三脚やリモコンを使えればベストですが、そうでない場合はどこかによりかかってブレをなくしてホールドするといいですよ。 よりかかれるところがなければ、足を肩幅にして、しっかりと両手で支えて。呼吸もその間ちょっと我慢。      あとは、デジタルカメラならとれるだけ撮ることですって。 たくさんとればいいのが撮れている確立もあがりますものね。 フィルムの場合は使うフィルムの本数と予算と相談ですね。 デイライトフィルムがいいか、タングステンフィルムがいいか、ここはどうやら好みのようです。 デイライトフィルムの方が暖かみのあり現実に近い色がだせるという意見がある一方で、花火の光にはタングステンフィルムが合うという意見もあるようです。 (gizmodo.jp)          参考になりましたでしょうか!?   ツイートこの記事をつぶやく
       ブログのページビューを増やすにはどうすればいいのだろうか。 よく、はてなブックマークなどで上位にランキングされた記事を見ると、「SEO」 だったり、「タイトルが重要!」 だったり、「関連記事のリンクを本文末に入れろ!」 などなど、内容としてはほとんど同じものが多いような気がする。          ということで今回は、劇的にページビューを伸ばす唯一の方法を紹介したい。 これがうまくできればイッキに数万PVも夢ではないかも。            その方法とは至って簡単、自分のブログで書いた記事をニュースサイト※にリンク付で寄稿させるのだ。 これは、トラフィックバーターと業界では呼ばれ、記事をタダであげる代わりに、リンクを貼ってね!というものなのだ。 寄稿先(ニュースサイト)のページビューが多いほど、自分の所有するブログへのアクセスは期待され、イッキに認知度を上げることも夢ではない。          ただし注意が必要で、いかに寄稿先のニュースサイトの文体に合わせたり、その空気に馴染む書き方にするかなどがポイントだ。          また、それ以外の重要なポイントを4つ列挙する。          ・ブログのプロフィール欄はできるだけ情報量を多くし自分が何者なのかを書く。 →信頼性を高める      ・文体などは、寄稿したい先のニュースサイトの文体に合わせる。 →ニュースサイトの編集部が手間なく公開できるように。      ・記事を書く上で参考にしたサイトのリンクは必ず入れる。 →記事の信頼性を高める      ・寄稿をニュースサイトにお願いする時は、メールかお問い合わせフォームを使う。 (※可能であれば自分の履歴書などを添付するとさらに良し)          以上が寄稿を成功させるための4つのポイントである。 この4つは全て重要で、どれか一つでも抜けがあれば、可能性はゼロに近づく。したがって、1つ1つ焦らないで、チェックしてみよう。 あとは、その記事が、そのニュースサイトの色にあっているかがカギである。        ということで、まずは自分が所有しているブログのプロフィール欄を充実させることから始めようではないか。  (rocketnews24.com)          なるほど・・・・  この方法で努力しょうか!!       ツイートこの記事をつぶやく