梶川発言          「東日本大震災は、アメリカの地震兵器HAARPが起こした」 や、「福島原発が爆発したのは空母ロナルド・レーガンから発射された小型核によるもの」 などのトンデモ発言で知られる民主党前議員の梶川ゆきこ氏が、Twitterで松本龍復興相を擁護し、ネット上で波紋を呼んでいる。          梶川氏の発言をまとめると、応接間で大臣を待たせた宮城県知事が悪く、大臣はハメられただけであり、わざと怒らせてマスコミがハイエナのように喰らいつきネタにしただけとのことなのだが……。 そのつぶやきの全容は以下の通り。           「松本大臣の件。 宮城県の対応が酷すぎ。 ふつう、マスコミのカメラの前で大臣が待ちぼうけくらうとこ撮らせないでしょ! 別室に案内して、お待ち頂いて、知事が会合する場に到着したら、大臣を迎え入れるのが常識。 まぁ、知事がああだと、職員も気がきかなくなる。 大臣を怒らせた県の接遇がマズすぎだ。      復興利権がほしくて、ヨダレを垂らし、腹を空かせて待ってる狼どもは、足を引っ張ることは、何でもやるでしょ。 松本大臣は、はめられただけ。 宮城県は、大臣を怒らせて何の得があるんでしょう。 既得権を守りたい獣らの術に惑わされんぞ、ガツン!と一発かますのは当然でしょ。 それが敵の狙いだった。      大臣をわざと怒らせて、それをハイエナのようにパパラッチが喰らいつく。 復興利権がかかっているから、大騒ぎになるよう仕込んだんでしょ。 だいたい、約束の時間に遅れるほど、本当に精力的に知事が働いてるなら、大臣も理解を示すでしょう! 県民のために必死で、汗をかいている知事だったのか?        ご立派な知事さんが現場を走り回られているのか、利権獲得でお忙しいのか? 利権が第一では復興しないでしょう…。」 (Twitterより引用)          もし梶川氏の言う通り、知事の『陰謀』により大臣がハメられたのであればそれはそれは恐ろしい事であるが、数分応接間で待たされた程度で激怒し、「これ書いたらその社は終わりだから」 などの恫喝とも取れる発言をする危機管理能力の無い大臣が復興を担当している方が、より恐ろしい。        そもそも、今回松本大臣が非難されているのは、「九州の人間だから東北は良く知らない」 などの被災者をバカにしているとも取れる発言や、知事やマスコミへの対応がまずかった部分。         利権問題などがあるのであれば、明確な証拠を出して厳重に注意・処分するべきである。 それはTwitterで知事を非難している梶川氏にも同様の責任があるはずだ。 証拠もなく、現場にも行かず憶測だけで知事に対する中傷まがいの発言をする人間は公人失格と思われても仕方がないだろう。        知事の対応もマズかったという人もいるが、ほとんどのTwitterユーザーが 「元議員と思えない表現に幻滅する」、「敵って被災地の人間が敵なんですか?」、「失言を擁護するために他の人を中傷するとは最低。」 など梶川氏の発言に対し、怒りを覚えているようだ。 (ocketnews24.com)          この梶川ゆきこ民主党前議員って常識を逸脱してる感じがするな~  こんな考えしかもたない人間が議員じゃなくて良かったよ!        しかし民主党ってホントにろくな人材がいないんだな~   選挙の為の人集めだからろくでもない人物が議員になるからおかしくなるんだ!          ツイートこの記事をつぶやく
       カゴメは8月16日、トマト調味料「うま辛ドライトマト」を発売する。 販売エリアは関東1都9県(東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、茨城、山梨、長野、新潟)。                       ドライトマト        同商品には、トマトの旨みが凝縮されたドライトマトを使用。       1商品にトマト4個分のドライトマトを使い、ニンニクや醤油、バジル、唐辛子で味付けした調味油に漬け込んだ。      「パンやパスタ、ごはんにかけるだけでもおいしく、また、ドライトマトはザク切りなので、そのままおつまみとしても楽しんでいただけます」 (同社)。 (mycom.co.jp)        容量110gで価格は504円。         ツイートこの記事をつぶやく
       マセラティ・ジャパンは、マセラティ史上最速をうたう新型クーペ 『グラントゥーリズモ MC ストラダーレ』 の日本導入を発表しました。 価格は2112万5000円で、デリバリーは9月の予定です。         マセ          グラントゥーリズモ MC ストラダーレは、マセラティがモータースポーツで培ってきた最先端技術を結集した、レーシングカーの遺伝子を持つロードカー。 車名のMCは、同社モータースポーツ部門の 「マセラティ コルセ」 に由来する。      「グラントゥーリズモS」 をベースに、パワーアップした4.7リットルV8エンジンを搭載。 大幅な車体の軽量化に加え、カーボンセラミック製ブレーキシステム、高性能サスペンションを装備する。 さらにオート・スポーツモードに「レースモード」を加え、俊敏かつダイナミックな走りを手に入れた。      最高出力はグラントゥーリズモSを10ps上回る450psを発揮、最大トルクは20Nm上回る510Nmと、強大なパワーを生み出す。 また、最高速度は同社のロードカーとして初の300km/h超を誇る。0-100km/h加速は4.6秒だ。      軽量化の追求もMCストラダーレの特徴で、1850kgという車重は同社ラインナップ中で最軽量。 ブレンボ製カーボンセラミックブレーキ、軽量20インチアロイホイールを採用したほか、インテリアにも手が加えられた。大幅に簡素化しながらも、レザー&アルカンターラや新デザインのメーターパネル、ダッシュボードなどを採用し、レーシーかつラグジュアリーな空間を実現している。  (resupans.jp)                    ツイートこの記事をつぶやく
      眞壁かおりカー        タレントの眞鍋かをりさんのTwitterでの発言が、あまりにも刺激的で過激すぎると話題になっている。 眞鍋さんは、自身のブログで7月4日、「遅ればせながらのTwitter」 というエントリーにてTwitterを始めたことを報告。        最初こそ 「Twitterはじめたばかりでどうしていいかわからない(笑)」 と慣れない素振りを見せていたが、20ツイートを超えたあたり(Twitter開始から約7時間後)から 「昼間っからロケバスの中でエロい妄想が止まらない。」 など、徐々に発言が過激化。          そして午後3時過ぎ。 画像付きで 「超暑いねー!所沢のアメ車屋さんでロケ中。 これから人生初のカー◯ックスを体験してきます!!」 と発言したのである。          「」の中に入る文字は、はたして一体何なのか。 インターネットユーザーはドキドキしながらも、眞鍋さんの大胆発言に注目。 そして午後5時半ごろ、カー◯ックス体験中のすがたを写真付きで公開したのである。 その時のツイートは以下の通りだ。          「もうわかってたよね(^^) カーワックスしたよ ☆」(引用)             カーワックス          これにはインターネットユーザーも、「なわけないよなー」 「だよなー」 と一安心。           Twitterユーザーのなかには、眞鍋さんに 「かをりちゃん!!私もカー◯ックスを体験したい!!!」 と発言する者もいたが、眞鍋さんは 「あなたの場合は本当に『セ』が入っちゃうパターンでそ!!」 とオトナの対応。          Twitter開始からわずか20時間以内、発言数は約30ツイートで5000人以上のフォロワーを集めるとは、さすが才女タレントと言われる眞鍋かをりさんである。 (rocketnews24.com)            いや~~ 確かに 『カー〇ックス』 っていったら男ならあれしかないだろう!?          ミノどう思う??          110422_102319   「それは・・・ カーと云ったらあれしかないでしょう!!」            「男ならそう連想するのが、♂の連想だな!!」             ツイートこの記事をつぶやく
       今、J-WEVEからの情報だと暴言の松本復興相が菅首相に辞任を申し出をして受理されたそうです。          もともと、やりたくなかったんだから更迭される前に自ら身を引くことを決意したんだな。          これだけの暴言をはき騒動を起こしたんだから武士の時代だったら切腹が当然だな!!         ツイートこの記事をつぶやく
       岩手・宮城両県を訪れた松本龍復興相が知事に 『暴言』 を吐いたことが、本人の謝罪にまで発展しました。 発言の背景には、現状へのある不満があるというのだ。          発覚のきっかけは、地元の東北放送が松本龍復興相の発言を 「波紋を呼びそうです」 と紹介したことだった。          松本氏は、2011年7月3日に就任後初めて岩手・宮城両県を訪れた。          東北放送のニュース番組によると、宮城県庁を訪れた松本氏は、村井嘉浩知事が自分を応接室で待たせたことに腹を立てた。 数分後に村井知事が笑顔で現れて握手を求めると、松本氏は、「終わってから」 と言って拒否。 村井知事が水産特区を要望すると、県がコンセンサスを得ないと国は何もしないと突っぱね、応接室で待たせたことをこう非難したのだ。      
「お客さんが来るときは、自分が入ってからお客さんを呼べ。いいか、長幼の序が分かっている自衛隊なら、そんなことやるぞ!」      
   村井知事が自衛隊出身なのを指して言ったらしい。 松本氏が身を乗り出して同意を迫ると、村井知事は、年下であることを意識したのか、『はい』 と答えた。 しかし、顔は引きつり、苦笑いを浮かべていた。          さらに、松本氏は、最後の言葉をオフレコとして、報道陣を見渡しながら、『書いたら、もうその社は終わりだから』 と威嚇した。 東北放送は、この場面さえ流しており、脅しには安易に屈しなかったわけだ。          その後、次々に他のマスコミが報道し始め、松本氏は、岩手県庁訪問でもきわどい発言をしていたことが分かった。          達増拓也知事が仮設住宅を要望したのに対し、「本当は仮設はあなた方の仕事だ」 と指摘。 さらに、「知恵を出したところは助けるが、知恵を出さないヤツは助けない」 「九州の人間だから、東北の何市がどこの県とか分からない」 と放言を繰り返した。            こうした発言の数々が報道されると、ネット上などで松本龍復興相への批判が相次いだ。 松本氏は、正論を言っているのではとの擁護もあるものの、被災者のことを考えないひどい発言だとの声が多い。 岩手・宮城両県にも、同様な意見が殺到しているようだ。          宮城県の村井知事も2011年7月4日、自治体が国に相談しやすいようにしてほしいと不快感を訴え、岩手県の達増知事も被災者の心情に配慮するよう求めた。 松本氏の発言は、野党から非難を受けており、民主党内からも大臣辞任論が出ているようだ。          一方、松本氏は、この日になって釈明した。 発言については、「問題なかった」 としながらも、「結果として被災者の気持ちを傷つけたのは申し訳なく思う」 と謝罪した。            松本氏の発言について、事情を知る政治部関係者は、その背景をこうみる。      
「松本氏は、復興を急ぐために菅直人首相の一日も早い退陣を求めていました。 その後、復興相就任を3度も断っていますが、ほかにだれもいないとして、菅首相に押しつけられた形になっています。 ですから、そのことでうんざりしていたのでしょう。 その前に防災相に就任して以来、こもりきりになっており、復興対策に不満を持っています。それで、自分が思う通りにやりたいと開き直って、あの発言になったのだと思います」      
   松本氏は、政局に明け暮れて復興対策が後手に回っている状況を批判し、「民主党も自民党も公明党も嫌いだ」 と発言して物議を醸したこともある。            6月28日の就任会見で、普段はしていないという 「サングラス」 をかけたのも、こうした不満からではないかという。 とはいえ、だからと言って、被災者の感情を逆なでしていいわけがない。        民主党は、こうした人しか大臣のなり手がいないほど人材不足なのか。 (j-cast.com)            擁護する人がいるというのだから、驚くし早く官首相の退陣を求めての発言・言動としたらまったく幼稚としか言いようがないバカだね!!           こんな人物が大臣なんから私にも大臣が務まるかも・・・!?           「(゚∀゚)ラヴリィ!! こういうマヌケどう思う??」                                 110406_104556          「殺してやりてっす!!  でも、殺す価値もないから・・・         頼むから死んでくれ!!            こんな人間が政治家をやっているかぎり日本は良くならないだろうな~!!         ツイートこの記事をつぶやく