俳優の高岡蒼甫さんがツイッターで 『8は今マジで見ない。 韓国のTV局かと思う事もしばしば』 などと韓流コンテンツを推すテレビ局を批判する発言をしたことをきっかけに、ネット上の一部ではフジテレビ 『不視聴』 の呼びかけが広まっていた。 これに対し、脳科学者の茂木健一郎さんが2011年7月30日、ツイッターでこうした動きを批判した。                 茂木健一郎さんのツイッターから        茂木健一郎さんのツイッターから          ツイッターで茂木さんは 『地上波テレビ批判と、これ(編注:テレビの不視聴)は別。 幼稚すぎる。 韓流のどこが悪い。 グローバリズムの時代だぜ。 幼稚な自国文化主義は、アホなだけでなく、日本をますます弱体化させるだけです』 と持論を展開。 次の投稿では 『みんな、レベルの低いたわごとはいいから、猛勉強しようよ。 日本は、このままだと、三流国になるよ。 いつわりの愛国主義、くだらない自己主張、誰もついてこない事大主義、ぜんぶ捨てないと、もう愛する日本はダメだ』 などと主張した。 別の投稿で 『みんなフジテレビみろ!』 と述べてツイートをいったん切り上げた。          これらの書き込みに対して、ネット上では 「まあ一理ある。 文句言うのはいいが自分達を高めないとあかん」 という擁護意見もあるが、ほかの書き込みには 「韓流が悪いのではなく、韓流専門チャンネルか?というくらい韓流を流すことに(高岡は)批判しているんですよ。 論点がずれていると思います」 「(韓流コンテンツばかりの)ごり押しが嫌なだけであって自国文化主義とは関係ない」 「ヒストリーチャンネルぐらい見ごたえがあればいいんだが」 といった反論も出た。          これらを受けて、7月30日夕方、茂木さんは再びツイッターを更新。 「高岡蒼甫さんの発言については、私は一切言及していません」 としたうえで、「ぼくがよく理解できないのは、『韓流』 を 『フジテレビ』 が 『ごり押し』 しているという感情が、一部の人たちの間に非常に強いらしいということ」 だと指摘した。      
「ぼくは、民放というものは、基本的に経済原則で動いていると思っているので、いわゆる 『韓流ブーム』 の中での編成をしているだけのことではないでしょうか?」      
   今の民放テレビ局は、ケーブルテレビやインターネットを含めた競争の中にあるから、「(たとえ)あるコンテンツを 『押しつけている』 というのが事実だとしても、それを好まない人は見なければいいだけの話」 だといい、選択肢のひとつとして選ぶ自由があるはずだと書いている。 また、「みんなフジテレビみろ!」 という書き込みについては、「『不視聴運動』に対しての 『対義語』 のようなもの。 テレビを見る、みないは、それぞれの人の自由なのは当たり前」 だと説明している。          なお、今回の 「高岡発言」 騒動は2011年7月23日、高岡さんが自身のツイッターに 「8は今マジで見ない。 韓国のTV局かと思う事もしばしば。 うちら日本人は日本の伝統番組求めてますけど」 と書き込んだことからはじまった。 7月28日には所属事務所を退社したことを明かし、同じ日には 「正直役者をやる事はもう諦めてるかな」 とツイッターで打ち明けている。 翌29日には、突如ブログを立ち上げ、これまでの俳優人生や今回の騒動の経緯を説明。 ブログは自殺未遂や心の病気を告白するなど壮絶な内容だった。 (j-cast.com)        茂木健一郎氏が言いたいのは、グローバル時代に対応するにはいろいろな文化を吸収して知識と知恵を持たないと世界から乗り遅れて戦えないよ。ということを言いたいだけなのでは・・・。              ツイートこの記事をつぶやく
     ここ数年値下がり傾向にあるコメの価格が上昇している。 2010年産米で、卸業者間の取引価格は東日本大震災後から3~5割も上昇している。          まもなく新米の季節を迎えるが、2011年産米は震災や東京電力福島第一原子力発電所の事故の影響で、米どころの福島産や宮城産のコメは作付けが制限されている。 また、野菜や牛肉、稲わらにみられる 「放射能汚染」 の影響を心配する向きもあり、卸業者間で2010年産を確保する動きが高まっています。                        11年産米について、農水省は「量的な心配はない」というが…(写真はイメージ)      2011年産米について、農水省は 「量的な心配はない」 というが…(写真はイメージ)          民間調査会社の米穀データバンクによると、取引価格が上昇しているのは2010年産米で、「自由米」 と呼ばれる卸業者による10トン単位取引での実勢価格。 玄米60キログラムあたりの関東地区の価格は、「新潟産コシヒカリ」 が震災前の2011年3月9日に1万9100円だったものが、7月20日には2万6800円に値上がり。40.3%も上昇しました。          同じ期間で、「宮城産ひとめぼれ」 は1万1600円が1万6700円に、45.7%上昇。     「秋田産あきたこまち」 も1万2400円が1万8600円に50%アップと、それぞれ値上がりした。          値上がりの原因について、米穀データバンクは 「11年産米の、放射能汚染の影響が不透明なことがあります。 昨年中に収穫された10年産米は、放射能汚染されていないので貴重品になりつつある。 とくに新潟産コシヒカリなどの銘柄米については買い手が殺到して値が上がっています」 と説明する。 2010年産米を抱える卸業者が、値上がりを期待して売り渋っていることもある。          一方、農林水産省がまとめた10年産米の6月時点の出荷業者と卸業者との相対取引価格(速報値)によると、全銘柄の平均価格は1万2857円(玄米60キログラムあたり)と、前年に比べて0.9%値下がりしている。      
「たしかに最近、卸業者間の取引価格が上がっていることは承知しています。 ただ、それらは銘柄米を中心とした自由米で、業者がスポット的に購入している分です」 (総合食料局)      
   農水省は、「消費者に価格上昇の影響が波及することは、今のところない」 という。 米穀データセンターも、「22年産米の大半は流通済み。もうほとんど残っていません。 まもなく新米も出てきますので、影響はほとんどないといえます」 と説明する。          米どころの作付け制限で、2011年産米の絶対量が不足することはないのだろうか。 農水省は 「(福島県と宮城県に対して)作付け制限はしていますが、その分を他県などに振り向けていて、概ねカバーしています。 量的な心配はありません」 と話し、供給不足による価格上昇については否定的だ。          ただ、今後の不透明感は拭えない。 米穀データバンクは、「野菜や牛肉、稲わらのように、いま放射能汚染の流通への影響が懸念されています。 たしかに新米は量的には足りているかもしれませんが、本当に(放射能の)影響がないかどうか。 こればかりは実際に11年産米が収穫され、流通してみないことにはわかりません」 という。 (j-cast.com)         ツイートこの記事をつぶやく
       友人Tちゃんから頂いた 『モールス』 の試写会のチケットで試写会に行って来ました。         会場は、「なかのZERO」。                          DSC_0550         会場に着くと“あ゛ぁ・・並んでる”と沢山の方々が来場していました。          この作品は、ヨン・アイヴィデ リンドクヴィストの原作をハリウッドで映画化したものです。 スウェーデンでは沢山映画化されているそうです。              DSC_0554        ストーリーは、雪に閉ざされた町にオーウェンは母親と2人きりで暮らし、学校ではイジメられている孤独な少年。 ある日、隣にアビーという少女が越してくる。 彼女は雪の上を裸足で歩き、誕生日も知らない、謎めいた少女。 何度も会ううちに2人は徐々に惹かれあいお互いしかわからないモールス信号で日々絆を強くしていくのですが、オーウェンは少女アビーの恐ろしい秘密を知ることになる。 それと同時に連続猟奇殺人が起こり始じまり、事件を捜査する刑事は真相を追い続けるうちに2人の住む団地へとたどり着き、真相が明らかになっていくんです・・・・。        少女役アビーを演じたクロエ・グレース・モレッツの演技が良いんでうよね!!         スリラーなんだけど、純真な心が伝わって来る作品なんです。         この 『モールス』 お勧めの作品です。                  ツイートこの記事をつぶやく
       出版不況の流れが止まらない。 2011年上半期の出版物販売実績をみると、対前年同期比の減少率は、2010年通期の減少率より大きくなっている。中でも雑誌は6.7%減と 「過去最大の落ち込み幅」 だった。 書店の減少も続く。          出版科学研究所によると、2011年1~6月期の出版物販売実績は、前年同期比(以下同)で3.8%のマイナスだった。 2010年の1年間をみると6年連続の減少で、09年より3.1%マイナスだった。 11年上半期は、10年通期より減少率が『加速』している。                   情報誌「ぴあ」休刊の際には、惜しむ声がネットで多数流れた。        情報誌『ぴあ』休刊の際には、惜しむ声がネットで多数流れた。        11年上半期の内訳は、書籍が0.4%減、雑誌は 「過去最大の落ち込み幅」 の6.7%減だった。 雑誌は2010年まで13年連続で減少を続けており、11年も歯止めはかかりそうにない。 日販速報(日本出版販売)によると、2011年1~6月に休刊した週刊・月刊誌は102点にのぼる。 創刊誌は72点だった。          その後も雑誌休刊のニュースは続いている。 11年7月21日には、情報誌 「ぴあ」 (首都圏版)の最終号が発売され、約40年の歴史に幕を閉じた。 1972年創刊の「老舗」情報誌だった。 また、7月25日には小学館が20歳前後の女性向けファッション誌 「PS」 を12月号で休刊すると発表した。 同誌は1977年創刊の雑誌を2002年に改称したもので、やはり「老舗」誌だ。             専門書関連でも厳しい風が吹いている。 丸善CHIホールディングスは7月27日、子会社で大学向け専門書販売などを行う丸善が、正社員の3割にあたる約180人の希望退職者を募集すると発表した。 同ホールディングス傘下にはほかに、丸善書店やジュンク堂書店などがある。          11年上半期の出版物販売実績3.8%減と3月に起きた大震災の関係について、「出版業界唯一」 の専門紙 「新文化」 の編集部にきいた。          全国の販売実績という観点からは、大きな震災被害が出た東北地方東部の占める割合は小さいため、大震災と直接関連付けることは難しく、むしろ数年来の全体の減少傾向が続いていると見た方が自然だという。          勿論、大震災の影響がないわけではない。 被災地では、営業ができなくなる店が続出した一方で、営業を再開した書店に多くの人が訪れ、売り上げを大きく伸ばしているところがある。 震災ニュース関連の書籍といった情報ものが広く求められているほか、「気晴らしとしての読書」 にも関心が高まっており、「活字の良さ、強さが改めて確認された」 という。        一方で、東京の書店などでは売り上げが減少傾向という。 節電による営業時間短縮や弱冷房の影響も考えられる。          明るい側面としては、本を原作にしたドラマや映画、アニメが増える傾向にあり、互いに相乗効果で人気を博す例もある。 こうした流れが加速する兆しがあるそうだ。 それでも、下半期については、売り上げの減少傾向という大きな流れは変わらないだろう、とみる。          日本書店商業組合連合会にもきいた。1986年のピーク時には約1万3000あった加盟店が、以降右肩下がりで2011年4月には約4950店にまで減り、初めて5000店を割り込んだ。 大型店による販売面積は増える傾向にあるが、いわゆる 「町の本屋さん」 の廃業が相次いでいる形だ。        大震災の影響で今も営業を再開できない被災地の書店は、7月現在でも 「八十数店」 ある。          同連合会の大川哲夫専務は、書店数の減少傾向に歯止めをかける特効薬はないとしながらも、「(書店が)挑戦する姿勢が大切だ」 と指摘した。          例えば、出版社による電子書籍への取り組みに対して、書店の店頭で電子書籍端末を販売することで、書店側にロイヤリティのような形でお金が流れる仕組みをつくることができないか、などの検討を進めているという。  (j-cast.com)         ツイートこの記事をつぶやく
       電子機器の表示画面の基幹部分で、有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)パネルのシフトが加速しそうです。 韓国のサムスン電子の2011年4~6月期決算は自社製品の有機ELを搭載したスマートフォンが好調な携帯電話事業がけん引。 値下げが続く液晶パネルに代え、画質の高い有機ELで製品の付加価値を高める戦略で先行した。 日本の家電大手は対応が急務となる。      表示部分で主流の液晶パネルは先進国の薄型テレビ市場の成熟などで提供過剰となり、世界各国の利益率が悪化している。 韓国のLG電子も2012年後半に55型と大型の有機ELテレビを投入する方針を決めています。      29日発表したサムスンの4~6月期の純利益は、前年同期比18%減の3兆5100億ウォン(約2600億円)。 売上高は同4%増の39兆4400億ウォンだった。 利益額は前年実績に及ばないが、売上高営業利益率は9.5%と電機業界では高い水準を保ちました。      決算は有機ELパネルが利益を支える構図が鮮明です。 携帯電話が大半を占める通信部門の営業利益は1兆6700億ウォンと前年同期の2.7倍。 自社の有機ELパネルを搭載したスマートフォンの比率が高まり、平均単価が上がったため。      4.3型パネルを載せた主力製品 『ギャラクシーSⅡ』 は4月の販売以降、世界で500万台を販売。 アメリカ・アップルの 『iphone』 に対抗しうる勢力に育ってきた。        有機ELパネルなどを手掛ける子会社、サムスンモバイルディスプレイは1000億ウォン台の営業利益を計上した。 サムスン電子の液晶パネル部門は2四半期連続の営業赤字だったが、同部門の計上される有機ELの利益が業績の落ち込みを和らげた。      早けれが2013年にも有機ELテレビを販売し、タブレット型端末など他の機器への応用も急ぐ。 LG電子もグループのLGディスプレイのパネルを使い、55型の有機ELテレビを投入します。        日本の電機大手も4~6月期は液晶テレビを・パネル部門の業績が悪化したが、有機ELへのシフトは遅れている。 ソニーは2007年に世界初となる11型の有機ELテレビを発売したが、既に国内販売を終了している。 25型の業務用ディスプレイを販売しているが、テレビは事業化が道筋が見えない。 東芝、パナソニック、シャープなど他の大手も基礎技術の研究にとどまる。         スマートフォン用など中小型では東芝、日立製作所、ソニーの液晶パネル子会社が年内に統合新会社を設立する方針で調整中で、有機ELに転用できる最新鋭の生産ラインを建設する方針だ。      サムスン電子など韓国勢は半導体メモリーや液晶パネルに日本の後を追って参入し、圧倒的な増産投資で世界シェアを逆転した。 有機ELパネルは電子産業では初めて、韓国勢が自ら世界市場を切り開いていく事例となる。  (日経新聞)                      ツイートこの記事をつぶやく
         円77      29日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが対円で77円を割り込み3月の円売り協調介入以来の安値に下落し、対スイスフランでは最安値を更新した。        米債務上限引き上げ協議が難航するなか、この日発表された米経済指標が思わしくなかったことで、米国が再びリセッション(景気後退)に陥るとの懸念が出ている。         債務上限引き上げ問題では、今夕、議会下院で野党・共和党のベイナー下院議長が提出した案が採決にかけられる予定。        シティFXのG10ストラテジスト、グレッグ・アンダーソン氏は「米財務省の支払いが不可能になった場合、ボラティリティーが高まり流動性が減少するなど、為替市場は混乱をきたす」と述べた。        ただ、米議会が債務上限引き上げで合意されたとしても、赤字削減策の規模が米国の格下げを回避するには十分でないとのシナリオは、市場はすでに織り込んでいると指摘。 「米国が格下げられた場合、リスクへのエクスポージャーを限定し、ドルショートポジションの利益を確定する動きが予想されることから、ドル相場は上昇する」と予想した。        電子取引システムEBSで、ドルは対スイスフランで0.78530スイスフランと、過去最安値を更新。その後は1.5%安の0.78860スイスフランで推移した。月初からの下落率は6.1%に達し、1カ月の下落率としては2010年12月以来最大となった。        ユーロも対スイスフランで1.12970スイスフランをつけ、最安値を更新。 その後1.2%安の1.1346スイスフランで推移した。      ユーロ/ドルは0.4%高の1.4382ドル。      ドル/円は1%安の76.94円に下落し、主要国が円売り協調介入に踏み切った3月中旬以来の安値を更新。 過去最安値の76.250円に迫った。        GFTフォレクスの為替調査部門を率いるキャシー・リエン氏は「経済成長、財政状態、金融情勢の観点から、ドルの魅力は日に日に薄れつつある」と指摘。 「回復は勢いを失い、米国は借金で首が回らなくなっている。 連邦準備理事会(FRB)は追加刺激策を検討する事態となっている」 と述べた。  (reuters.com)        いよいよ、アメリカが破綻カッ!?         ツイートこの記事をつぶやく
       ベンツ小型        メルセデス・ベンツが新たな小型セダンの投入を計画していることがわかった。 イギリスの自動車メディ ア『AUTOCAR』 (http://www.autocar.co.uk/)が、アメリカでテスト中の姿をとらえたスクープ記事を掲載している。        メルセデスが現在開発中の新型車は、BクラスをベースにつくられるFF(前輪駆動)の小型4ドアセダン。 またAMGモデルの設定も予定されており、それはかつての190E 2.5 16Vのようなホットなキャラクターを持つクルマになると予想されている。        同モデルは、コードネームC117としてプロジェクトが進められており、車名はCLCと名付けられる模様。 このMFAプラットフォームと呼ばれる車台からは、次期Aクラス、Bクラス、CLCのほか、小型オフローダーの“GLC”が作られる計画もあると記事は伝えている。        エンジンは1.6リッターから1.8リッタークラスのターボチャージャーユニットが搭載され、AMGバージョンには300ps近いパワーを誇る2リッターターボが積まれるという。        CLCのデビューは2013年後半になるとみられている。 (asahi.com)         ツイートこの記事をつぶやく
       韓流コンテンツを強く推すテレビ局を批判し、所属事務所を退社することになった俳優の高岡蒼甫さんが2011年7月29日、個人ブログを開設し、自身のこれまでの俳優人生や、騒動の経緯を説明した。          高岡さんは2011年7月28日、ツイッターに 『スターダストプロモーションから自分は離れる事になりました。 一つの呟きからの大きな波紋により、事務所の関係各位にはご迷惑をお掛けしました。 当然の結果だと思っております』 と投稿。 経緯を聞かれ、『自分からは切り出してはいません。けれど覚悟があり発信したことです』 とし、事実上の解雇だったことを示唆した。                    高岡さんのブログ          高岡さんのブログ        高岡さんの以前の公式ブログは29日までに消滅したが、29日夕方、ツイッターに 「ブログ更新しました」 と報告。 新たに、個人で開設したと見られるブログを紹介した。          タイトルは 「高岡蒼甫 本人ブログ」。 29日の記事は 「事実に基づく真相」 というもので、今回の騒動の経緯を書いている。          05年に公開された映画 「パッチギ」 のキャンペーンで韓国に行った際、韓国メディアの取材で自分の言ったこととは違う文章が掲載され、日本のマスコミやネットから 「反日思想」 のレッテルを貼られた。          その後、妻・宮崎あおいさんと結婚した際も、「反日」 からの流れで再び叩かれ、「完全にマスコミ嫌い」 になっていたという。 「マスコミなど全員くたばれと心底思っていた」 とまで書いている。          パッチギの撮影終了後に、仕事関係の悩みなどから自殺を図り精神病院に通っていたこともあると書いているが、本当の自分が理解されないことから 「鬱状態も再発」。  病気が中々治らず、「生きた心地がせず毎日に疲れ果てていた日々」 が何年も続いていたという。            俳優業を辞めようと思っていたが、2011年に三島由紀夫の 『金閣寺』 の舞台に出演。 そこで与えられた 「前向きな役」 に自分がリンクし始め、地方巡業を続ける内に気付いたら 「安定剤の存在も忘れるくらいしっかり立ってる自分がいた」。 「これでもう大丈夫。 芝居が楽しい」 とまで思えたという。              その矢先に東日本大震災が起きた。 「今度は自分が前向きにさせる番だ」 と思ったが、「国民に伝わらない情報が多すぎたり、的外れな外国のドラマ、朝のニュースでは偏った報道。 この国を心底疑った」。 今回のテレビ局批判もその流れだとし、「いい加減我慢が出来ないところまできていた。 溜まっていたものがどんどん噴出した」 と書いている。        
この国の一大事な時にどさくさ紛れに、欺いて偏りをみせてる今の体制がすごく気持ちが悪いと思った。 誤解を与えてしまった皆さんには申し訳ないと思いますがどうか今回の事はご理解していただけたら嬉しいです。 決して自分は韓国に対する批判はしてはいない。 日本を引っ張っていってる人間たちに対する抗議の意味だと理解をして欲しいです。 このままじゃこの国はダメになる」        
   コメント欄には 「応援しています!」 「大丈夫、あなたと同じ思いの人間は沢山います」 といったコメントが1時間ほどで500件以上寄せられている。 (j-cast.com)                ツイートこの記事をつぶやく
       著者は都内で人気の居酒屋を運営する楽コーポレーションの社長。 著者の店で働き、やがて独立した飲食店経営者は100人を超えたという。 本書は飲食店の独立開業に欠かせない知恵や心構えを明快に説いている。        店作りの基本から、立地選びやメニュー作りの極意、接客の仕方に至るまで、ちょっとした気付きやアイデアを列挙する。 個人経営店が模倣できるような事例も随所にみられる。        例えば、デザートにアイスクリームをサービスする際には、キッチンの中で盛りつけるのではなく、お客様の目の前で盛りつける。 大雨の日に来店してくれたお客には雨でぬれた体を拭くタオルと同時に、足を拭くための乾いたタオルも渡す。         何気ない一歩が、ファンを増やす一歩につなげるようだ。        著者は言う。 「農家の人は美味しいトマトを作るために、畑を耕したり、天候と戦ったりしている。 ビールだって、すごい数の人が研究を重ねて、立派な工場を建てて、美味しい製品を作り上げる。 そんな一生懸命時間をかけて作り上げたものを、お客さんに飲み食いしてもらうための努力なんて努力のうちに入らない」と。      さらには 「どんな店だったら自分が楽しいか」。 つまるところ 『客』 ではなく 『自分』。 これがお客を喜ばせるための極意のようだ。 と日経MJの“身につく読者”のコーナーに紹介されていました。           ツイートこの記事をつぶやく
       全国都道府県議会議長会が、「菅総理の退陣を求める緊急決議」 を賛成多数で採決しました。 議長会事務局によると、同会が総理退陣要求決議を出すのは初めて。 まさに異常事態だ。 東日本大震災の被災地のうち、一部の県の議長に怒りの声を聞いてみた。          退陣要求決議が採択されたのは、2011年7月27日の定例総会だ。 前例がないことから慎重論も出たが、最終的に賛成が多数を占めた。 被災地の岩手、宮城、福島の3県議長が共同で提案したものだ。                  菅首相は決議をどう受け止めるのか。               菅首相は決議をどう受け止めるのか。             決議文には厳しい文言が並んでいる。          「大震災の復旧・復興に向けての明確なビジョンの提示もないスピード感に欠けた対応や、原子力発電所の再稼働のあり方に関する場当たり的な対応」 について、「国民の政治に対する信頼を著しく損ない」 「被災地域の住民の意欲を失わせる」 と批判している。          さらに、「(菅首相が)退任の意向を表明したのにもかかわらず、未だその時期を明確にせず」 「復旧・復興の足かせになっているというような風評が出ている」 事態になっていることについて遺憾だとしている。          菅首相の存在が 「復旧・復興の足かせ」 になっている、というのを 「そういう風評もある」 という形でにごしてはいるが、議長会内にも 「菅首相が足かせ」 という認識が広がっていることを伺わす文案だ。          各都道府県の議長は自民党所属議員が多いことを考慮に入れたとしても、初の退陣要求決議が議長会から出たことの意味は小さくなさそうだ。          福島県の佐藤憲保議長に7月28日に話をきくと、大震災以来の菅政権の対応について、 「本当に国民の、住民の命を守る、という姿勢が感じられないままだった」 と指摘した。 特に菅首相が 「退陣表明」 した6月以降は、政治の動きが菅首相の進退や政局中心となってしまっており、菅首相の存在はもはや 「復旧・復興対応が進まない原因」 にみえる。          「一刻も早く国全体でことに当たることができるようにしてほしい」 と改めて菅首相に早期退陣を求めた。          宮城県の畠山和純議長も7月28日、「政治は本来、夢や希望を与えるものだが、今の内閣は絶望内閣ですね」 と話した。 復興対策で様々な要望を国にしてきたが 「答えがなかなか返ってこない」。          議長会という立場で国政の政局に関わることについては、これまでは 「政治的空白を生むことにつながっては良くない」 と慎重に構えていた。 しかし、「菅政権の継続自体が政治的空白だ」 との思いが他県にも広がっていることが分かり、今回の退陣要求の共同提案につながったそうだ。          被災者の要望に迅速に対応するには、地方自治体だけでは限界がある。 国を挙げた対応を望んでいるが、「民主党の党内すらまとまっていない現状」 には苛立ちやあせりを感じているようだ。          菅首相の退陣を求める声は、中央・地方政界だけではない。 日本経団連の米倉弘昌会長が何度も菅首相を酷評しているほか、民主党にとっては 「身内」 のはずの労働組合、連合の古賀伸明会長も7月28日、広島市内の会見で 「菅首相には政治空白を積み上げることをすぐにでもやめてほしい」 と改めて早期退陣を求めた。          また、阪神大震災(1995年)発生時に首相(旧社会党所属)だった、村山富市氏も7月26日、共同通信の取材に 「辞めると言ったら早く辞めるべきだ。 辞める人の言うことを聞く人は誰もいない」 「閣内の不統一も目立ち、政権としての体をなしていない」 と批判を展開している。  (j-cast.com)          東北6県(青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島)で最近騒がれている『道州制』。 繁栄を世界から持って来て納税者のお金を使わずに、世界の中に余っているお金を呼ぶ込み、産業基盤を確立するのが道州制です。          体たらくの日本政府に頼っているようでは何も始まらないと思う。  東北6県で道州制を導入して独立国家を目指すべきだな。         ツイートこの記事をつぶやく
Page 1 of 1812345»10...Last »