日経新聞24付の夕刊にこんな記事を発見しました。 花粉症などの刺激により体内で方質された炎症物質と結合し、花粉症などのアレルギー症状を引き起こすたんぱく質 『ヒスタミンH1受容体』 (H1R) の立体構造を京都大学や九州大学、アメリカスクリプス研究所のチームが世界で初めて解明しました。      H1Rは、花粉症の治療薬が作用する標的たんぱく質。      チームの島村達郎・京都大学特定講師は 「この構造を基に、効率的に副作用を少なくする抗ヒスタミン薬の開発が可能になる」 としている。      22日付 イギリス科学誌ネイチャー電子版には発表しました。      くしゃみや鼻水などなどのアレルギー症状は、体内のヒスタミンなどの炎症物質が、細胞膜にあるH1Rに結合して引き起こされる。       花粉症を治療する抗ヒスタミン薬は、ヒスタミンがH1Rに結合するのを阻止して症状を抑えている。 しかし、抗ヒスタミン薬はH1R以外の受容体にも結合しやすく、眠気や口の渇き、不整脈などの副作用も起こします。      チームはH1Rを酵母を使って大量に精製。 細胞膜に似た環境をつくって結晶化し、エックス線を用いた構造解析で解明しました。 H1Rの立体構造を明らかにし、結合部分の分子レベルの 「形」 を突き止めることで、H1Rにだけ結合する治療薬の設計が可能になる。      膜たんぱく質のH1Rは水になじむ部分と油になじむ部分が有り、水に溶けやすい細胞内の淡白質と違い精製や結晶化が難しく、立体構造が解明されていなかった。          早く喉が渇かない! 眠くならない! といった副作用のない薬が開発されて実用化されないかな~!!          毎年、スギ花粉が飛散する時期は気持ちも沈みがちになるからな~          ツイートこの記事をつぶやく
     友人Tちゃんから 『アイ・アム ナンバー4』 の試写会のチケット頂きました。  ありがとうございます。                 110625_084355          この作品はスティーブン・スピルバーグ率いるドリームワークスが、自らの運命に立ち向かう “選ばれし若者” の戦いを描く脅威のサスペンス・アクション巨編。        「イーグル・アイ」 の鬼才、D・J・カルーソ監督と、「アルマゲドン」、「トランスフォーマー」 の監督として知られるヒットメーカー、マイケル・ベイによる、手に汗握るダイナミックなエンターテイメントが誕生しました。         この作品って何かの試写会で予告編を観た記憶が有りますが、9人の仲間が一人一人殺害されて4番目に殺害されるはずだった少年が仲間と闘うような作品だったと記憶しています。        この作品も楽しみです。                ツイートこの記事をつぶやく
              110625_084211        友人のTちゃんから ジョージ・クルーニー主演の 『ラストターゲット』 の試写会のチケット頂きました。        「ありがとう」        チケットには、暗殺を生業として生きる男ジャック(ジョージ・クルーニー)は、北欧での仕事で足が付き、イタリアのはずれの街に身を寄せる。 誰も知りあいを作るなとの指示を受け、山奥で静かで穏やかな日々を送る中、彼は組織からとある女性の銃の製造依頼を受ける。 一方彼は地元の美しい娼婦クララと恋に落ち、この依頼を自分の 『最後の仕事』 と決意する。 しかし再び忍び寄る、ジャックを襲う暗殺者の影。 彼の“最後の仕事”、その標的<ラストターゲット>とはいったい? と書かれています。        孤高の暗殺者、その人生最後の<仕事>を清冽に綴ったスタイリッシュ・サスペンスの登場!        スタイリッシュ・サスペンスってなんだ!?        この作品を作ったのは、「コントロール」 でカンヌ・カマラドール特別賞を受賞したアントン・コービン監督が手掛けました。        この作品観るの楽しみだな~~ ^^           ツイートこの記事をつぶやく
     イタリアのプレミアムスポーツカーブランド、マセラティは、史上最強を誇る新型クーペ “グラントゥーリズモMCストラダーレ” の初走行を24日に上海サーキットで実施するとともに、アジアパシフィック地域での発売を順次開始していくと発表しました。     マセラティ        4月の上海モーターショーでワールドデビューしたグラントゥーリズモMCストラダーレは、マセラティのラインアップ中、最速・最軽量を誇る高性能モデル。 搭載する4.7リッターV8エンジンは、グランツーリズモSと比べてパワーが10hp、トルクは2kg-mアップし、最高出力450hp、最大トルク52kg-mを発生。 0-100km/h加速は4.6秒、最高速度は301km/hと公表される。      また、運転モードが切り替え可能なドライビングモードセレクトには、「オート」 と 「スポーツ」 のほかにマセラティ市販車では初の 「レース」 が追加されている。      さらに2シーター化に加え、軽量カーボンファイバー製シート採用による軽量化、カーボンセラミックブレーキの採用による足回りの軽量化および制動力の向上など、数々の専用チューンが施されている。        外観もベース車との差別化が図られている。 フロントスプリッター、前後バンパー、ボンネット、エキゾーストなどはすべて専用デザインで、レースマシンの直系モデルであることをうかがわせる内容となっている。        2010年の売り上げで前年比約3割増をマークするなど好調が伝えられるマセラティ。        グラントゥーリズモMCストラダーレの追加で、販売台数がさらに伸びる可能性は高い。 日本でもまもなく導入されるはずだ。  (asahi.com)               ツイートこの記事をつぶやく
       放送するかどうか論議を呼んでいた恒例の長時間番組は今年も従来通り放送されるが、『これでいいのか』 という声が上がっている。        日本テレビの 「24時間テレビ」 は震災後の4月に概要を発表、フジテレビの 「27時間テレビ」 は昨日発表されました。        日テレは3月で退社した羽鳥慎一、関ジャニ∞を起用し、名物の24時間マラソンは70歳の徳光和夫が走る。 一方のフジは総合司会にSMAP中居正広、ナインティナインを起用し、ナイナイ矢部浩之が100キロマラソンに挑戦する。        「24時間」 はチャリティーと銘打ち、どちらも被災地支援などをテーマにするのはいいとして、だからといって従来通りは、節電などが叫ばれる世の中の流れに逆行しているとしか思えない。         放送が週末とはいえ、電力需要がピークにハネ上がる午後帯もバカ騒ぎするわけで、視聴者の反発は必至である。        そもそも4月には総務省が放送各局に25%の節電を要請し、これを受けて、「とくダネ!」(フジ)の小倉智昭が 「テレビ局(の節電)はどうなんだという話が絶対出てきます」 とコメントしたほど。 長時間番組ではそれなりの節電はやるだろうが、いずれにせよ真夏にバカ騒ぎするのは矛盾している。          放送事情に詳しいコラムニストの金沢誠氏がこういう。        「番組の中で節電を呼びかけながら、もっとも節電をやっていないのがテレビ局です。 産業界が節電対策を発表し、放送局の中ではNHKも5月に早々と電力対策を発表しました。 例えば、NHKはメガソーラーを導入し、今年と来年の節電目標を提示しました。 ところが、民放はいまだに何ら対策がない。 それで昼も夜も大量に電力を使い続ける長時間番組をやるのは変だし、せめてポーズでもいいから目標値を示すべきです」            ●少し頭を冷やせ!      電力需要が上がっても電力はパンクしないという見方もあるが、だいたい一日中、番組を放送する必要があるのか。 今年はやめてもいいし、チャリティーであってももっと時間を短縮して放送していいはずだ。        放送まで時間があるから、日テレとフジは頭を冷やせ。 (gendai.net)          て、偽善的なことをgendai.netさんは言ってるけどエアコン付けずに仕事してるんだろうか? 照明を間引きしたりしてるんだろうか? 人の揚げ足は取るけど・・ 商業ジャーネリズムってそんなのなもんだよな!!           ツイートこの記事をつぶやく
     インターネット通販大手の楽天は23日、同日付で経団連に退会届を郵送したことを明らかにしました。        理由について、楽天は 「製造業などの業態の違う企業が多く入会しており、方向性や哲学が違う」 と説明している。        楽天の三木谷浩史社長は5月27日、短文投稿サイトのツイッターに 「電力業界を保護しようとする態度が許せない」 などと書き込み、退会検討の意向を示していました。 (kyodo.co.jp)         ツイートこの記事をつぶやく
      イナバ物置          人気の対決形式テレビ番組 「ほこ×たて」 で、多くのインターネットユーザーが勝負して欲しいと希望している 「イナバ物置VS100人のデブ」。         実現したら非常に面白そうではあるが、実際の所イナバ物置のCMで有名な 「100人乗っても大丈夫!」 は、「デブが100人乗っても大丈夫!」 なのだろうか!?        もし普通の体型100人で限界ギリギリだったら乗ったデブたちに大惨事が起きかねないため、万が一実現した時のために事前にメーカーの稲葉製作所へ、デブが100人乗っても大丈夫か短いが電話で聞いてみたぞ! 以下に聞いた内容を記載する。           記者  イナバ物置のCMで100人乗っても大丈夫という有名なフレーズがありますが、例えば100キロクラスの太った人が100人乗った場合にも耐えられるのでしょうか?        広報  う~ん、物理的に無理。乗れない(笑)。 平均的な体重の人でやってるので、そもそも太った人が乗るスペースが無いですね。        記者  それでは、スペースを広げて100キロの人が100人乗った場合はどうですか?          広報  テストしてないからなんとも言えないですね。          残念なことに、かなりあっさりと流されてしまった……。          CMで言ってる 「100人乗っても大丈夫!」 は、平均体重の人を想定した場合とのことなので、デブが100人乗った場合どうなってしまうのかは不明なようだ。 これは実際に勝負をしたら、面白い内容になるかもしれない。 (rocketnews24.com)          大体がこの実験、デブは体積があるんだから100人は乗れないだろうとわからないものだろうか?? 結果的に耐えられる重さは一緒なのかもしれないな!?       そうそう、私の知人の商社の方が、「CM撮影したときにうちの社員が協力して乗ってんだよ!」 って裏話を語っていました。                      ツイートこの記事をつぶやく
                       iphone女        きっかけは編集部の飲み会である。 マーク・ジェイコブスのド派手なカバーに身を包んだ iPhone をおもむろに取り出し、飲み会中に仕事メールをチェック。 『あ、○○さんの取材、OK出た。よかったー』 とつぶやく私(29歳♀)に、上司がひと言。      『うわ、モテなそー』        し、失礼な! メールチェックするくらいいいでないの! 人が気持ちよく酒を飲んでいるところに、何とも腹立たしいツッコミではあるが、確かに何だか一理あるような気がする。      iPhone女には、特有の “モテないオーラ” が漂っている。 やっぱりモテる女は iPhone よりもガラケー、メールにはキラキラ絵文字!なんだろうか。 iPhone女のどんなふるまいが男をゲンナリさせているのだろうか。 iPhone女の一員として名誉を挽回すべく、男性たちの意見を調査してみた。         まずは、件の上司の意見。      「いや、いいんだけどさ。 その『私、忙しいからいつでも仕事のメールチェックしちゃいます』 て感じとか、その無駄に派手なブランド物のカバーとか、何か、モテなそうだよ。 うん、絶対モテない!」      「何かモテなそう」って言われてもなあ……。 そもそも、仕事のメールがチェックしやすいからiPheoneにしたのに……。         続いての意見。      「だからその 『仕事してます感』 がイヤなんだよね。 バリキャリを気取ってる感じ」 (34歳・不動産)  「『私、デジタルに強いんです』って主張してる感じが苦手。 自分がそんなにデジタルに詳しいわけじゃないからこそ、女のコには自分より情弱であってほしい」 (33歳・飲食)      とにかくも“デキる女”を気取っている感じがイヤなわけね。       デジタルに強い女を気取っているのがイヤなら、アプリを入れまくってる女は論外?        「何でもかんでも入れまくってる女はイヤだなー。 特にどうでもいいゲーム入れまくってる女とか。 ヒマなんだろうなー、モテないんだろうなーって思う」(29歳・放送)      はあ、そんなもんですか。      ちなみに、iPhoneからツイッターにつぶやく人も多いけど……。        「『ドロリッチなう』とか『新しいネイルです♪』とかは、バカだなーとは思うけど、ムカつきはしない。 やたらと著名人のつぶやきを公式RTしまくったり、仕事の愚痴ばかりだったり、スピった話ばっかりだったりする女が鬱陶しい」 (32歳・出版)      「会って話しても、話題のソースのほとんどがツイッターだったりすると、つまんないっていうか、貧困な感じがする」(34歳・メーカー)      すいませんね、仕事の愚痴ばっかりで……。        でも、これって他のスマホを使っている女にも共通するのでは?        「スマホを使っている女全般に言えると思うけど、そこに iPhone ユーザーならではの選民思想が加わるから、さらに感じが悪い」 (33歳・食品)      何かもうボロカスな言われようだな……。        まとめると、iPhone女のイメージは 「デキる女を気取っている」 「情強ぶっている」 「くだらない自己主張ばかりしている」 「そのくせ実は話題が貧困」。 そりゃこんな女は誰でもイヤだろう。自分がそこに当てはまるのも認めよう。        だが、当然ながらこれはすべてのiPhone女に当てはまる特徴ではない。 「モテるiPhone女」 だって少なからずいる。 後輩MはiPhoneユーザーだが、会社のメールはチェックしない(設定していない)。 ツイッターもやっていない。 アプリもほとんど入れていない。一度だけ 「見てみて、コレ、超便利なんですぅ~」 といって紹介されたアプリがあるが、終電までの時間をカウントダウンしてくれるアプリだかなんだかで、「それ、乗り換え検索でよくね?」 とツッコんでしまった。 見事にiPhoneを活用していないので、「iPhone使っている意味なくない?」 と聞いてみたら、         「え、でも何かiPhoneてかわいいじゃないですか!」        iPhone女のくせに情弱……くそぅ、悔しいけどコレはモテそうだ!        そもそも、情弱だとか情強だとかいってる時点でモテないんだよ、惨敗なんだよ……。        がっくりと肩を落としていると、友人男性からさらに追い討ちをかけるひとことが。        「あのさ、『iPhone女がモテない』んじゃなくて、『モテない女はiPhoneを使っている』ってことなんじゃないの?」 (29歳・放送)      確かに真理かも。逆は必ずしも真ではないってヤツだね!        早速ツイッターでつぶやかなきゃ! iPhoneから!  (nikkan-spa.jp)                 ツイートこの記事をつぶやく
       やりましょう        東日本大震災にともなう原発事故に対して、ソフトバンクの創設者である孫正義氏は、Twitterを通じて活発な発言をしている。       そんな孫正義氏は、『やりましょう』 と発言するが、いくつまで実行できたのだろうか。Twitterのつぶやきで明らかになった。      それは、突然のつぶやきから始まった。      「6月の進捗状況。「出来ました」が120件になりました。 http://bit.ly/sb_do」 と、孫正義氏は自身のTwitterでつぶやいたのだ。        「韓国での孫さんのお話、とっても面白かったです。 mashaのallnightnipponでの龍馬の話以来の幸福な時間でした。ありがとうございました。」      「うちの店のホームアンテナは1年たっても『できてません』in恵比寿w」      「前から思ってましたが、私は東京デジタルフォン時代からのユーザーです。 Vodafoneの時は契約の長さによって割引がありましたが、ホワイトプランになってからは優遇がありません。 MNPを使って2年毎に事業者を乗り換えたほうが消費者にとって良いと言うことでしょうか?」      「3G回線の電波の改善に関して、やりましょう!!が聴きたいです!!」      「すごすぎ! 応援してますv RT @masason 6月の進捗状況。 「出来ました」が120件になりました。 」      「ツイッターで一般参加者を募っておいて、当選しても入場制限があると後だしで告知するのは道義的に問題があるのでは?」      「3G発売、7月11日、からのiPhoneユーザではあるが、ソフトバンクの言う事、やる事、すべてが信用できない。 いい加減、日本から撤退してくれ。  #pinkribbon #livestrong」      「ハゲ。あんたには失望した。 @masason 「安全に運営されている韓国の原発を高く評価している」」        全体的に厳しい意見が多く、ごく一部に好意的な意見が見られる。      孫正義氏が 『やりましょう』 とつぶやいた進捗状況は、ソフトバンクのページで確認できる。 全135件のうち、120件を実行したことになる。 これは、凄いことではないだろうか。           孫正義氏を嫌う人の中にも指示する人がいるひとつの理由は、『有言実行の人』 だからと言えるだろう。  (itlifehack.jp)                     ツイートこの記事をつぶやく
        結婚相手        米フォーブスウーマン誌が行った調査によると、女性の4分の3が無職の交際相手とは結婚しないと考えていることが分りました。 ただ、独身女性の9割以上は結婚において経済力よりも愛情を重視すると回答しています。        加えて回答者の65%が、自身が無職の状態で結婚することに違和感があると答えました。        調査は女性625人を対象に、女性向けサイトYourTango.comと共同で実施されました。        このほか、全体の77%がパートナーとの充実した関係と家庭、そして輝かしいキャリアのすべてを手に入れることができると信じていると回答。 ただ、全体の63%が週40─59時間働いていると答えたほか、交際相手のいる女性の62%が平日5日間に就寝以外でパートナーと過ごす時間は3時間以下と答えた。        また、交際相手のいる女性の5人に2人が、眠れない夜の原因は仕事の悩みが多いと回答。 また自由な時間を1日1時間与えられた場合、42%が家族やパートナーとではなく、自分1人で過ごすと回答した。        フォーブスウーマン誌のメガン・キャサリー氏は 『働く女性にとってキャリアがまさに人生の最優先事項となっている」』 と指摘。 『(時間の大半を仕事に費やすなかで)これほど多くの女性がすべてを手に入れることができると考えているのは非常に皮肉だ。 どのように、いつ手に入れられるというのだろうか』 と述べた。        女性の55%が、パートナーから育児のためキャリアをあきらめるよう頼まれた場合、求めに応じると回答している。 (reuters.com)          これって万国共通なのかな!?  アメリカっぽい感じ(´・_・`。)ヵナァ・・って思うけど・・・。。           ツイートこの記事をつぶやく
Page 3 of 16«12345»10...Last »