2011,06,30

レクサス、モナコ公室御用達の特製リムジン公開。

      モナコ        レクサスは24日、モナコ公国のアルベール2世と、南アフリカの元五輪水泳選手シャーリーン・ウィットストックさんの結婚式で使用される “レクサスLS600h L ランドレー” を公開しました。        レクサスLS600h L ランドレーは、7月2日に行われる2人の結婚式のために特別につくられたクルマ。 後席の屋根が薄さ8mmの透明なポリカーボネイトで作られており、パレード走行で沿道の観衆がカップルの姿を見られるようになっている。        車両の製作は、ベルギーのコーチビルダー、キャラット・デュシャトレとブリュッセルに拠点をおくレクサスの欧州ブランチが共同で行い、約2000時間をかけて完成させたという。        ベース車がLSのハイブリッドモデルであるため、ウェディングパレード走行を無排出となるEVモードでこなすことができるのもレクサスLS600h L ランドレーならでは。        同モデルは挙式のあと、モナコのオーシャノグラフィック博物館で一般公開される予定となっている。 (asahi.com)               ツイートこの記事をつぶやく