インターネットの共同購入サイトで格安クーポンを過大に販売させられ、大幅な赤字が出たとして、東大阪市の美容室経営会社が、サイトの運営会社 「グルーポン・ジャパン」 (東京)に約1700万円の損害賠償を求め、大阪地裁に近く提訴することが27日、分かった。         共同購入サイトをめぐっては、店側の対応能力を超えるクーポンが販売され、「予約が取れない」 といったトラブルが相次いでいるが、訴訟に発展するケースは異例。        グルーポン側は 「リスクの説明も行ったうえで(販売するかどうかは)すべて店側に決めてもらっている」 と反論している。        美容室側の訴えによると、カットやカラー(髪染め)など1万3200円分のサービスを2900円にするクーポン。 美容室の取り分は、ここからさらにグルーポンへの報酬を差し引いた金額だった。        大阪市内で新店舗を開業するのに合わせ、昨年11月から約1500枚を販売。 対応能力を超えてクーポン客が殺到したため、美容師などの増員を余儀なくされたほか、採算度外視の料金設定だったため、数百万円の赤字が出たとしている。        美容室側はグルーポン担当者の勧誘をめぐり、「事前にリスク情報を提供しなかった」 と説明義務違反を主張。 また 「『購入客の2割は期限内に来店しないので、そのまま店側の利益になる』と、事実と異なる不当な勧誘を受けた」 とも訴えている。        一方、グルーポンは取材に対し、勧誘をめぐる美容室側の主張について 「事実ではない」 と回答。クーポン価格や販売枚数については 「スタッフの人数やキャパシティを分析し、対応可能と判断して提案した」 としながら、最終的な決定権はすべて店側にある、と責任を否定している。        グルーポンをめぐっては、大量のクーポンを販売した東京のたい焼き店が 「経営が成り立たない」 とクーポン使用を停止するトラブルが今年2月に発覚。 また、グルーポンで購入したお節料理が 「見本と違う」 と苦情が相次いだ横浜市の販売業者に同月、消費者庁が再発防止を求める措置命令を出す騒動もあった。  (sankei.jp)          ツイートこの記事をつぶやく
 日本でもユーザを着実に増やしているFacebookですが、どんどん新機能が追加され、最近では2010年後半頃ににアメリカ国内で導入され、現在ではほとんどの国で利用可能になった、自動顔認識機能が注目を集めているようです。      この機能は、ユーザがFacebookに写真を投稿する際に、過去に投稿された写真に付いているタグ情報等の履歴を参照し、候補ユーザ名を提示することでタグ付けを半自動化、促進、サポートする機能です。      一般的に、Facebookの新機能はデフォルトで実装されるため、自動顔認識機能についてもすべてのユーザが別途設定を変更しない限り、デフォルトで有効になっています。 この機能をオフにするには、『アカウント → プライバシー設定 → 設定をカスタマイズ → ほかのユーザーがシェアする情報 → 写っている写真のタグ付けを提案 → 無効にする』 という手順で無効にする必要があります。      また、タグ付けされている写真を無闇に公開したくないなら、『アカウント → プライバシー設定 → 設定をカスタマイズ → ほかのユーザがシェアする情報 → タグ付けされてる写真と動画 → 設定を編集』 を編集することで一般公開、友人、友人の友人、自分のみ、もしくは特定のアカウントのみに公開するように細かくカスタマイズすることもできますので、この機会に設定を見直してみてはいかがでしょうか。      せっかく友人がタグ付けしてくれてもユーザによっては利用状況や目的、スタンスは異なりますから、必要に応じて自己防衛策を講じるべきでしょう。        Facebookではさらに細かくプライバシー、つまり情報開示の範囲を設定することができるようになっているため、『アカウント → プライバシー設定 → アプリ、ゲーム、ウェブサイト → 一般検索 → 一般検索を無効にする』 ことで検索エンジンにプロフィールが表示されなくなるなど、Facebookのプライバシー設定はユーザの利用環境や目的に合わせて細かくカスタマイズすることができます。      Facebookでのトラブルを最小限にとどめ、不慮の事故を未然に防ぐためにも新しい機能が発表されたらすぐに詳細を確認し、不必要だと判断した際は直ちにアカウント・プライバシー設定を見直すよう、心がけましょう。       Facebookがついに勝利? Facebookはスパムを封じ込めたのだろうか? バイラルマーケティングおよびCPAフォーラムである「cpafix.com」のNinja CEOは、数週間前そう考えた… エフセキュア・コーポレーション by: ショーン・サリバン (2011年6月16日) …続きを読む         「Bitcoin」フォーラムでスリがウォレットを標的に エフセキュアのThreat Researchチームが今日、Bitcoin wallet.datトロイの木馬の分析を行った。「Bitcoin」は2009年に登場したデジタル通貨だ。 我々はこの脅威を「Trojan-PSW:W32/CoinBit.A」として検出している。 エフセキュア・コーポレーション by: ショーン・サリバン (2011年6月17日) …続きを読む         フィンランドには何でもある 以前述べた通り、我々は先頃、北米最大のブロードバンドオペレータの1つと、大きなプロジェクトを開始した。 それでエフセキュアでは多くのスタッフを求めているのだが、ポジションの多くはヘルシンキに拠点を置いている。 エフセキュア・コーポレーション by: ショーン・サリバン (2011年6月17日) …続きを読む         著作権に関する容疑で学生が米国送還に直面? 今週末、Richard O’Dwyerがニュースになった。彼は英国出身の23歳で、著作権侵害の容疑で米国政府に検挙されたWebサイト「tvshack.net」に関し、米国への送還に直面している。 エフセキュア・コーポレーション by: ショーン・サリバン (2011年6月21日) …続きを読む            「LulzSec」の容疑者を拘留 今日は、ハッカーグループ「LulzSec」に関する噂やニュースが、Twitterで広まっている。 噂は、「LulzSec」が英国の2011年国勢調査のデータを入手したと主張する、「Pastebin」の投稿にまつわるものだ。 エフセキュア・コーポレーション by: ショーン・サリバン (2011年6月21日) …続きを読む         セキュリティに関して誰かがKrebsを嫌っている エフセキュアラボでは、自動化したサンプル分析を実行する、多数のシステムの設計、構築を行い、利用している。 そのオートメーションの一部が、さまざまなキーワードで怪しいコードをモニタする。何故キーワードでモニタするのか? マルウェアの作者には、コードに隠れメッセージをひそませるのが好きな者がいるからだ。 エフセキュア・コーポレーション by: ショーン・サリバン (2011年6月23日) …続きを読む   (itlifehack.jp)                       ツイートこの記事をつぶやく