SUPER 8  (スーパーエイト)の試写会に出かけてきました。 試写会の会場は中野サンプラザ。 人が多かったな~~                         DSC_0362        このSUPER 8は、      スーパーエイト        1979年のアメリカのオハイオ州。 子どもたちが8ミリカメラで映画を撮影していた駅を列車通過しようとした時に車との衝突事故が起こった。 その列車には軍事施設エリア51からある物を輸送中だった。 軍部は何を運んでいたかは極秘にしていました。 8ミリ映画を撮影していた子どもたちのカメラには衝撃の映像が撮影されていてここからがこの映画の面白さがありました。        このSUPER 8  は、6月24日(金) 全国ロードショーです。                  ツイートこの記事をつぶやく
     凸版印刷は、理化学研究所(理研)ゲノム医科学研究センター、理研ジェネシスとの共同研究により、全自動小型遺伝子型解析システムを開発し、シカゴ大学との共同研究として、この全自動小型遺伝子型解析システムを用いて、約140例の大腸がん患者から採取したがん組織内の遺伝子変異の解析を試みた結果、大腸がんの遺伝子変異を全自動で一時間以内に高感度かつ高精度に検出できることを確認したことを発表しました。      患者が生まれつき持つ遺伝的背景を考慮し、科学的根拠に基づいて各個人に効果的な治療・投薬方法を提供する 「オーダーメイド医療」 によって、患者個人の 「QOL(生活の質)」 が向上するとともに薬剤副作用から派生する医療費の軽減が見込まれ、医療費抑制の期待が高まっている。     しかし、オーダーメイド医療を実現するには、病院においてその場で薬剤の効果、副作用に関する遺伝子型の違い (一塩基多型:SNP) を判定する必要があり、このニーズに応えるため、凸版は理研らと共同でインベーダープラス法を採用した全自動小型遺伝子型解析システムを開発し、血液を入れてから全自動で1時間以内にSNPを判定することを実現した。      一方、先天的な遺伝子多型による個人差だけではなく、がんにおいては後天的な遺伝子変異により、薬の効き方に個人差が現れることが判ってきており、各個人の薬の効き方を予測する手段として遺伝子解析が注目を集めてきている。 現在、さまざまな臓器のがんについて、遺伝子変異と薬剤の効き目の関連を解明する研究が進行しており、こうしたオーダーメイド医療を実現する1つの方法として、抗がん剤の1つである分子標的治療薬に対する遺伝子検査が注目を集めている。      分子標的治療薬は、副作用を最小限に抑えられる効果的な治療方法だが、同じ臓器のがんであっても、がん組織内の遺伝子変異の違いによって効果が異なることが明らかになってきた。 そのため、患者のがん組織を採取し、がんの遺伝子変異を遺伝子検査で検出した上で、有効性の高い分子標的治療薬を選択することが必要となっているが、がん組織の遺伝子検査は、正常な細胞も含んだ検体から、がん細胞の遺伝子変異のみを検出する必要があるものの、既存の解析技術では検出できない場合もあり、感度が十分ではなかったほか、DNA抽出や遺伝子解析の手順が複雑で、臨床現場への普及の障壁となっていた。      こうした課題を解決するため、凸版らは共同開発してきた全自動小型遺伝子型解析システムを応用し、がん細胞の遺伝子変異を全自動で検出することを、シカゴ大学との共同研究において実施。 現在は、種々のがん組織(パラフィン包埋組織および凍結組織)を用いて、がん組織内の遺伝子変異を検出する実証研究を行い、一般的な検査方法であるダイレクトシークエンス法との比較試験を実施し、約160サンプルにおける遺伝子変異を全て検出することに成功したという。      なお、凸版および理研ジェネシスは、この全自動小型遺伝子型解析システムを研究用用途向けに2011年度中に販売開始する予定としているほか、理研ジェネシスは、同システムをベースとした診断用システムを薬事申請する予定だという。 (mycom.co.jp)       ツイートこの記事をつぶやく
     日本全国に 「ゆるキャラ」 が乱立するなか、ツイッター上で異様な存在感を見せているのが、北海道長万部町の「まんべくん」(@manbe_kun)だ。 長万部町の人口は約6000人だが、まんべくんの読者(フォロワー数)は、その7倍以上の4万5000人に達する。        本来、自分がPRするはずの長万部について 「漢字も読めなくてイメージすらされてない」 とけなしたり、2ちゃんねらーに対して 「全力で来いよ!」 と煽ってみせるなど、自由奔放な発言が人気を集めている。                   まんべんくん        まんべくんは、03年に町の130周年記念事業の企画で、公募で 「準入選キャラクター」 として誕生。 頭が町花の 「あやめ」、耳がホタテ、手と胴体が特産品のカニで出来ている。 7歳の男の子という設定だ。 町のウェブサイトによると、性格は、    
「目立ちたがり屋、ドジでおっちょこちょい。温厚でやさしくの~んびりしているが、ものすごく怒った時は、カニばさみで攻撃することもある」    
 とされている。 ずっと知名度が低かったが、2010年10月にツイッターを始めてから急上昇している。 Tシャツなどの関連グッズの売れ行きも好調で、「まんべ会」 と呼ばれるイベントも札幌などで行われている。        ツイッターでの発言数は6万4000回以上。 1日に300回はつぶやいていることになる。 読者の声に細かく返信しており、問いかけに同意するときは 「コクリ」、朝のあいさつは 「おはまんべーッ!」、誕生日を祝うときは 「おめまんベーッ!」 と、独特の言葉遣いが読者に喜ばれている。          自虐的な物言いも特徴で、読者からの    
「あんまり反感買ってると長万部のイメージも悪くなる」
    との声には、    
「今が最低だからこれ以下はない」    
と応じ、    
「てかまんべくんが長万部のイメージ壊すとかって一部で言われてるけど、そもそも長万部って漢字も読めなくてイメージすらされてないのに何そのクレームおかしい」    
とも反論している。        

NHK出演決定に「夢ひとつ叶ったあああああーーーーッ!」

         2ちゃんねるに対しても強気な態度で、    
「まんべくん2ちゃんねらーに目付けられたよ」    
と言われても、    
「全力で来いよ!」   「本当の敵はネットにはいない」    
と煽ってみせるほどだ。          AKB48の総選挙についても一家言あるようだ。 「推しメン」 は 「こじはる」 こと小嶋陽菜さんだそうで、前回と比べて大幅に順位を落とした板野友美さんについては、      
「ともちんはソロになって調子乗ってるイメージが先行したから負けた。 行ってみヨーカドーの頃が天井」    
と酷評。 6月10日夜には、テレビ朝日系の 「ミュージックステーション」 を見ながら、      
「口パクだわ」      
と毒づいた。だが、 篠田麻里子さんについて      
「まりこさまは拒食症」      
とツイートしてしまい、      
「応援してるからちゃんと節度を持って毒吐いてね」      
などと苦言が続出。 「すまんべ」 と、何度も謝る羽目になった。            長万部町役場の総務課企画グループによると、ツイッターの運営は外部の会社がボランティアで行っているといい、      
「ああいう、他のキャラクターにはない感じが、まんべくんの良さ。 あまりにもひどい場合は注意しますが、基本的には片目をつぶって見守っています」      
と、多少の脱線や毒舌は大目に見る方針だ。          また、6月17日未明には    
「NHK教育『天才てれびくん』長万部生放送ッ!織田裕二のマネする山本高広が長万部にクルーーーーッ!」      
と、6月23日のテレビ番組出演が決まったことを報告。    
「まんべくんの夢ひとつ叶ったあああああーーーーッ!」   「公共の電波を使って国民1人残らず洗脳するッ!」      
と、独特の意気込みを見せている。  (j-cast.com)          1日に300回のツイートは凄いね!!       ツイートこの記事をつぶやく
         フェイスブック        交流サイト(SNS) 『フェイスブック』 を介して 「友人」 との関係構築に努めることで実生活の社会性が低下すると危ぐする声が上がるなか、SNS利用者は逆に一段と充実した社会生活を送っていることが、最近発表された調査で明らかになった。      米調査機関ピュー・リサーチ・センターが発表した調査結果によると、フェイスブック利用者は人を信頼する傾向がより強いほか、親しい友人が多く、政治活動にも一段と熱心だという。        調査は昨秋実施され、成人2255人を対象に、フェイスブックやマイスペース、リンクトイン、ツイッターなどのSNSの利用について質問した。      調査報告書の主執筆者であるキース・ハンプトン氏は、SNSの利用による社会生活への影響については一般的に、実生活における人間関係を傷つけ、社会との関わりを少なくさせるとの見方が多くあるとした上で、今回の調査では全く逆の結果を得たと述べた。      また同氏は「フェイスブックのようなサイトを利用する人は、実生活でより緊密な人間関係を持ち、市民活動や政治活動により深く関わる傾向がある」と語った。      調査チームはまた、今回の調査で成人のSNS利用者の割合が08年の26%から47%に増加したことに触れ、社会的関係をめぐる全体の傾向が大きく転換したことが示されたと指摘した。      調査によると、フェイスブックを1日に数回利用する人は、他のインターネット利用者と比べて43%、そしてインターネットを使わない人と比べると3倍以上、世間の人を信頼する傾向が強かった。また、フェイスブックを多く利用する人は中間選挙の際に特に活動的になったという。      調査チームはまた、フェイスブックを頻繁に利用する人がサイトでの交流から受ける感情面でのサポートや 「つながり」 について、平均的な米国人が実際の配偶者や同居するパートナーから受けるサポート全体のおよそ半分の水準に相当するとの見方を示した。 (reuters.com)       ツイートこの記事をつぶやく
     ゴルフの全米オープン選手権第2日は17日、当地のコングレッショナルCC(パー71、7574ヤード)で第2ラウンドを行った。 大雨で42分間中断した影響で日没サスペンデッドとなり、21人がホールアウトできなかった。      石川遼は5バーディー、4ボギーの70で回り通算2オーバー。 暫定33位で2年連続の予選通過が確定した。 終了できなかった21人が石川を上回っても決勝ラウンドに進む60位以内に入れるため。 久保谷健一は2オーバーで回って通算4オーバーの暫定57位。 2オーバーで回った藤田寛之は通算10オーバーの暫定129位で予選落ちとなった。        暫定首位は66で回り通算11アンダーに伸ばしたロリー・マキロイ(英国)。6打差の暫定2位にY・E・ヤン(韓国)がつけた。        通算3オーバーで迎えた後半17番(パー4)。 石川が 「集中してアドレナリンが出た」 と放ったショットはピン左下2メートルにピタリと寄った。 調子を取り戻したパットを難なく沈めてバーディー。 予選突破が見込まれるラインの通算2オーバーに伸ばした。      スコアを一つ伸ばした段階で前半を終えると、雨で中断となった。 いい流れが断ち切られかねない。 しかも、再開後の出だしのホールは前日にダブルボギーをたたいた10番(パー3)で集中力が試される場面だった。      石川は 「恵みの雨にしたいと思った」 という。 クラブハウスで順位を確認して、どこが予選突破ラインかを見極めるなど冷静に過ごして気持ちを落ち着けた。 10番は第1打でグリーン際に落としてパー。 その後は一進一退となったが耐え抜いて17番につなげた。      国内では2週連続で予選落ち。 渡米前には無効な国際免許で車を運転して謝罪した。 期するものがあって挑んだ大会で予選突破を決めて 「ほっとした」 と表情を緩めた石川。 残り2日間も 「体力と気力を使いきりたい」 と力を込めた。  (mainichi.jp)         ツイートこの記事をつぶやく