人間          ケンブリッジ大学の専門家チームが、人類の体と脳がここ1万年で縮んでいると発表しました。 人類はサイズから見た成長のピークを狩猟採集時代に迎え、体も脳も小さくなっているという。      アフリカ、ヨーロッパ、アジア大陸で見つかった化石の研究により、「縮小」はここ1万年に見られる変化ということがわかった。 1万年前の平均的なヒト(男性)の推定体重から見て、現代人は10%ほど小さくなっていたのだ。脳容量を見ると、現代人が平均1350ccなのに対し2万年前の男性は平均1500ccだったことが判明。 テニスボール約1個分の減少である。 女性もほぼ同率で小さくなっている。 一体この間に人類に何が起きたのか?        専門家らは、約1万年前に人類に起きた変化に着目。 農耕文化、集落化による食糧の変化が人類の矮小化の原因だと指摘している。        我々の祖先は今から約9千年前に、狩猟・採集から農耕・牧畜へと劇的に生活様式を変化させた。 農耕文化は食物の量を豊かにはしたが、種類を狭め、ビタミンとミネラルの摂取量の減少が体格の増大に歯止めをかけたと考えられる。 例えば農耕文化初期に中国で耕作されていたソバや米、トウモロコシなどの穀類では、成長に不可欠なナイアシンを摂取できない。      では脳はどうか。 農耕文化の発展では、脳容量の減少は説明できない。 人類進化学博士マルタ・ラー氏は、「脳容量の減少は知能の低下に直結しません。 コンピューターが小型化しエネルギー効率を上げるように、進化の過程で効率の良い脳の活用が可能になったのでしょう」 と説明する。        ケンブリッジ大学のロバート・フォレー人類進化学教授は、「ヒトの進化は体格やサイズを常に変えながらの連続的・段階的な過程」 と言っている。 今から1万年後、10万年後――我々はどう進化していくのか、想像してみるのもおもしろい。  (rocketnews24.com)               ツイートこの記事をつぶやく
     毎年6月の第3日曜日は父の日。 今年は6月19日が父の日ですね。 みなさんは、もうお父さんへのプレゼントは用意しましたか? ところで、父の日や母の日は 「親に感謝の気持ちを表す」 記念日として全国に普及していますが、その由来は意外と知られていません。 いったい、いつどこで始まったものなのでしょうか?          ふたつの記念日のうち、歴史が古いのは母の日です。 一説には、イギリスやアイルランドで、奉公に出された子どもたちが年に一度だけ教会で母親に面会できる、復活祭前の祝日として祝われていたのが起源と言われています。 でも、その起源は世界中でさまざまなバリエーションがあり、日付のほうもも2月~5月を中心に国によってバラバラです。        母の日にカーネーションを贈る」という習慣が始まったのはアメリカ。 南北戦争のさなか、敵味方を問わずに負傷兵の衛生改善に尽力したアン・ジャービスという女性の死後、娘のアンナが亡き母の命日(1907年5月12日)に教会で記念会を開催。 参列者に母の愛した白いカーネーションを配ったのが、現在日本で広まっている母の日の始まりでした。         カーネーション        また、カーネーションには 「十字架に架けられるキリストを見送った聖母マリアがこぼした涙が落ちた地面に咲いた」 という伝説があり、古くから母性愛の象徴とされていたことも 「母の日にカーネーションを贈る」 習慣につながっているとも言われています。 その後、カーネーションの色の意味合いが 「存命する母がいれば赤、亡くなっていれば白」 とされるようになりました。             父の日もまたアメリカ発祥の記念日で、南北戦争に関係しています。 ワシントン州のソノラ・スマート・ドッドという女性は、幼いころに南北戦争を経験。 夫を召集されて6人の子を一人で育てていた母親は父の復員後に過労で亡くなり、男手ひとつで子育てに奮闘した父もまた、子らの成人を見届けるとこの世を去ってしまいます。 そこで、ソノラは 「母の日があるなら父に感謝する日も作りましょう」 と牧師教会に願い出て、1910年6月19日に最初の祝典を実現させたのです。 ちなみに、父の日の日付も世界各国でバラバラです。        母の日にはカーネーションなら、父の日にはどんな花を? 実は、父の日はバラの花がシンボルなんです。 その由来は、「ソノラ・スマート・ドットが父の墓前に白いバラを供えたから」 「バラは十字架にかけられたキリストの血の跡に咲いた花だから」 などの説があるようです。 父の日も母の日も、教会でスタートしたこともあって、実はキリスト教につながっているんですね。 バラの色は、存命する父がいれば赤、亡くなっていたら白という風に意味づけられています。            白いバラ        もともと、カーネーションもバラの花も、教会での式典で 「胸につける」 ものだったようですが、日本では 「胸に花をつける」 習慣がなかったせいか受け入れられず、いつのまにか 「プレゼントする」 ことが主流になりました。 さらに、「男性に花を贈る」 ということも一般的でなかったせいでしょうか。 母にカーネーションを贈る習慣は広く普及したのに、父の日にバラの花を贈る人はあまり多くないようです。        父の日、母の日それぞれに、南北戦争を背景とした家族の物語が秘められていたんですね。 しかも、キリスト教教会に根差した行事としてスタートしていたなんて想像もしていませんでした。 日本では、儒教思想を受け入れてきた歴史から年長者を敬う文化があるので、「まあ、起源はどうあれ、親孝行はしたほうがいいね」 という感じで、父の日・母の日が普及したのかなと思います。 また、外来の文化は、それぞれの国の風土に根付くにしたがってローカライズされていくもの。 日本の父の日や母の日も、すでに日本独自の記念日として醸成されていると言えるのかもしれませんね。 (techinsight.jp)          ともあれ、一年に一度くらいは、両親に向かい合ってきちんと感謝の気持ちを表現してみたいものが、父親にはどうも・・・ 照れくさいな!!                    ツイートこの記事をつぶやく
     ドコモは2011年6月15日、「ドコモ スマートフォン Xperia SO-01B」 および 「ドコモ スマートフォン REGZA Phone T-01C」 において、まれに、設定済みのアクセスポイントから、ユーザーが作成した他のAPNへ意図せず変更される事象が確認されたと発表しました。    同社は 「SO-01BおよびT-01Cご愛用のユーザーにはご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げるとともに、対応方法について御案内させていただきます。    NTTドコモは今後もユーザーへの一層のサービス向上に取り組んでまいりますので、何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。」 と、コメントしている。      1. 事象の内容    ドコモの発表によると、SO-01BおよびT-01Cにおいて、まれに、設定済みのAPNから、ユーザーが作成した他のAPNへ意図せず変更されるとしている。    APNが変更されたことにより、下記の事象が発生する場合がある。    (1)パケット通信が出来ない状態となる。    (2)想定している定額以上の料金が発生する。      対象のユーザーについては現在確認中だが、下記の条件に全て合致するユーザーで発生する可能性があることが確認できたという。 対象のユーザーには、別途連絡するとしている。      (1)の事象 (パケット通信が出来ない状態となる)    1. 海外渡航時等に、mopera.net等のAPNを作成して使用されたことがある。    2. Android OSのバージョンが2.1。    3. spモードのみを契約している。      (2)の事象(想定している定額以上の料金が発生する)    1. 海外渡航時等に、mopera.net等のAPNを作成して使用されたことがある。    2. Android OSのバージョンが2.1。    3. mopera Uを契約している。 ※ スマートフォンを使用しているユーザーのうち、200台に1台程度の発生      3.事象の原因    詳細な原因については現在調査中。      4. 「ドコモスマートフォン Xperia SO-01B」 および 「ドコモスマートフォン REGZA Phone T-01C」 を利用しているユーザーへのお願いSO-01Bおよび、T-01Cで1でご案内した事象が発生したユーザーは、以下の操作により、事象を回避できることが確認できている。      1. ホーム画面でメニューキーを押し、[設定]⇒[無線とネットワーク]もしくは[ワイヤレス設定]⇒[モバイルネットワーク]をタップする。    2. [アクセスポイント名]をタップする。    3. メニューキーを押し、[初期化設定にリセット]をタップする。    4. 定額APNを選択する(spモードもしくはmopera Uスマートフォン定額)。    5. 電源OFF/ONを実施する。    なお、T-01Cにつきましては、AndroidOSを2.2にアップデートすることで事象が発生しなくなることが確認できましたとしている。   (itlifehack.jp)         ツイートこの記事をつぶやく