内閣支持率        毎日新聞は4、5両日、菅直人首相の退陣表明を受けて、全国世論調査を実施した。 3月11日に発生した東日本大震災から3カ月が経過するのを前に、被災地の復旧・復興のために国会が 「機能していない」 との回答が85%に上り、「機能している」 は8%にとどまりました。 政党支持率では、「支持政党はない」 が現行の電話調査方式を始めた97年以来、最高の53%に達しました。 被災地復興や福島第1原発の事故対応が迫られるなか、内閣不信任決議案や菅首相の進退を巡って混乱する国会に対し、「政治不信」 が加速している。      菅首相の退陣表明については 「評価しない」 (49%)と 「評価する」 (45%)が拮抗しました。 退陣後の新政権の枠組みは 「民主、自民両党の大連立」 が36%と最多。 「民主党中心の政権」  や「自民党中心の政権」 はともに13%にとどまり、「その他」 の枠組みを求める回答も33%に及んだ。      2日に衆院で否決された内閣不信任決議案に関しては、提出した野党の対応を 「評価しない」 という回答が61%に上り、「評価する」(32%)を大きく上回った。 不信任案否決の結果についても 「よかった」 が53%で、「よくなかった」 は38%だった。     菅政権の内閣支持率は5月の前回調査比3ポイント減の24%。 不支持率は前回から3ポイント増の57%と上昇した。    政党支持率をみると、国会で攻勢を強めている自民党が17%にとどまり、前回比2ポイント減。 民主党は15%で横ばいだった。 一方、「支持政党なし」 (53%)は前回から3ポイント増え、これまで最も高かった小泉政権時の03年1月の51%を超えた。 衆院解散・総選挙の時期については 「菅内閣の次の政権が発足したらすぐ」 が45%で最も多かった。      被災地に対する政府の支援や復興の取り組みの評価を継続して聞いたところ、「大いに評価する」(3%)、「ある程度評価する」(35%)と、評価は計38%にとどまった。4、5両月の同調査では評価する回答が50%を占めており、減少に転じた。今回調査では「あまり評価しない」(39%)、「全く評価しない」(18%)が計57%と半数を超え、4月(46%)と、5月(44%)を上回った。      また、福島第1原発事故への政府の取り組みに対しても 「大いに評価する」 「ある程度評価する」 は計23%で、「あまり評価しない」 「全く評価しない」 が計71%に上りました。        この結果を政治家はどうとるのだろうか!?   調査結果を真摯に受けとめる政治家なんているんだろうか??  いないだろうな!?       菅首相は辞任しないし、後藤田正純衆議院議員は議員宿舎に女性を連れ込むし、呆れるよ!!          ツイートこの記事をつぶやく
     最近、厄年でもないのに何だか身体の調子が悪く・・・ 男は8の倍数の時に身体の変調を起すという今年はそれにあたる。 何もしないで “あの時 厄除けしなかったから” なんて思いたくないから実家の近くにある 「香取神宮」 へ行って来ました。        参道は新緑が深く              110605_114428        清々しい緑を感じました。  秋は、とても綺麗な紅葉を見せてくれるんです。        総門を      110605_114042      をくぐり         もう一つの                 110605_104115      桜門をくぐると拝殿と本殿が見えてきます。        110605_112028      が見えてきます。  この建物は元禄13年に造営されているんです。        祈祷の署名を済ませ控室で待つこと10分で拝殿に案内され、本殿                110605_110532        の奥に 経津主大神(ふつぬしのおおかみ) が祀られているんです。  香取神宮が武運の神様ですね。      ここで、神官に祈祷してもらい玉ぐしを神殿に納め二礼二拍子一礼してお札とお守りお神酒を頂き終了。       まぁ、これで気が済んだのではありませんが一つのけじめというかちょっと “ホッと” してます。         ツイートこの記事をつぶやく
     インスタントコーヒー大手の味の素ゼネラルフーゾ (AGF) は、全社員から経営会議への提案を募集する制度を導入しました。       人事制度にわたる分野が対象で、役員が出席する経営会議で採用の是非を判断します。 中堅・若手の意欲や知見を生かした人材育成を進め、経営への参加意欲を高めます。      社内提案制度は 「未来箱」 と呼び、年2回実施します。 AGFは経営提案を公募しているが、「全社員に強く奨励する形」 に切り替えます。 全社的な取り組みとして、提案者が上司に対案内容を相談して、制度を高めるようにします。      提案に対する経営陣らの意見は社員にフィードバックし、「なぜ選ばれたかを社内に浸透させます」 (村林誠社長)という。 今月から募集して、8月上旬に最終選考します。 採用された提案は該当部門で実施していくそうです。        AGFって後100年続く企業になる可能性を持ってるね!!                  ツイートこの記事をつぶやく
     すかいらーくは夏場の節電対策に7億円を投資します。 グループ全店に発光ダイオード (LED) 電球を導入するほか、厨房の冷凍庫の扉にカーテンを付け温度上昇を防ぎます。 窓には遮熱用のコーティングを施します。       一連の対策で電力使用量をピーク時で15%、全時間帯で20%減らす計画です。      東京電力管内では南向きや西向きに立地する店舗の窓際にゴーヤを植えて遮熱します。 対象は302店で、6月上旬までに各店舗に設営する予定です。 原発事故で風評被害を受けている茨城県鉾田市の農業生産法人からゴーヤ1万株を調達しました。 7~8月中に 「緑のカーテン」 の効果を見込み、9月末に撤去します。 来店客に対して、見た目も涼しさを演出できるとみています。      節電対策ではほかに、店内の冷房の温度を従来よりも2度引き上げて27度にします。 トイレの便座の保温機能もオフにします。 一部の店内照明や看板も付けないようにします。               ツイートこの記事をつぶやく