2011,02,28

NTTドコモが次世代通信で「Xi(クロッシィ)花粉ナビ」実験。

     NTTドコモは、昨年末にスタートした次世代通信サービス 『Xi (クロッシィ)』 を使った実験的な取り組み 「Xi(クロッシィ)花粉ナビ」 をメディア向けに公開しました。    「Xi花粉ナビ」は、全国の基地局に設置された花粉センサーが取得した各地の花粉飛散量データをもとに、子供達の描いた花粉キャラクターを使って、花粉を“仮想的”に可視化したものです。 このアイデアは、アートディレクターの秋山具義氏がウェブサイト 『Studio Xi(スタジオ・クロッシィ)』 の中で発表した次世代社会の可能性を探る 「クロッシィ・プロジェクト」 の中から生まれたものです。    会場では、日本各地の花粉量を擬似的に体験できるように日本地図の略図を床に広げて 「Xi花粉ナビ」 のデモンストレーションが行われました。 花粉キャラクターのイラストを提供した子どもたち20名が招待され、実際にデモを体験。     Xiの高速通信によってすぐさま表示される各地の花粉量の差に驚きの表情を浮かべていました。    「Xi花粉ナビ」 はあくまで実験的な取り組みで、実用化される見込みはまだないとのこと。      これ実用化した欲しいな~~      実余暇した欲しい人たぶんたくさんいると思うけど・・・         ツイートこの記事をつぶやく