2011,02,27

ブレインシンク スマートフォンのアプリ制作をPCで手軽に作れるソフトを開発。

     コンテンツ配信のブレインシンクは、スマートフォンのアプリケーションソフトをパソコンで手軽に制作できるソフトを開発しました。    企業向けで4月にも発売します。    制作会社にアプリを委託する場合に比べ安く早く仕上がります。 翻訳機能も付加して、顧客のスマートフォン向け事業を支援します。      同ソフトは音楽や映像の配信、インターネット販売、電子書籍など、アプリに必要な機能のひな型を搭載。 顧客企業はPC画面上で写真や文字のレイアウト、デザインなどを自由に選べます。 文章は英語にも自動翻訳する。 将来は中国語と韓国語にも対応させます。 制作したアプリは最終工程までブレインシンクが管理し、最短1週間で配信できるようにします。     委託する場合は配信まで2カ月程度かかることもあります。    まずはアメリカ・グーグルの基本ソフト (OS)、アンドロイドを搭載したスマートフォン向けにサービスを開始します。 その後はアメリカ・アップルの 「i phone」 に対応します。    アプリ制作の初期費用は、1万~5万円。 運用費は毎月5000円から1万円。 制作会社に発注すると一つのアプリで300万~500万円程度かかり、ネット販売の商品を入れ替える作業をその都度頼む手間がかかりました。    ブレインシンクはアーティストの楽曲配信やグッズ販売などを手掛け、電子商取引サイトの運営にノウハウを持ちます。 アプリ開発を通じて、顧客企業の販売拡大を支援します。      このビジネス考えたね~~       ツイートこの記事をつぶやく