NTTコミュニケーションズは、ミニブログ 『ツイッター』 などを活用するマーケティング支援システム 『コツィート』 の提供を3月1日から始めると発表しました。    アメリカ企業のシステムを日本語化して、顧客サポートも展開します。 インターネットでの消費者の声を、顧客満足度の向上や新製品開発に生かせるサービスとして売り込みます。      コツィートを傘下に持つアメリカ・イグザクトターゲット (インディアナ州) と提携しました。 コツィートを使用すると、ツイッターや世界最大の交流サイト (SNS) 『フェスブック』 上の情報を手軽に収集・分析出来ます。 消費者の疑問に素早く回答したり、自社内の複数部署で連携したりして、業務の効率が図れます。    ツイッターやフェイスブックの閲覧者数や送受信数をもとに、発言者の影響力や活動量の関するリポートを自動作成する機能も備えます。   記者会見をしたコツィートのジェシー・アングル最高経営責任者 (CEO) は 『情報を発信するだけではなく耳を傾けることが重要』 とサービスの採用を呼びかけました。       価格は5クレジット版は月額6万3000円からで、15クレジット版が月額15万7500円からです。 初期導入支援サービスは26万2500円から。 1年で70社の導入を目指します。                      ツイートこの記事をつぶやく
     買い物で出かけ運転した1時間もすると “ヘックッション 。゚(PД`q。)゚。” とくしゃみがでる。。      これは、今日って相当スギ花粉相当飛んでいるような気がする。        2時間ほどの買い物が終わり車に戻ると (。´゚ェ゚)。´_ _)ゥム                        110227_133512      車全体が白っぽいじゃなく薄っすら黄色っぽい??        近寄ってみると アララ・・・    110227_133601   Σ(o゚д゚oノ)ノ凄ッ!い スギ花粉がびっしりと車のボディーに溜まっていました。      窓ガラスにも工工工エエェェ(゚Д゚)ェェエエ工工工って  110227_133619   前が見えないくらいでした。      まだ、2月の末なのに3月になったらどれだけスギ花粉が飛ぶんだろうカッ!?        今日で確信したが、こんな花粉が飛んでいるときにGOLFをしたら花粉症を悪化させること間違いなし((。・д・)oダナ!!       ツイートこの記事をつぶやく
     コンテンツ配信のブレインシンクは、スマートフォンのアプリケーションソフトをパソコンで手軽に制作できるソフトを開発しました。    企業向けで4月にも発売します。    制作会社にアプリを委託する場合に比べ安く早く仕上がります。 翻訳機能も付加して、顧客のスマートフォン向け事業を支援します。      同ソフトは音楽や映像の配信、インターネット販売、電子書籍など、アプリに必要な機能のひな型を搭載。 顧客企業はPC画面上で写真や文字のレイアウト、デザインなどを自由に選べます。 文章は英語にも自動翻訳する。 将来は中国語と韓国語にも対応させます。 制作したアプリは最終工程までブレインシンクが管理し、最短1週間で配信できるようにします。     委託する場合は配信まで2カ月程度かかることもあります。    まずはアメリカ・グーグルの基本ソフト (OS)、アンドロイドを搭載したスマートフォン向けにサービスを開始します。 その後はアメリカ・アップルの 「i phone」 に対応します。    アプリ制作の初期費用は、1万~5万円。 運用費は毎月5000円から1万円。 制作会社に発注すると一つのアプリで300万~500万円程度かかり、ネット販売の商品を入れ替える作業をその都度頼む手間がかかりました。    ブレインシンクはアーティストの楽曲配信やグッズ販売などを手掛け、電子商取引サイトの運営にノウハウを持ちます。 アプリ開発を通じて、顧客企業の販売拡大を支援します。      このビジネス考えたね~~       ツイートこの記事をつぶやく
     日本の超低金利は、16~17世紀のスペイン、イタリアが直面した事態を抜きに理解できない。 前例がないほど利回りが低下する 『利子革命』 はするシステムがピークに達し、次のシステムがとって代わる過程である。    中世カトリック・ローマ教会の絶頂時期に世界に君臨した世界帝国の盛衰を取り扱うが、現代史にも通じる。    社会・経済が成熟化し中世型の帝国システムが行き詰まると、国家が大構造改革を断行するのは歴史の常であり、古代ローマ帝国もそうだった。 1970年代半ば以降、世界を席巻した経済の 『新自由主義』 も同じことが云える。      スペインは1622年に帝国システムを強化すべく構造改革を断行するが、大失敗に終わる。 当時、南米からの大量の銀流入が問題を覆い隠した。 経済活動を担う 「中間階層が欠けている」 ことで無関心で、オランダやイギリスに近代化競争で敗れた。 国内総生産で中国に抜かれたと騒いでいる日本はまさに近代システム強化の発想。     スペイン帝国の中世システム強化と同じだ。 と、埼玉大学大学院客員教授 水野和夫氏が紹介したいます。            ツイートこの記事をつぶやく
     スターバックス コーヒージャパンは、全国の約50店舗の改装を始めました。 注文を受けてから1杯ずつ抽出するプレミアムコーヒーの販売に合わせて、内装デザインや商品を受け取るカウンターをリニューアルします。    記者会見した磐田松雄社長は 『価値の高いコーヒーには強い需要がある』 と価格競争とは一線を画した戦略を続けうることを強調しました。    内装は黒を基調にし、所々にコーヒー豆の茶色を施し 『シック』 な雰囲気を演出します。 この約50店舗限定で23日に発売を始めたプレミアムコーヒー 『スターバックス レザーブ』 は世界で希少なコーヒー豆を注文を受けてから、スタバ独自の抽出方法で豆をひいて提供します。      カウンターの横に同商品を注文した来店客が 『バリスタ』 が豆を1杯ずつ抽出する様子を見ながら会話が出来るようなスペースを作ります。     岩田社長は 「コーヒーの本物の良さをつたえていくことを強調したい」 と狙いを語りました。               ツイートこの記事をつぶやく