英誌エコノミストの調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)がまとめた世界で最も住みやすい都市ランキングで、カナダのバンクーバーが5年連続で1位になった。      EIUは世界の140都市を対象に、治安状況や医療サービス、文化、環境、教育などの30項目を基に「住みやすさ」を数値化。 バンクーバーは昨年に続き98%をマークし、2007年から続く首位の座を維持しました。      ランキングのトップ10都市のうち、カナダとオーストラリアが計7都市を占めるなど、上位陣の常連に大きな変動はない。 このほか、パリが16位、ロンドンが53位、ニューヨークが56位となった。      アジアの最高位は大阪の12位で、東京は18位。 香港が31位、北京が72位となっている。       昨年に引き続き、ワースト1はジンバブエのハラレ。ベスト10とワースト10のランキングは以下の通り。 (reuters.com)      <ベスト10>    1.バンクーバー(カナダ)    2.メルボルン(オーストラリア)    3.ウィーン(オーストリア)    4.トロント(カナダ)    5.カルガリー(カナダ)    6.ヘルシンキ(フィンランド)    7.シドニー(オーストラリア)    8.パース(オーストラリア)    9.アデレード(オーストラリア)    10.オークランド(ニュージーランド)          <ワースト10>    1.ハラレ(ジンバブエ)    2.ダッカ(バングラデシュ)    3.ポートモレスビー(パプアニューギニア)    4.ラゴス(ナイジェリア)    5.アルジェ(アルジェリア)    6.カラチ(パキスタン)    7.ドゥアラ(カメルーン)    8.テヘラン(イラン)    9.ダカール(セネガル)    10.コロンボ(スリランカ)    となっています。 ツイートこの記事をつぶやく
     花粉が本格的に飛散するシージンを迎え、かんきつ類や茶など花粉症抑制に効果があるとされる食材に注目が集まっています。       今年は花粉の飛散量が多いとの見通し、 花粉症に悩む消費者を中心に購入が増えているようです。 食材の持つ機能性の認知度が高まっているもの背景のようです。 今後の需要拡大を見込んで、産地などでは商品開発に力を入れています。      ミカンほどの大きさのかんきつ類 『じゃばら』 は和歌山県北山村の原産。 アレルギー抑制に有効とされるナリルチンが、果皮でカボスの13倍含まれているという。 同村は果汁飲料などの加工品をインターネットなどを通じて販売しています。    「昨年11月から今年1月までの販売金額は前年同期に比べ24%多い」 と村の観光産業課。 過去最高だった2009年産の販売金額を上回っている。        茶では 『べにふうき』 という品種を使った茶飲料が好調。 べにふうきは一般的な緑茶より渋みや苦みが強いが、抗アレルギー、抗酸化作用のあるメチル化カテキンを豊富に含みます。 アサヒ飲料は1月11日にべにふうきを使った緑茶 『べにふうきで快適生活』 を発売。 同社がすでに販売している 『べにふうき緑茶』 のリニューアル版にあたるが、1月の販売量は前年同月比34%増。       民間の気象予測会社ウェザーニュースなどの予測では、昨夏の猛暑の影響で今年のスギやヒノキの花粉飛散量は少なかった前年より5倍前後増えるとみています。     べにふうきの茶葉を集荷・販売するJAかごしま茶業の担当者は 「予想が発表された後の昨年11月以降に注文が増え始め、これまでにない注文の多さだ」 と話します。      「素材への注目度が上がっている」 (アサヒ飲料)、「花粉シーズンだけでなく、年間で飲む人も増えている」 (北山村観光産業課) など、機能性の高い食品という認知向上も販売増につながっているようだ。     今後の需要拡大を見込んで新商品開発の動きも盛んです。      酒造会社の中野BCはじゃばらと青蜜柑を使った機能性食品を4月に発売する計画を立てている。 花粉症の症状緩和に効果があるとされる 『ヘスペリジン』 を多く含む青蜜柑を錠剤にした商品の1月の売上高は前年同月比10%増。 新商品の投入で上積みを狙います。    2010年産から本格的にじゃばらの収穫を始めた愛媛県内子町は、地元の松山大学と連携協力協定を結び、清涼飲料水などの加工品をを開発している。     「内子町のじゃばらとしてブランド力を高めたい」と (内子町) いう。                      ツイートこの記事をつぶやく
     NTTドコモは、他の通信会社で使えないように携帯電話に制限をかける 「SIM(シム)ロック」 を解除できる機能を、6月から順次発売する「夏モデル」約20機種すべてに導入する方針を固めました。     国内の携帯大手3社でSIMフリー対応の携帯電話を発売するのは初めてです。    夏モデルのうち半数弱が、需要が急成長しているスマートフォンになる見通し。 ドコモショップでロック解除の手続きを取ると、手持ちの携帯電話のまま、他の通信会社と契約して使えるようになります。      ただし、大手3社でドコモから乗り換えることができるのは、通信方式が同じソフトバンクモバイルのみで、通信方式が異なるKDDI(au)と契約しても使えません。 海外で、通信規格などが同じ現地の通信会社のSIMを差して使うことは可能です。      短期間で解除して他社へ移ると、2年間の継続利用を条件に受けられた実質的な端末の割引措置を途中で放棄することになり、購入価格が割高になる。 乗り換えによってiモードといったドコモ独自の機能が使えないなど、一定の制約もあるとみられます。    昨年6月、総務省がSIMロックを原則として2011年度から解除するよう求める指針を出したのを受け、ドコモはいち早くSIMフリー対応を宣言しました。 秋冬モデル以降もすべて解除できるようにする方針だ。 SIMフリーの流れをつくり、ソフトバンクモバイルが販売する米アップルの「iPhone」のロック解除を促す狙いもあります。      これに対し、ソフトバンクモバイルの孫正義社長はiPhoneのロック解除には応じない方針を打ち出しており、SIMフリー対応については 「1、2機種ぐらいからテストする」 としている。 (asahi.com)      ソフトバンクは、SIMフリー対応は考えちゃうだろうな~  電波の通りの良い方に流れちゃうからな~~  今のi phoneの電波はちょっと酷い・・(ll゚∀゚)からなぁ ><       ツイートこの記事をつぶやく
       報誌Time Outニューヨーク版が、「映画史上最も物議を醸した映画50本(The 50 most controversial movies ever)」 を発表しました。      宗教、差別、性描写、暴力など理由はさまざまだが、いずれも激しい論争を巻き起こしたり、上映禁止に至ったりした作品ばかりだ。      第1位に選ばれたのは、マーティン・スコセッシ監督、ウィレム・デフォー主演の「最後の誘惑」(1988)。 イエス・キリストの人間としての側面を生々しく描いた問題作で、当時多くのキリスト教団体が抗議の声を上げた。 ちなみに、09年に米エンターテインメント・ウィークリー誌が発表した 「物議を醸した映画25本」 の1位に選ばれたのは、メル・ギブソン監督がキリストを描いた「パッション」(本ランキングでは20位)だったが、やはり欧米では宗教問題が一番のタブーとなっているようです。 (eiga.com)       トップ30は以下の通り。 1.「最後の誘惑」(88) 2.「意志の勝利」(34) 3.「ソドムの市」(75) 4.「国民の創世」(15) 5.「時計じかけのオレンジ」(71) 6.「フリークス」(「怪物団」)(32) 7.「ビリディアナ」(61) 8.「ラストタンゴ・イン・パリ」(72) 9.「俺たちに明日はない」(67) 10.「ポイズン」(91)  11.「わらの犬」(71) 12.「愛のコリーダ」(76) 13.「クルージング」(80) 14.「モンティ・パイソン/ライフ・オブ・ブライアン」(79) 15.「ピンク・フラミンゴ」(72) 16.「エクソシスト」(73) 17.「クラッシュ」(96)  18.「血を吸うカメラ」(60) 19.「アンダルシアの犬」(28) 20.「パッション」(04) 21.「春の調べ」(33) 22.「キッズ」(95) 23.「ドゥ・ザ・ライト・シング」(89)  24.「羊たちの沈黙」(91) 25.「ヘンリー&ジューン 私が愛した男と女」(90) 26.「ならず者」(43) 27.「ジャンク/死と惨劇」(78) 28.「私は好奇心の強い女」(67)  29.「真夜中のカーボーイ」(69) 30.「暗黒街の顔役」(31)    となっています。              ツイートこの記事をつぶやく
       昨年暮れから何かとお騒がせなグルーポンに、今度は「偽造クーポン」疑惑が浮上しました。 きっかけは、東京・吉祥寺のたい焼き店がグルーポンで販売していたクーポンの取り扱いを突然中止。       その理由に、グルーポンの偽造クーポンへの対応をあげたからだ。        安く商品が購入できたり、サービスが受けられたりすると爆発的な人気を博したクーポン。一方、提携する販売店側としても集客力が高まるなどの宣伝効果を期待していた。     このたい焼き店では、今回の中止を 「苦渋の決断」 としている。      グルーポン側は、「重複利用があったとの報告を受けている」としている。        グルーポンは、「たいやき鯛勝」 の商品 「1000円」 分を50%OFFの500円で販売した。 「たいやき鯛勝」 のブログによると、2010年12月にグルーポンの営業担当者と交渉し、12月26日に急遽掲載が決定。 これまでに1700枚が売れ、利用期間は6月までだった。        ところが、2011年2月15日のブログに 「グルーポンのクーポンに関してのお知らせ」 を掲載。 同日付でグルーポンが発行したクーポンの使用を中止することを明らかにした。 この日のブログでは 「返金、苦情等の問い合わせはクーポンへ連絡ください」 と、一方的な通告のようにみえたが、翌日にはサービス停止について理由を説明。 「偽造クーポン」 の存在があったとし、それに伴うグルーポンの対応が 「よくありませんでした」 とこぼしている。        2月21日時点で、「たいやき鯛勝」 は 「グルーポン側からは第3者を立てて話し合いがしたいとの連絡があったが、その後は何も連絡もない」 としている。        一方、グルーポン・ジャパンは、「今回の件は偽造クーポンではなく、重複利用があったとの報告を受けている」 と説明している。 重複利用は1件だけで、「先方からの電話の後、重複のあったクーポンに関してはできる限りの対応をしました」 と話している。      告知については 「購入者に対してのみ、すべてキャンセルの連絡をしています」 とし、クーポン利用の中止についてホームページなどによる情報開示は行っていない。        店側も「こんなはずでは…」との思い強まる。          グルーポン・ジャパンは 「クーポンをすべてキャンセルしたのは、偽造クーポンが理由ではない。通常であれば、クーポン番号の確認で、重複利用を防ぐことができる」 と、今回があくまでイレギュラーなケースという。        「偽造クーポン」 が増えれば、店側は確認作業に追われて手間がかかるため、販売機会を逸してしまう心配がある。 「たいやき鯛勝」も、「本物のクーポンと偽物のチェックのため、(販売に)予想以上に時間がかかってしまった」 と、かえってお客に迷惑がかかったという。        また、ブログでは 「料金の支払いについても当店は大企業とは違い、個人経営の小さな店なので正直厳しいのが実情でした」 と厳しい資金繰りのようすが吐露されている。 「このままでは当店の宣伝、リピーターの獲得どころか、存続さえ危ぶまれる状態に陥ってしまう」 と深刻だ。        あるクーポンサイトの運営者は「偽造クーポン」について、「クーポンを買った人が悪意をもってすれば、グルーポンでなくとも起こり得ることです」 と指摘する。 しかも、グルーポンは偽造対策を、比較的しっかり施しているほうだという。        「おそらく、利用者や提携する店が急激に増えたことで、こうした社内ルールが隅々に行き渡っていないのではないか。 営業担当者と店側の意思疎通もできておらず、店側も宣伝効果よりも、事前予約番号の照合などの負担が予想以上にかかっていることに、『こんなはずでは』 との思いを強くしているのではないか」 とみている。 (j-cast,com)        たぶん・・・ 営業担当の能力の差がこういう事態を引き起こしているのでは・・・??      先日、あるTV番組でグルーポンの特集を組んでいましたが、ハンバーガー屋さん (名古屋だったかな?)小さなお店で、グルーポンの営業担当とクーポンを何枚にするか打ち合わせし、店主としては、200枚が精いっぱいです。に対してグルーポンの営業担当は500枚で行きましょうと500枚で押し切られ、連日クーポンを持参したお客さんが押し掛け対応しきれず、やむなく中止せざるを得なくなりました。 しかも、クーポンの文言には 「山盛りのポテト」 と表現されていたが実際はそうではなかったようです。       ある割烹料理屋さんでの出来事は、「写真は後で、専属のカメラマンが撮影にきますから」 と言われ待てど暮らせど来ないから問い合わせたら 「うちの方で適当にやっておきました」 というような対応のようでした。      営業スタイルが獲得ノルマがあって獲得したお客さんまでフォローを出来ていない!!??  手数料ビジネスだからクーポンを沢山発行しないと利益につながらない。。      誰のためものなのか??  この辺が明確ではない気がするな~       ツイートこの記事をつぶやく