株式上場は経営者にとって大きな目標のはずだが、出版社の幻冬舎のように上場廃止を選ぶ企業が増えている。 経営陣が自社の株式を株主から買い上げる 「マネジメント・バイアウト(MBO)」 の手法を使って、有名企業が次々と「上場企業」の看板を捨てている。      そのワケは?      有名企業の上場廃止が相次いでいる。直近では幻冬舎が15日の臨時株主総会で定款を変更、MBOで3月16日に上場廃止となることが確定した。    今年に入って表明した企業を拾ってみると2月2日にワイン専門商社のエノテカ、3日にレンタルDVDの 「TSUTAYA」 を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)…と早くも6社となります。       まさに立て続けの様相です。      背景にはどんな事情があるのか??      金融ジャーナリストの森岡英樹氏は 「景気が低迷するなか、企業は設備投資など積極的な事業拡大が難しい。 外国人投資家などから、内部留保を積み上げるくらいなら自社株買いや増配など株主に還元せよとの要求が強い」 と口うるさい株主が一因とみる。      兜町関係者も 「四半期ごとの経営成績をアナリストなどから追及されることに嫌気がさしている経営者も少なくない。 オーナー経営者の場合、自分の会社なのだから好きなようにしたいというのが本音では」。 取引所に支払う上場料、監査法人への報酬など 「年間数億円の上場コストも影響している」 (先の関係者)と説明する。    一方、経営者側が自社株を本来の価値より安く買い戻そうという意図も透けてみえる。    「MBOに伴うTOB価格は市場価格より2割~3割高く設定されることが多い。 だが、それでも1株当たり純資産や、企業が将来に稼ぐ利益を現在価値に置き換えるDCF法などではじき出した本来の価値よりは低いケースが目立つ」 (大手証券アナリスト)    メリットは経営者だけではない。 実は金融機関も乗り気だ。以前は、企業が経営再建しようにも金融機関からの融資がままならず、投資ファンドからMBOを条件に資金提供を受けるケースが多かった。だが、最近は金融機関が積極的に融資する姿勢が目立つ。    「預金が増えても融資先がない現状で、4%前後の利ザヤが稼げるMBO融資は銀行にとってもありがたい案件」(メガバンク系証券)    さまざまな思惑がからみながら増える非上場化。 (zakzak.co.jp)      今年の流行りになりそうだ!!      今年に入ってMBO実施を公表した上場企業    イマージュホールディングス(東証1部)・・・・・通販準大手    ワークスアプリケーションズ(ジャスダック)・・・・・人事給与・会計等の基幹業務ソフト    エノテカ(東証2部)・・・・・ワイン専門商社    カルチュア・コンビニエンス・クラブ(東証1部)・・・・・レンタル店「TSUTAYA」運営    アートコーポレーション(東証1部)・・・・・引っ越し大手   田中亜鉛鍍金(ジャスダック)亜鉛メッキ大手   と、6社です。       ツイートこの記事をつぶやく
     2013年の電気自動車(EV)の市販化に向け、段階的な研究・開発を行っているBMWが、“MINI E”に続くEV第二弾“BMW ActiveE(アクティブE)”を発表しました。       ビーエム      BMWは、“メガシティビークル”(MCV)と呼ぶ市販型EVの開発に向け、EV第一弾のMINI Eと、それに続くBMW ActiveEの投入を予定している。 すでに世界規模で電気自動車の実証試験も行っており、世界各地にMINI E”600台が投入されている。 そしてこのたび、2011年から1000台以上の“BMW ActiveE”が、アメリカ、ヨーロッパ、中国に投入されることが発表されました。      BMWは、2013年にメガシティビークルをサブブランドで展開する計画で、そこにはMINI EやBMW ActiveEで培った技術・研究成果が活かされる。 BMW ActiveEでは、EVの量産に向けた展望が検証されると同時に、日常生活環境における電気自動車のさらなる使い勝手の検証が行われます。      そのような試験目的のため、ActiveEでは、パワーユニットやバッテリーシステムは、メガシティビークル用に開発された試作段階のものが使われる。搭載するモーターは、最高出力125kW(170ps)、最大トルク250Nm(25.5kg-m)を発生。 0-100km/h加速は9秒で、最高速度はリミッターで145km/hに制限されるという。      航続距離はおよそ160km。アメリカのFTP72方式に則った計測方式では、最大240kmを実現するという。充電時間は、110V/16A電源を使った場合で16-20時間、240V/32A電源を使うと4-5時間という。  またMINI Eでは2名に限定された乗車定員は4名となり、荷室容量も200リッターが確保される。BMWのボディを採用することからも想像できるように、駆動方式は後輪駆動となる。 (asahi.com)       ツイートこの記事をつぶやく
       スペインのバルセロナで開催中の国際見本市 「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」では、ノキアとアメリカ・マイクロソフトの新たな提携が話題の中心だった一方、アメリカ・グーグルの基本ソフト(OS) 「アンドロイド」 が業界の活力の中心になっていることが浮き彫りとなりました。    アナリストや投資家、メディアの間では、ノキアとマイクロソフトのスマートフォン(多機能携帯電話)事業での提携が賛否両論を巻き起こしたが、そうした騒ぎをよそに、端末メーカーからは新型のアンドロイド搭載機の発表が相次ぎました。       韓国のサムスン電子や台湾のHTC、ソニー・エリクソンは、今回の見本市の目玉として新型のアンドロイド搭載機を大々的に宣伝。  台湾のエイサーがマイクロソフトのOS 「ウィンドウズフォン7」 を搭載したタブレット型端末を披露した以外は、主要な新機種のすべてがアンドロイド端末だった。      ノキア・マイクロソフト連合から出てくる最初の端末は、早くても2011年末になるとみられている。    CCSインサイトのアナリスト、ベン・ウッド氏は 「モバイル・ワールド・コングレスはただ単に、アンドロイドが業界にまん延していることを確認しただけだ」 と述べた。      登場からわずか数年でここまで存在感を高めたアンドロイドだが、かつてパソコン業界でマイクロソフトがそうだったように、グーグルが携帯端末業界で圧倒的優位に立つことを懸念する声もある。    調査会社カナリスによると、昨年10─12月の世界のOS別スマートフォン販売で、アンドロイドがノキアの 「シンビアン」 を抜いて首位となりました。    誰にでも無償で提供されるオープンソースのアンドロイドは、携帯電話の魅力を大きく左右するアプリケーションソフトの開発メーカーをひき付けるが、それこそが、ノキアがマイクロソフトとの提携を決めた大きな要因です。    ノキアのスティーブン・エロップ最高経営責任者(CEO)は、パートナーとしてグーグルではなくマイクロソフトを選んだ理由として、スマートフォンOSでのアメリカ・アップルとグーグルによる寡占を避けるためと説明しています。    業界は両社の提携について、競争やイノベーション促進の観点から概ね好意的に受け取めているが、株式市場の反応は冷ややかです。        一方グーグルは、アンドロイド端末は27社から170機種が市場投入されており、スマートフォンの多様化に貢献していると主張。 エリック・シュミットCEOは、基調講演後に記者団に対し 「われわれはマイクロソフトとは完全に違う道を走っている。価値感、オープンソースで無償というアプローチ、われわれの取り組みは何もかもが異なっている」 と述べました。    アンドロイドの採用が、端末メーカー独自での取り組みに比べ、タッチパネルなどの機能をスマートフォンに格段に早いスピードで行き渡らせたことは間違いない。    ただ、アンドロイドによって似たような製品が市場にあふれるようになり、端末メーカーの個性が奪われると懸念する声もある。 また、アンドロイド端末の普及で本当に恩恵を受けるのは、グーグル・マップやGメールなどのサービスが爆発的に広がるグーグルだけだとの見方もある。    アメリカ・インテルのポール・オッテリーニCEOは、コンピューター業界がたどってきた歴史を見れば、アップルのような閉ざされたものから、アンドロイドのようなオープンなシステムに移行するのは自然な成り行きだと指摘。 同CEOは、パネルディスカッションの席で 「閉ざされたモデルの一部は経験を最適化できるので生き残るだろうが、一般的に言えば、もし世界のエンジニアと開発業者すべての能力を生かすなら、オープン側が勝利する」 と語りました。 (reuters.com)       ツイートこの記事をつぶやく
     ホームセンター大手のカインズは億縄件に進出すると発表しました。 地元でスーパーなどを展開する金秀商事とフランチャイズチェーン (FC) 契約を結び、4月にも1号店をオープンします。    低価格のプライベートブランド商品を豊富に揃えます。 大手ホームセンターで沖縄に店舗を出すのは初めてになります。      早ければ4月に、金秀商事が運営している 『ホームセンターかねひでサンプラザ糸満店』 を改装してカインズの店舗としてオープンします。 その後、金秀商事の与那原町の店舗も年内にカインズの店舗に転換するするそうです。 3号店からは新築で出店する予定です。    沖縄県は大手ホームセンターが進出していないうえ、安いプライベートブランドに対する顧客の関心が高いという。 ただ本州に比べて商品の輸送や調達の負担が大きく自社で進出するにはリスクが大きいため、FC方式で進出することにしました。    金秀商事は物流費や店舗の改装、建築費をすべて負担するほか、売り上げに応じて一定のロイヤリティーをカインズに支払います。    カインズのプライベートブランド商品は、群馬県伊勢崎市にある物流センターから東京港、那覇港を経由して沖縄県内の店舗に運びます。 ただ、店舗が増えてくれば 「中国で生産したプライベートブランド商品を群馬を経由せずに直接沖縄県に輸送したい」 という。 材木や園芸商品などは現地で仕入れるそうです。        金秀商事は沖縄県内でスーパーやホームセンター、コンビニエンスストアなどを展開しており、2010年3月期の売上高は645億円。       ツイートこの記事をつぶやく
       下宿している大学生の毎月の清潔日が2010年は2009年より1160円減り、4年連続で減少したことが全国の大学生協の調査で分かりました。     景気の低迷で親からの仕送りが減少して、奨学金を生活費に充てている割合が増えました。    全国大学生活協同組合連合会が昨年10~11月に調査しました。 1970年からの調査結果が残る31大学の9871人を対象にまとめました。      下宿している大学生の1カ月の生活費 (住協日と貯金繰り越しを除いた自由に使えるお金) は5万2670円でした。 1990年代は7万円前後で推移していたが、その後は減少しました。 2010年は2006年に比べ13%減っており、2年連続で1978年の5万4420円を下回る水準となりました。      原因は景気低迷による収入の減少にあります。 毎月の収入合計は12万2610円で、2009年より2970円減りました。 親世帯の家計収支の悪化が反映したせいか、仕送りが2009年比2750円減少しました。 アルバイト収入も470円減りました。 特に3~4年生の減少が大きく就職活動の難航がアルバイトをしにくくさせている実情を窺わせます。       奨学金は2009年より310円増えて2万6740円。 収入全体に占める奨学金の割合は21.8%となり、2009年比で0.8ポイント上昇しました。 奨学金の額は調査開始以来で最大ですが、仕送りとアルバイト収入の減少を補えなかったよです。        仕送りが平均で5万2670円か。。        アルバイトしないと生活出来ないな~~ ><         ツイートこの記事をつぶやく
        パナメーラハイブリット      ドイツ・ポルシェは、4ドアグランツーリスモの「パナメーラ」に、ハイブリッドモデルを導入することを発表しました。      『パナメーラS ハイブリッド』 は、すでにカイエンS ハイブリッドに採用されているドライブユニットを搭載。 エンジンは333psの3リッターV6スーパーチャージャーで、これに34kW(47ps)の電気モーターを組み合わせ、システム出力380psを発揮します。 トランスミッションは8速ATで、バッテリーはニッケル水素を採用している。      システムレイアウトは、セパレータークラッチを一体化したハイブリッドモジュールをエンジンとトランスミッションの間に配置。 これにより、ドライブトレーンからエンジンを切り離すことが可能で、なんと165km/hまでの速度域でエンジンを停止することができる。 また、85km/hまでの速度であれば、電気モーターだけで約2kmの距離を走行することが可能です。    これらのハイブリッドシステムに加えて、専用に開発されたミシュランの転がり抵抗を低減したオールシーズンタイヤを装着。 全方位的に燃費&環境性能向上を図っています。 その結果、燃料消費量はわずか6.8L/100km(14.7km/L相当)というクラストップレベルの数値を記録しています。 CO2排出量に換算すると、わずか159g/kmという高い環境性能も誇っている。      その一方、ポルシェらしいパフォーマンスは健在で、0-100km/h加速6.0秒、最高速度270km/hを記録します。 (asahi.com)        ハイブリットでも0-100km/h加速6.0秒、最高速度270km/hΣ(・Д・)カッ!?       Σ(o゚д゚oノ)ノ凄ッ!       ツイートこの記事をつぶやく
       お好み焼きチェーン 『ぼてぢゅう』 を展開している東京フードはセルフ式讃岐うどん店を始めます。 18日に1号店を栃木県小山市に出店し、今後は商業施設を中心に5年間で50店舗に増やす計画です。        香川県の大手製粉外会社・吉原食糧と提携しました。 本場の讃岐うどんを提供して、売り上げ拡大を目指すそうです。      18日にオープンするのは 『香蔵製麺所ハーヴェストウォーク店』。      店舗面積は約40平方メートル。       基本メニューは釜揚げうどん (280円) や かけうどん (280円)、しょうゆうどん (330円) など。 月商400~500万円を見込んでいます。     麺は、業務提携した大手製麺会社の吉原食糧から麺生地を仕入れます。      同社はお好み焼きの 『ぼてぢゅう』 や焼きそば 『ぼてぢゅう屋台』 などを展開しており、今回の 「香蔵製麺所」 が4つ目の業態になります。        セルフ式うどん店はトリドールなどが店舗数を増やしています。               ツイートこの記事をつぶやく
       国内のイタリア料理チェーンがアジアでの出店を本格化します。 ドトール・日レスホールディングスはシンガポールで展開するパスタ専門店 『洋麺屋 五右衛門』 などのレストラン状態をアジア各国で増やします。 WDIもマレーシアに 『カプリチョーザ』 1号店を出店。      所得水準の向上でアジアでは欧米職が普及しており、各社は需要取り込みを狙います。        ドトール・日レスホールディングスは現在、シンガポールで 『洋麺屋 五右衛門』 を1店舗展開するが、6月に2店舗目を出店し、2012年2月期中に同国内で3店舗にします。 その他のアジア数か国にも来期中にそれぞれ2~3店出店する方針です。 現地でも日本と同様のサービスや素材、価格で提供します。 パスタなどの食材はヨーロッパから輸入して日本と同じ品質で提供します。          WDIは、パスタやピザを売り物にするカプリチョーザ1号店をクアラルンプール郊外に出店しました。 出店に先立ち、マレーシアで現地企業とフランチャイズチェーン契約を締結しました。 メニューのレシピをフランチャイズ先に供与して日本と同じ風味を維持します。 客単価は日本円で1000円前後を想定しています。 経済成長に伴い、増加する中間層の取り込みにつなげます。      カプリチョーザはアメリカ、台湾、フィリピンで合計11店舗を展開中です。 今後もアジア一帯で店舗網を広げ、グループ全体の海外売上高比率を現在の約25%から2015年には30~40%まで高める狙いです。        ワイズテーブルコーポレーションは現在、韓国でイタリア料理レストラン 『サルヴァトーレ』を2店舗展開しています。 同国内での今後の出店増に対応するため、子会社のサルバトーレ・クオモ・ジャパンの韓国の新興市場への上場も検討しています。 今後は上海、香港などにも店舗網を広げて、2012年末には20店に増やします。          イタリア料理チェーンでは国内最大のサイゼリヤが中国を中心に出店を増やし、2011年8月期末には海外で100店舗規模になる見通しです。       ツイートこの記事をつぶやく