牛飯      松屋フーズが展開する牛丼チェーン店 「松屋」 は、2011年2月14日~16日の期間限定で 「牛めし(並)」 を240円で販売します。        通常価格(320円)からの値下げ幅は80円。       牛めしの大盛や「豚汁セット」などのセットメニューも一律80円引き下げます。 松屋は、11年1月中旬にも牛丼を240円に値下げしていた。        また、2011年2月16日~3月7日にかけて、「牛焼肉定食」 や 「カルビ焼肉定食」 を140円値引く「焼肉フェア」も順次実施します。 フェア期間中の価格は 「牛焼肉定食」 が490円、「カルビ焼肉定食」 が540円になります。       ツイートこの記事をつぶやく
       アメリカ・アップルは、携帯電話機 「iPhone」 について、現行機種より小型で低価格なモデルを開発している。 ブルームバーグが10日、複数の関係筋の話として報じました。      それによると、試作品はiPhone4に比べて約3分の2の大きさ。 アメリカ国内では2年間のワイヤレス契約なしで200ドルの販売価格を検討しており、今年半ばごろの発表を模索しているが、遅れる可能性や、販売を取りやめる可能性もあるという。      アップルからのコメントは今のところ得られていない。       同社は、開発した製品を市場投入しないで終わることもよくある。 (reuteres.com)      私の i phone3G は、遅くて使えないから早く i phone4にしようと思っていたが少し待った方がハイスペック物が手に入れられそうだから・・・ 待つか!!??        アンドロイド携帯手に入れたし・・・       ツイートこの記事をつぶやく
   住生活グループはグループ企業の営業担当社員約6000人にアメリカ・アップルの多機能携帯端末 『 i pad 』 を付与します。      カタログをすべて電子化し、i pad を使った営業体制を構築します。 専門外の領域の商品についても説明できるようにします。 4月にトステムやINAXなど傘下の事業会社を統合するのに伴い営業力を強化します。      同グループではこれまでトステムが試験的に i pad を導入していたが、近くINAXなども含め本格的に導入します。      住設機器は製品の種類が多く1人で数十冊のカタログを運ぶこともあり、事業会社の統合で1人の営業員が扱う商品は更に増えます。 カタログの電子化で従来扱っていなかった商品データも持ち運べるため、工務店などの訪問先で専門外の領域についても対応できるようになります。    これまでサッシの防音性などは口頭でしか伝えられなかったが、i pad を活用することで動画を再生でき、商品の機能を効果的にアピール出来るとみています。      まずは自社グループの営業担当社員を対象として、将来は工務店やリフォーム店なども使えるようにします。 工務店は他社の製品も扱うが、営業効率が上がることをアピールし、自社製品への囲い込みにつなげます。                         ツイートこの記事をつぶやく
     英ロールス・ロイス・モーター・カーズは、ブランドのシンボルともいえるマスコット 「スピリット・オブ・エクスタシー」 の誕生100周年を記念し、ファントムのビスポークモデル 「スピリット・オブ・エクスタシー100周年記念モデル」 を発表しました。        ロールスロイス        今回の記念モデルは、限定色のエクステリアカラーやウッドパネル、レザーのオプションなどを含め、さまざまな特別仕様を施したものであり、わずか100台の限定生産となります。      とくに注目すべきなのが、フロントエンドを飾る純銀製のマスコット。      ブラックゴールドの台座には 「Spirit of Ecstasy Centenary -2011」 という刻印が刻まれ、マスコットにも6つのホールマークを刻印。そのうちの2つは、ロールス・ロイスのために特別にデザインされたものとなっている。    また、ロールス・ロイスのトレードマークであるツインのコーチラインにも 「スピリット・オブ・エクスタシー」 の小さな図案を採用。 デザイナーのチャールズ・サイクスの線画をもとに、ディテールまで丁寧に書き込まれている。      このほかにも、ロールス・ロイス伝統である「RR」のエンブレムにも新たなデザインを採用。 従来のものとは逆に、ブラッククローム地にエナメルホワイトで 「RR」 の文字が描かれている。      インテリアも特別なものとなっており、インパネにはブリタニアシルバーで縁取られたアナログ時計を採用。 センターコンソールリッドの内側にも、同車が記念モデルであることを象徴する 「Spirit of Ecstasy -One of One Hundred」 のプレートがあしらわれる。      外装色は、このモデルのために用意された 「ラプソディーブラック」 「メイデンブルー」 「エセリアルホワイトパール」 「ワイルドフラワー」の4色。 もちろんインテリアには豊富なレザー素材とインテリアカラースキームが用意され、ウッドパネルには振り谷亜シルバーのインレー(象嵌細工)もあしらうことができる。       なお、この記念モデルのオーナーには、「スピリット・オブ・エクスタシー」 の像をピアノブラックの台座に据えたディスクオーナメントを贈呈。 ロールス・ロイスCEOであるトルステン・ミュラー・エトヴェシュの署名入り証明書とともに、ひとりひとりのオーナーに贈られます。 (asahi.com)       ツイートこの記事をつぶやく