ボルボ・カーズ・ジャパンは、ミッドサイズセダンの新型 『S60』を、3月5日(土)から、全国のボルボ・ディーラーを通じて販売を開始します。                    TKY201101280116      すべてが新しい 『S60』 は、革新的なボルボらしい安全装備を搭載するほか、新開発ターボエンジンの搭載、高い走行性能と環境性能の両立などを特徴とする。 ラインアップは 『DRIVe』 をエントリーグレードに、4WDの 『T6 AWD SE』、もっともスポーティな 『T6 AWD Rデザイン』 の3モデルを用意。 375万円からという価格設定です。      まず安全性能では、“HUMAN SAFETY(ヒューマン・セーフティ)” の搭載が最大のトピックです。 このシステムは、追突警告機能付きオートブレーキを発展させたもので、前方車両だけでなく、身長80cm以上の歩行者を検知できることが特徴です。        グリル部に設置されたレーダーが前方の物体を検知し、バックミラー前方に設置されたデジタルカメラがその物体の種別を特定。 “人” と特定され、危険な状況と察知した場合には警告を発し、ドライバーの反応が間に合わなければシステムが自動的にフルブレーキをかけて減速/停止します。 これにより、時速35km以下での走行時に、歩行者との衝突を可能な限り回避し、時速35km以上での走行時でも、衝突時の速度を最大限に減速し、衝突エネルギーを軽減します。      この“HUMAN SAFETY(ヒューマン・セーフティ)”は、『T6 AWD Rデザイン』 に標準、その他グレードにオプション設定となる。      また、低速走行時に前方車両との衝突を防止する “CITY SAFETY(シティ・セーフティ)” も設定され、これは全車標準装備。 このシステムは、約6m以内にいる前方車両の状態をレーザーセンサーにより監視し、追突の危険を感知すると自動的にブレーキが作動。 車両の相対速度差が時速15km未満の場合、衝突は回避され、時速15?30kmの場合は衝突時の速度を減速することで、被害を最小限に抑える。      パワーユニットは2種類用意され、『DRIVe』に1.6リッター直噴ターボを、その他に3リッターターボを搭載する。      1.6リッター4気筒直噴ターボは新開発で、180psという2リッター並みの最高出力と、2.5リッター並みの最大トルク24.5kg-mを発揮。 その一方、このエンジンには、デュアルクラッチの6速セミATが組み合わされ、10・15モード燃費12.6km/Lという低燃費も両立。 これにより、平成17年排出ガス基準75%低減レベル(4つ星)を達成するとともに、エコカー減税に適合し、自動車重量税と取得税が50%減税される。      改良された3リッター直6ターボエンジンは、ツインスクロールターボを搭載し、わずか2100回転で最大トルクの44.9kg-mを発生。最高出力304psによる圧倒的な加速をもたらしながら、ブレーキエネルギー回生システムを採用することで、走る楽しさと環境性能を兼ね備える。      また、このパワートレーンに組み合わされる、プレチャージ式電子制御AWDシステムは、つねにホイールの回転速度、エンジンスロットル/トルクとブレーキを監視し、路面状況が変化すると自動的に走行安定性とトラクションを確保する。 トランスミッションは、6速ATとなる。      このほか、よりクイックとなったステアリングのギヤ比、ボディ剛性のアップ、アドバンスド・スタビリティ・コントロール、コーナー・トラクション・コントロールなどの採用により、ダイナミックな走りを楽しめるモデルに仕上がっている。      ボディでは、日本の駐車場事情に配慮し、専用のドアミラーステーやドアハンドルが採用され、全幅が1845mmに抑えられているのがポイントだ。      デザインは、ボルボらしい美しさと機能が融合したもので、クーペ風のルーフライン、“ダブルウェーブ”と呼ばれるフロントからリヤにかけて流れるボディラインが特徴。インテリアもスカンジナビアン・デザインが息づき、各部の仕上げや作り込み、素材にまでこだわっている。 (asahi.com)     価格は、  S60 DRIVe:375万円    S60 T6 AWD SE:519万円    S60 T6 AWD Rデザイン:579万円 です。        HUMAN SAFETY(ヒューマン・セーフティ)ってシステム凄いね~  車は、ドンドン安全な乗り物になりそうです。           ツイートこの記事をつぶやく
     中国の陳徳銘商務相は28日、2011年の同国の輸出の伸びは前年から減速し、10%前後になるとの見通しを示しました。 米欧経済の問題や新興国のインフレ上昇が要因になるとしています。        当地で開かれている世界経済フォーラムの合間にロイターのインタビューに応えた。      輸入の伸びは輸出を上回るとみられるものの、貿易黒字は維持されると指摘。 ただ、向こう5年間で黒字は縮小するとしました。      貿易黒字への対応として人民元の上昇を求める声が出ていることに対して同相は、米国など準備通貨を発行する国々が自国通貨の下落を回避する措置を講じるべきとの考えを示した。      同相は「貿易上の理由で中国に人民元の上昇を求めることは理にかなっていない」と述べた。  (reuter.com) ツイートこの記事をつぶやく
     日経MJの身につく読書のコーナーに 『任せる技術』 小倉広 著が紹介されていました。        「任せる」 ことはとても難しい。 何をやってほしいか簡潔にまとめる必要があるし、指示したり指導したりすることは手間もかかる。 また、任せた相手が失敗したら、その尻拭いもしなかればならない。     結局は、自分でやったほうが早いし、確実です。    だが、それでは、いつまでたっても自分の時間をつくれない。 新しい仕事に挑戦する時間は永久に奪われ、目先の仕事に追われることになる。 また、部下や後輩も、大きな仕事にチャレンジ出来ず、なかなか成長しないだろう。    そうした、任せることに悩む管理職やその予備軍向けに、上手な任せ方を説いたのが 「任せる技術」 です。 特に、初めて部下を持った人には、これまで経験したことのない領域であり、なかなか 『任せるのは怖い』 という人もいるだろう。     任せるということは、なにも、ほったらかしにするこではない。 定期的にチェックする仕組みをつくる。、作業だけではなく責任も任せる、ときにはガマンして手を貸さないなど、著者の体験もふんだんに紹介しながら、任せることへのハードルを低くしていく。    上手に権限を委譲することができれば、部下はやる気を持って仕事に臨めるし、上司はもうひとつの上のレベルの仕事もの安心してとりかかれる。 今すぐにでも実践したいノウハウが満載の一冊。 と、紹介されています。      先ほど、大学生のレベルが酷いことを紹介しましたが役に立つ一冊かもしれません。                ツイートこの記事をつぶやく
     日本を代表する牛丼といえば『吉野家』だ。 今では海外にも進出しており、特に中国では上海万博会場に出店するなど、意欲的にチェーン展開を広めつつある。 なによりも魅力的なのは、牛丼の味です。 他店には負けない濃厚でジューシーなその味は、食べる人を感動の渦に巻き込みます。      そんな『吉野家』に隠しメニューがあるのをご存知だろうか? 実はメニューに掲載されていない驚きのメニューが存在し、『吉野家』ツウのなかで密かに使われている専門用語によって、注文が可能なのである。 それでは、『吉野家』の隠しメニューの一部をここで紹介していきたいと思う。     <吉野家の隠しメニュー・隠し注文方法>      ・つゆだく (Tsuyu-daku)    牛丼や豚丼の汁をやや多めに入れてもらうことができる。 ジューシーな丼を食べたいときにオススメだ。 「牛丼並をつゆだくで!」と注文する。      ・つゆだくだく (Tsuyu-dakudaku)  牛丼や豚丼の汁をかなり多めに入れてもらうことができる。 実際に注文してみると、汁がお茶漬けのようにたっぷりと丼に入っているのがわかる。      ・頭の大盛り (Atama no ohmori)    牛丼や豚丼の肉を多めにし、ご飯は少なめにしたいときにこれを注文するといい。 肉が多いのでご飯が肉の隙間から見えない。 「頭の大盛りください!」 と注文する。      ・頭の特盛り (Atama no tokumori)  牛丼や豚丼の肉をかなり多めにし、ご飯は少なめにしたいときにこれを注文するといい。      ・つゆぬき (Tsuyunuki)  牛丼や豚丼に汁を入れない注文方法。 純粋に肉とたまねぎの味を堪能したいときや、カロリーが心配なときに丁度いい。 「牛丼並をつゆぬきで!」と注文する。      ・肉下 (Niku-shita)  まず最初に牛丼や豚丼の肉を丼に盛り、その上にご飯を盛ってくれる。 つまり、いつもとは逆さまの順番で盛られた牛丼や豚丼が出てくる。 見た目的にもややインパクトが強い。 「牛丼並を肉下で!」と注文する。      ・つめしろ (Tsume-shiro)  牛丼や豚丼のご飯を冷たい状態で食べることができる。 常温で冷やすため、注文してから出されるまで4~6分ほど時間がかかる。 肉の温度はそのままなのでご安心を。 「牛丼並をつめしろで!」と注文する。      ・とろだく (Toro-daku)  牛丼や豚丼に脂身の多い肉を多めに入れてもらえる。 カロリーは高めになりそうだが、そのぶん濃厚な肉の脂身がジューシーに口の中でとろけ、いつもとは違った『吉野家』の丼を体験できるはずだ。「牛丼並をとろだくで!」と注文する。      ・お湯割り (Oyuwari)  味噌汁にお湯を多く入れ、味を薄くしてもらえる。 量は増えるが、価格は同じ。 しかし味が薄い。 味噌汁の味が濃いと思っていた人は、お湯割りに挑戦してみよう。 「味噌汁をお湯割りで!」と注文する。      上記で紹介した隠しメニューは、『吉野家』がお客に対して好意でやっているものであり、必ずしもすべての店舗でできるとは限らない(注文を受け付けてもらえなかったとしても怒らないように!)。 お客が多く、忙しい時間帯などは手間のかかる注文をするのは避けたいところだ。 上記の隠しメニューの一部に関して詳しく教えてくれた『吉野家』に感謝したい。      また、他にも『赤多め』や『とろぬき』、『ねぎだく』、『ねぎぬき』などの隠しメニューがあるが、気になるならばチェックしてみるといいかもしれない。 ちなみに、『ねぎだく』 や 『ねぎぬき 』などの隠しメニューは非常に手間がかかるため、やっていない店舗がほとんどなのでご注意を(やっていたとしたら店舗の好意と考えよう。『つめしろ』など店舗限定の隠しメニューも存在する)。  (mycom.co.jp)      確か? 『ねぎだく』 って築地の吉野家で築地の舌の肥えた人たちに愛されているよなことをいっていたな~  しかも、たまねぎだけの丼もオーダー出来るようですよ。             ツイートこの記事をつぶやく
     ロッテリアは2月1日、地域限定バーガー3種を「ロッテリア」店舗にて発売します。 発売されるのは 「足柄まさカリーバーガー」 (静岡・駿東群「EXPASA 足柄店」限定)、「はかた地どり明太高菜バーガー」 (佐賀・三養基郡「基山パーキングエリア上り線店」、福岡・筑紫野市「基山パーキングエリア店」限定)、「黒田庄和牛メンチカツバーガー」 (兵庫・三木市「三木サービスエリア店」限定)。                   バーガー            「足柄まさカリーバーガー」(単品400円)は、足柄地方の「金太郎」にちなみ、金太郎の象徴「マサカリ」と、金太郎の子供である金平からカレー風味のキンピラゴボウを使ったバーガーに仕上げた。 鶏つくねもサンドしています。 販売期間は4月下旬まで(ただし、なくなり次第終了)。      「はかた地どり明太高菜バーガー」(単品480円)は、はかた地鶏のムネ一枚肉のカツ、博多産明太子で和えた長崎五島産高菜を具材としています。 販売終了日は未定です。       「黒田庄和牛メンチカツバーガー」(単品580円)は黒田庄和牛を使ったメインカツをメイン具材に使い、とんかつソースで味付けをした。 こちらも販売終了日は未定だそうです。               ツイートこの記事をつぶやく
     ロイヤルホールディングスは、動画中継サイト 『ユーストリーム』 を使った販売促進活動を本格化します。 月1回のペースで著名人に主力のフェミーリーレストラン 『ロヤルホスト』 について語ってもらう番組を配信します。      参加の天丼店 『てんや』 などのメニュー紹介の番組も流すことも検討しています。 ネット上の口コミを通じて、店舗ブランドや商品の知名度向上を狙います。      『ロイヤルチャンネル』 という番組名で、ユーストリーム上で放映します。 1回目は今月13日午後8時から90分間の番組を配信しました。 騎手の後藤浩輝氏を招いて、ロイヤルホストの利用の仕方などについて語ってもらいました。 2月以降も月1回のペースで著名人を招き、ロイヤルホストについて語ってもらう60~90分程度のベン組を配信します。       これとは別に天丼店 『てんや』、ビザレストラン 『シズラー』 といったグループ各社の情報についてユーストリームで放映する予定です。      番組は外部企業の協力を得て自社で制作します。 1番組あたりの製作費は非公開ですが、高価な放送機材も必要なく、テレビCMに比べて予算を抑えられるという。       『ユーストリーム』 は動画の七中継や、あらかじめ作成した動画を決められた時間のみに配信することができるサイトです。 特定の時間のみに配信することで、ネットをよく利用する情報感度の高い人にミニブログ 『ツイッター』 上に感想を書き込んでもらうことで、口コミ情報が広まりやすくなるとみています。             ツイートこの記事をつぶやく
     茨城の友人から 『桜川浮島蓮根』 を頂きました。  それが、半端ないほどの量です。                110128_104532      “ありがとうございます”      箱を開けてみると                 110128_103325      こんなまるまる太った蓮根が現れました。         煮つけか、きんぴら、辛子蓮根にしてもまだまだ余りそうです。      送ってくれた友人からは、「無漂白ですから、安全です。 それに蓮根は花粉症に効くから、今は蓮根が品薄になっているそうです。 無漂白だから皮付きのまま調理しても大丈夫です」 との情報です。        蓮根は切って覗くと   110128_103343   先が見通せるから縁起物の野菜ですから、良いことあるかも・・・ ^^      ありがとうございました。  会社のメンバーで美味しく頂きます。       ツイートこの記事をつぶやく
   
 SUVの 『カイエン』 に続いて、4ドアスポーツの 『パナメーラ』 とラインナップを拡大中のポルシェ。 そのポルシェが、新たな入門モデルを計画しているらしい。    これは26日、『オートモーティブニュース』 の欧州版が伝えたものです。      同メディアの取材に応じたポルシェのマティアス・ミューラーCEOは、「販売台数を増やすには、新型車の投入が欠かせない。 我々は、現行ラインナップにはない新セグメントに挑戦するつもりだ」 と語ったそうです。    すでにポルシェは、小型SUVの 『ケイジャン』 の開発を公言している。 では、同CEOの言う「新セグメント」とは何か。    同メディアは、『ボクスター』 の下に位置する入門ロードスターとレポート。 このロードスターは、フォルクスワーゲンやアウディと車台を共用し、エンジンは4気筒を積むと報じていいます。    ポルシェは中期的に、世界販売を現在の2倍に当たる年間15‐25万台へ引き上げる構想。 この計画を実現するには新たなエントリーモデルが大きな役割を果たすと思われる。 同CEOは、「3月末までに、結論を出す」 と同メディアに話している。 (response.jp)      
ツイートこの記事をつぶやく
     就職「新氷河期」なのに危機感ゼロ。 マナーも知性も常識も失った、最新の仰天学生の言動を大学ジャーナリスト・石渡嶺司氏がレポートする、という記事。      この10年ほど、大学教員に対する講義評価が強まったことから学生の出席率を上げるため、出席点を重視する講義が増えている。 だから、学生は講義には一応出席する。 しかし、出席しても講義を真剣に聞かないから、それはそれでタチが悪い。      これも昔と違うが、今は学内にネット環境が整っている。 無線LANが整備された教室で、講義とは関係のないサイトを見て暇を潰す、「教室のネットカフェ化」は当たり前。 揚げ句に出席を取る直前になると、教室に来ていない友人にメールなどで「そろそろ出席取りそう」と連絡を回す。      「そもそも基礎知識がないから講義を進めたくても基礎の説明だけで終わってしまうことが多い」 こう憤る教員も少なくない。      「為替を 『タメガエ』 と読んだ学生がいて、当然意味がわかっていない。 一応、経済学部ですよ。 どうしようかと頭を抱えた」 (経済学部教員)      「3000円の商品、600円引きで販売。割引率は? と聞いたところ、わからないと答える学生が続出。 そんな私の担当科目は統計学です」 (社会学部教員)      数学というより、簡単な計算問題もできない。    「5+3×2をみんな『16』と答えます……。掛け算を先に計算する、というルールを忘れた学生がうちの大学では多数派」(私立女子大教員)  (news-postseven.com)          これは、酷い一例だろうけどこんな学生を採用はしたくないね!!??         ツイートこの記事をつぶやく
     神田警察通りを歩いているとき侍の姿をして 「佐世保バーガーです。 テイクアウトも出来ます」 ってチラシを配っていました。      「頂戴!!」 ってチラシ貰ってみました。                  110127_110919      このチラシに、佐世保バーガーの特徴は、オーダーを頂いてから丁寧に焼き上げます。 素材にこだわり、一口食べたときに一体となる味の調和を最も大切にしています。 素材がいいだけなら別々に食べれば良い。 重ねて食べることで、全部が混ざり合って10倍100倍と美味しくなるからハンバーガーの意味がある。 となっています。      それに、『遅くて・・・高い・・・ 』ってはっきり明記しています。      メニューをみると、      佐世保バーガー (レギュラー)・・・・・・・・・・・・   690円    佐世保バーガー (ジャンボ)・・・・・・・・・・・・・   1,380円    アボカドチーズバーガー・・・・・・・・・・・・・・・・・     780円    アボガドバーガー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     680円    スペシャルチーズバー・・・・・・・・・・・・・・・・・・    680円    スパイシーチーズバーガー・・・・・・・・・・・・・・・    630円    ベーコンチーズバーガー・・・・・・・・・・・・・・・・・    650円    スパイシーバーガー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    580円    チーズバーガー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    550円    ハンバーガー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    500円     この中で一番人気は佐世保バーバーらしい。。      場所は、千代田区内神田3-24-5  神田シティホテル1階        電話  03-5256-8099        営業時間  11:00~23:00        定休日   日曜日      近いうちに食べに行ってみよう!!        ツイートこの記事をつぶやく
Page 2 of 15«12345»10...Last »