2011,01,31

ロックウェーブ 携帯サイトからスマートフォンに自動変換ソフトを開発。

     ソフト開発のロックウェーブは、携帯電話サイトをスマートフォンで操作しやすいように自動変換するソフトを開発しました。    同社の携帯電話向け通販サイト構築サービス 『ai ship (アイショップ)』 導入企業向けに2月初めから提供します。 中小企業を中心に売り込み、アイショップの利用拡大につなげます。    携帯電話サイトで使われる HTML  を 『CSS』 や 『ジャバスクリプト』 を用いて、自動的にスマートフォン向けに最適化したサイトに作り変えます。 タッチ操作でスムーズに画面をスクロールできるようになるほか、タッチしやすいようにリンク部分を自動的にボタンのようなデザインに変えることができます。    スマートフォン向けサイトを作成するには50~100万円の費用がかかるほか、更新作業などで人件費や運用費用もかかります。 携帯電話サイトを持っていれば、新たにスマートフォン向けサイトを作成する必要がなくなり経費削減につながります。      アイショップは月額9800円のクラウド型サービスで同社の主力製品です。 新機能の拡販などで2014年9月期をめどに、2010年9月期10倍の10億円の売り上げを目指します。       ツイートこの記事をつぶやく