昭和30年代の日本の街並みをありありと描いた映画「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズの第3弾「ALWAYS 三丁目の夕日‘64」の製作が20日発表され、東京五輪開催の1964年を舞台としたシリーズ初の3D映画となることが明らかになった。 すでに撮影に入っており、4月のクランクアップを予定。12年の公開を予定している。                        オールウェイズ      1作目の「ALWAYS 三丁目の夕日」は05年11月の初公開から異例のロングランヒットを記録し、日本アカデミー賞をはじめ数多くの賞を獲得。 2年後には続編「ALWAYS 続・三丁目の夕日」が公開され、第1作を上回る大ヒットとなった。 今作は、前作から5年後が描かれ、登場人物たちの人情味あふれるやりとりはもちろん、3D技術を交えてまだ人々の記憶に残る時代を、立体的に再現するというプロジェクトに挑んでいる。 原作は西岸良平さんのマンガ「三丁目の夕日」(小学館「ビッグコミックオリジナル」連載中)。 コミックは現在、58巻まで出ており、関連本の総発行部数は1500万部を超えるベストセラーとなっている。      3作目の舞台は東京五輪開催の64年。 開催国となった日本は、高度経済成長のまっただ中にあった。 しかし「夕日町三丁目」には、以前と変わらぬ風景が広がっている。 もうすぐ家族が1人増える予定の「茶川家」、事業も快調で“日本一の会社にする”夢にまっしぐらの「鈴木オート」など、住民たちは、それぞれににぎやかな日常を過ごしている。      また今作では、VFX技術の第一人者で前2作を大ヒットに導いた山崎貴監督が、「アバター」(09年)と同じ「リアル3D」での撮影を敢行。 3D映像として三丁目の街並みや大通り、東京タワーに加え、五輪開会式の飛行機雲や当時開通したばかりの「東海道新幹線」も登場する。測量技術の専門家によるセットの三次元スキャニングも行われ、現場では監督以下スタッフ陣が3D眼鏡をかけて綿密なモニターチェックを行いながら、撮影を進めているという。      “三丁目の人々”を演じるのは、吉岡秀隆さん、堤真一さん、小雪さん、堀北真希さん、もたいまさこさん、三浦友和さん、薬師丸ひろ子さんといったシリーズでおなじみの面々。 さらに個性豊かな新キャストも加わる予定という。      クランクインにあたって茶川竜之介役の吉岡さんは「東京五輪に沸いた64年の三丁目に行けること、うれしくも身の引き締まる思いです」とコメント。 茶川からプロポーズを受けた後、失踪するなど物語をかき回してきたヒロミ役の小雪さんは「あの、ALWAYSがまた、皆さんの心に帰ってきます。 今回も、三丁目で繰り広げられるさまざまな人間模様を、スタッフ一同、丁寧に描いていきたいと思っています」と意気込みを語っている。 また、堤さんは「鈴木オートは永久に不滅です」、薬師丸さんは「鈴木オートは1964年も笑いにあふれパワー全開です」と話しており、2人は今作でもバイク店を営む夫婦役で登場する。      このほか、青森から集団就職でやってきた女学生・星野六子役の堀北さんは「三丁目の温かい人たちの中で成長した六ちゃんを皆さんに見ていただけるよう、頑張りたいと思います」と抱負を語っており、町医者の宅間先生を演じる三浦さんは、「三丁目の子どもたちも思春期となり、宅間先生もアクマと呼ばれなくなりました。さて、いよいよ東京オリンピックです。夢と希望に燃えていたあのころの日本。お楽しみに」とPRしている。(mainichi.jp)            ツイートこの記事をつぶやく
     北方領土や竹島といった日本固有の領土に本籍を移す人が、徐々に増加していることが分かった。 法務省では、「領土問題への関心からと推測できる」 としています。      こうした島々には住めないものの、住所とは違ってどこにでも本籍は置ける。    北方領土の場合は、歯舞群島を除くと1953年に戸籍が20軒、44人だったが、07年11月末には62軒、118人に。さらに、10年12月末現在で67軒、133人に増えているそうです。 管轄する北海道根室市の市民環境課が、取材に対し明らかにしたものです。      増加の理由は、島民団体を中心に、日本の領土であることを示そうと本籍を移す運動を続けてきたことが大きいという。 最近は、領土問題がマスコミで取り上げる機会も増え、関心が高まっているとしている。  
「私の本籍は尖閣諸島です」  
   国際情報誌「SAPIO」2011年1月26日号の巻頭グラビアには、島の写真とともに、こんな宣言が大きく出ている。                サピオ        その主は、南西諸島安全保障研究会副理事長の奥茂治さんだ。 顔写真も付いており、尖閣問題がクローズアップされる中で、強い主張が感じられる。 そこでは、尖閣に本籍を置く人々は約20人と明記しました。        SAPIOでは、領土問題が話題になる北方領土、沖ノ鳥島、竹島についても同様に、本籍を置く人々をグラビアで紹介しています。         竹島では、国会答弁によると、本籍を置く人は2005年に26人を数えました。 それが、SAPIOを紹介したNEWSポストセブン・サイトの11年1月19日付記事によると、08年には39人、そして、10年11月末には約50人に増えているそうです。      竹島が行政区域にある隠岐の島町では、島ごとに戸籍数を調べていないとしているが、増えている可能性はあるとみる。 総務課の担当者は、「本籍を移した人に直接聞いたことはありませんが、領土問題への関心から個人の意志で移したのだと思います」 と話す。 テレビなどで問題が取り上げられると、問い合わせがあることもあるという。        沖ノ鳥島が行政区域にある東京都小笠原村では、地区別の統計は取っていないとしているが、領土問題が報じられるにつれ徐々に増え、200人ぐらいはいる可能性はあるという。 ただ、村民課では、「郵便物も船便しかありませんので、島に本籍を置くと不便なことを覚悟しないといけません」 と話しています。        尖閣諸島に本籍を置く人は、沖縄県石垣市がその数を明かしていないが、同市によると、国会答弁で約20人いることが明かされました。 数は、横ばい気味で推移しているというが、尖閣問題もあって、関心は高まっているようだ。        法務省の民事第1課では、本籍を置く人が増えているかどうかは把握できていないとしたうえで、「増加したとすれば、領土問題への関心からと推測できるでしょう」と話しています。 (j-cast.com)             ツイートこの記事をつぶやく
            アストンバンテージ      アストンマーチンから、V8 Vantage Sというモデルが発表されたよです。      エンジンはV8エンジン、排気量は4.7Lと変わりませんが、出力が430bhp&490Nmとなっています、10bhpと20Nmの出力アップをはたしていすそうです。      加速性もアップしていて、その加速性能を大きく引き上げるのがギアボックスの7速化。    ギアの段数が多くなったことでクローズレシオ化がなされ、さらに最終減速比も大きくなっているらしい(●-`ω-)b ZO!    当然加速性能はアップしているはず。      クラッチはシングルのままですが、ケーシングのコンパクト化により1つギアが増えたにも関わらず、V8 Vantageのスポーツシフトに比べV8 Vantage SのスポーツシフトⅡは24kgの軽量化を果たしているそうです。    スポーツシフトⅡについてはアストンマーティン自身が 「シングルクラッチの2ペダルMTとしては世界最高だ」 と言っているので、相当良い出来であることが期待できます。      車両重量全体で見てもV8 Vantage Sは30kgの軽量化を果たしています。 24kgがトランスミッション、6kgはブレーキの変更やカーボンファイバーの採用などで軽量化が実現。      30kg軽いと燃費の改善されるし早いんだろうな~~      エクゾーストマフラーもVantage S独自のものとなるらしいですが、V12 Vantageのシステムをベースにしているそうですから良い音に違いないはずです。       V12の音は、迫力あるんだよ!!       基本的にはV8とV12は違うけど。。         ツイートこの記事をつぶやく
                アイティオール(東京・港区)は、経営者のブログやツイッターの記事を集約するメディア 「経営者ネット」 を2011年1月27日にオープンしました。                    経営者        現在、多くの会社経営者がブログとツイッターの両方をしているが、「経営者ネット」では別々に参照することなく、両方の記事を時系列に閲覧できるようになっている。        登録はアイティオール社からの招待のほか一般登録も可能で、経営者(社長、取締役、個人事業主など)であれば登録無料です。        これ登録しよう(´・_・`。)ヵナァ・・       ツイートこの記事をつぶやく
     茨城の知人から頂いた 「桜川浮島蓮根」 をみんなで分け合って社員は結構な重みにかかわらず持ってかえったようです。  金曜日にひとり残り仕事をしていると21:00を過ぎ ”もう、帰ろう。 しかし、蓮根を持って帰ろうか?  重いから置いて帰ろうか?  結局、置いていくこと” にして喉も渇いてからラブリーのかぶきへ。                            100521_204115      ラブリー 「何ェェ(゚Д゚)ェェ 仕事していたの??」    「一応な!?  やる時はやるんだよ(*`Д´*)  朝さばいていた水タコ頂戴よ 」      ってカウンターに出てきたのが        110128_211628      この水タコにワサビを乗せて    110128_211942        ”ゴマ塩” を付けて   110128_212032   こんなかんじで食べるんだ。。        これが、美味いんだヨッ!!    お醤油とは違う味わいでいただけますからお試しあれ!!      足の身もイイけどもっと美味しいのが吸盤   110128_212119   この吸盤は、コリコリで美味しいんだ。         そうだ。  ここでお酒を紹介   110127_195835   鹿児島の 『国分』  後味が芋の特長の甘さが感じられます。         お造りの次に、『水タコの天ぷら』                 110128_211705    ラブリー 分かってるね!!  吸盤多めに天ぷらにしてくれています ^^        天ぷらの吸盤は、大きめのプリッとした食感が美味しいです ^^      ラブリーから、「ブログもたけど蓮根持ってないけど持って帰らないの??」      「それが、重いから会社に置いてきたんだ!  持ってくるから何か作ってくれる??」      「イイですよ ^^ 」    っていうから・・・  会社に戻って取ってきました  110128_214714  蓮根。      立派な蓮根です。        ラブリー 「きんぴらと天ぷらにしましょう」        「任せるから作ってよ」       「これは、凄くイイ蓮根ですよ。 生でも食べれます」      「工工工エエェェ(゚Д゚)ェェエエ工工工 ホントかよ」    「食べてみてください」  って  110128_214551   食べてえ見るとね、果物の梨を食べているようです。 汁が甘くてびっくりですよ。  (後ろ姿が私のブログに登場するラブリー)       先ずは、       110128_215304      美味しそうに蓮根の天ぷらにが出来あがりました ^^        110128_215347    “シャキシャキ” していますね。        ラブリー曰く市場に出ていないから時間が経っていないからこれだけのシャキシャキ感がるんです。 とのこと。      お次は、「蓮根のきんぴら」                 110128_215447      この蓮根のきんぴらもシャキシャキです。         この夜も美味しく頂きました。        みんなこの美味しい蓮根で何か作って食べただろうか!?                  ツイートこの記事をつぶやく
     ボルボ・カーズ・ジャパンは、ミッドサイズセダンの新型 『S60』を、3月5日(土)から、全国のボルボ・ディーラーを通じて販売を開始します。                    TKY201101280116      すべてが新しい 『S60』 は、革新的なボルボらしい安全装備を搭載するほか、新開発ターボエンジンの搭載、高い走行性能と環境性能の両立などを特徴とする。 ラインアップは 『DRIVe』 をエントリーグレードに、4WDの 『T6 AWD SE』、もっともスポーティな 『T6 AWD Rデザイン』 の3モデルを用意。 375万円からという価格設定です。      まず安全性能では、“HUMAN SAFETY(ヒューマン・セーフティ)” の搭載が最大のトピックです。 このシステムは、追突警告機能付きオートブレーキを発展させたもので、前方車両だけでなく、身長80cm以上の歩行者を検知できることが特徴です。        グリル部に設置されたレーダーが前方の物体を検知し、バックミラー前方に設置されたデジタルカメラがその物体の種別を特定。 “人” と特定され、危険な状況と察知した場合には警告を発し、ドライバーの反応が間に合わなければシステムが自動的にフルブレーキをかけて減速/停止します。 これにより、時速35km以下での走行時に、歩行者との衝突を可能な限り回避し、時速35km以上での走行時でも、衝突時の速度を最大限に減速し、衝突エネルギーを軽減します。      この“HUMAN SAFETY(ヒューマン・セーフティ)”は、『T6 AWD Rデザイン』 に標準、その他グレードにオプション設定となる。      また、低速走行時に前方車両との衝突を防止する “CITY SAFETY(シティ・セーフティ)” も設定され、これは全車標準装備。 このシステムは、約6m以内にいる前方車両の状態をレーザーセンサーにより監視し、追突の危険を感知すると自動的にブレーキが作動。 車両の相対速度差が時速15km未満の場合、衝突は回避され、時速15?30kmの場合は衝突時の速度を減速することで、被害を最小限に抑える。      パワーユニットは2種類用意され、『DRIVe』に1.6リッター直噴ターボを、その他に3リッターターボを搭載する。      1.6リッター4気筒直噴ターボは新開発で、180psという2リッター並みの最高出力と、2.5リッター並みの最大トルク24.5kg-mを発揮。 その一方、このエンジンには、デュアルクラッチの6速セミATが組み合わされ、10・15モード燃費12.6km/Lという低燃費も両立。 これにより、平成17年排出ガス基準75%低減レベル(4つ星)を達成するとともに、エコカー減税に適合し、自動車重量税と取得税が50%減税される。      改良された3リッター直6ターボエンジンは、ツインスクロールターボを搭載し、わずか2100回転で最大トルクの44.9kg-mを発生。最高出力304psによる圧倒的な加速をもたらしながら、ブレーキエネルギー回生システムを採用することで、走る楽しさと環境性能を兼ね備える。      また、このパワートレーンに組み合わされる、プレチャージ式電子制御AWDシステムは、つねにホイールの回転速度、エンジンスロットル/トルクとブレーキを監視し、路面状況が変化すると自動的に走行安定性とトラクションを確保する。 トランスミッションは、6速ATとなる。      このほか、よりクイックとなったステアリングのギヤ比、ボディ剛性のアップ、アドバンスド・スタビリティ・コントロール、コーナー・トラクション・コントロールなどの採用により、ダイナミックな走りを楽しめるモデルに仕上がっている。      ボディでは、日本の駐車場事情に配慮し、専用のドアミラーステーやドアハンドルが採用され、全幅が1845mmに抑えられているのがポイントだ。      デザインは、ボルボらしい美しさと機能が融合したもので、クーペ風のルーフライン、“ダブルウェーブ”と呼ばれるフロントからリヤにかけて流れるボディラインが特徴。インテリアもスカンジナビアン・デザインが息づき、各部の仕上げや作り込み、素材にまでこだわっている。 (asahi.com)     価格は、  S60 DRIVe:375万円    S60 T6 AWD SE:519万円    S60 T6 AWD Rデザイン:579万円 です。        HUMAN SAFETY(ヒューマン・セーフティ)ってシステム凄いね~  車は、ドンドン安全な乗り物になりそうです。           ツイートこの記事をつぶやく
     中国の陳徳銘商務相は28日、2011年の同国の輸出の伸びは前年から減速し、10%前後になるとの見通しを示しました。 米欧経済の問題や新興国のインフレ上昇が要因になるとしています。        当地で開かれている世界経済フォーラムの合間にロイターのインタビューに応えた。      輸入の伸びは輸出を上回るとみられるものの、貿易黒字は維持されると指摘。 ただ、向こう5年間で黒字は縮小するとしました。      貿易黒字への対応として人民元の上昇を求める声が出ていることに対して同相は、米国など準備通貨を発行する国々が自国通貨の下落を回避する措置を講じるべきとの考えを示した。      同相は「貿易上の理由で中国に人民元の上昇を求めることは理にかなっていない」と述べた。  (reuter.com) ツイートこの記事をつぶやく