ポルシェは、主力モデルの911に限定モデルの『911ブラック エディション』を設定し、2011年春から世界各国のマーケットに順次導入します。  『911ブラック エディション』は、345psの3.6リッターエンジンを搭載する911カレラ(クーペ&カブリオレ)をベースに、その名のとおり全身をブラックで統一。 標準のボディカラーはソリッドブラックで、オプションでバサルトブラックメタリックを用意するほか、カブリオレのソフトトップもブラックとなる。              911限定      また、足元にはツートンカラーの19インチ911ターボII ホイールが装着され、これがエクステリアのカラーアクセントになっている。 このホイールから見える対向4ピストン アルミ製モノブロックキャリパーも、当然ながらブラックに仕上げられている。        もちろんインテリアもブラックで統一され、パーシャルレザーシートやスポーツデザイン ステアリングホイールを標準装備。さらに、メーターパネルもブラックとなる。ただし、ダッシュボードの装飾トリムや、シフトレバー、エアベントは、アルミニウムルック仕上げが施され、ブラックとのコントラストを作り出し、精悍でスポーティなインテリアを演出している。        さらに、ステンレススチール製ドアエントリーガードに“Black Edition”のロゴが黒字で刻まれるほか、グローブボックスリッドにシリアルナンバー入りのプレートが取り付けられるのも特徴となる。      装備面では、特別にチューニングが施されたBOSEサラウンドサウンドシステムを標準装備。このシステムは、アクティブサブウーファーとセンタースピーカーを含む合計13個(カブリオレでは12個)のスピーカーと、総出力385Wの7チャンネルデジタルアンプを備える。このほか、パークアシストシステムやクルーズコントロール、自動防眩ルームミラー/ドアミラー、レインセンサーなども標準装備する。      パワーユニットは911カレラと同様で、3.6リッター水平対向6気筒エンジンに、6速MTまたはPDK(ポルシェ・ドッペルクップルング)を組み合わせる。そのパフォーマンスは、最高速289km/h、0-100km/h加速4.9秒(カブリオレ5.1秒)を記録。その一方で、10.3L/100km(クーペ)という燃費性能も兼ね備えている。      また、スポーツクロノパッケージ・プラスや、ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)、車高を20mm低くしてリミテッド・スリップ・リアディファレンシャルを装備したPASMスポーツシャシー、制動力をいちだんと高めるポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキ(PCCB)が、オプションで用意されている。      なお、この『911ブラック エディション』は、1911台限定生産となります。 (asahi.com)       ツイートこの記事をつぶやく