アメリカ・グーグルが1月初旬時点でのAndroid端末のバージョン別ユーザーシェアを発表しています。    同社が1月4日時点で集計したデータによれば、最大勢力がv2.2の51.8%で、次いでv2.1の35.2%、最新のv2.3 “Gingerbread”もすでに0.4%のシェアを獲得していることがわかります。      これは、アクティブなAndroidデバイスからの接続情報を基にGoogleが集計を行っているもので、Androidの世界における実際のシェアがよくわかるデータとなっている。 旧バージョン(Android 1.5 “Cupcake”、Android 1.6 “Donut”)のユーザーが1割程度いる一方で、新バージョン(Android 2.1 “Eclair”、Android 2.2 “Froyo”)がおよそ9割近くと大多数を占めていることがわかる。 Android 2.x世代以降に流入してきたユーザーが多数いるほか、旧バージョンであっても新バージョンへのアップデートが随時進んでいる様子がうかがえる。また現時点ではNexus S以外の製品では搭載された形で正式発売されていないAndroid 2.3 “Gingerbread”だが、すでに0.4%のシェアを獲得している。         アンドロイド      またGoogleでは7月1日から1月1日までのバージョン別推移のグラフも紹介している。 夏以降にAndroid 2.2ユーザーが急増し、旧ユーザーが少しずつ割合として減っていることがわかる。      これらデータが提供される目的は、アプリ開発者らがAPIレベルをどれに設定すれば、どの程度のユーザー数をカバーできるかを示す目的がある。 つまり、現状ではAndroid 2.1以上のプラットフォームをサポートするようにすることで、(個々の互換性問題を除けば)全体の約9割のユーザーをカバーできるということになる。 また2011年第1四半期中にはAndroid 3.0 “Honeycomb”が登場することになり、その次には”I”のコードネームで始まるAndroid 3.xが登場することになるだろう。 これだけ進化速度が速いAndroidでありながら、現時点では比較的新バージョンへの浸透が進んでいるといえるかもしれない。 (mycom.co.jp)       ツイートこの記事をつぶやく
     ローソンは2011年6月30日までの期間限定で、ライブドアの位置情報共有サービス 『ロケタッチ』 を利用した、『タッチで集める!シール50枚の旅』 キャンペーンを開催しています。        『からあげクン』 の発売25周年を記念したもので、ローソン来店時に 『ロケタッチ』 で『タッチ』 すると 『からあげクン』 シールをもらえ、取得枚数に応じて商品があたる抽選を行います。 シールの種類は歴代の 『からあげクン』 をもとにした50種。 シール10枚でパナソニックのイオンスチーマーが、25枚でiRobotロボット掃除機 『ルンバ527』 が、すべてのシールを集めるとオリジナルプリペイドカード5000円分が当たる抽選に応募できるそうです。       ツイートこの記事をつぶやく
     パナホームと東京電力は、オール電化住宅に実際に住んで体験してもらおうと、入居期間を2~4週間に設定した賃貸住宅の運営を始じめます。 住宅は東京都三鷹市に建設する計画で、入居者を募集している。 これまでもオール電化のキッチンなどを体験できるショールームはあったが、住んで体験できるのは全国初の試みという。      居室はLDK~2LDKの全10戸。電気を使うIHクッキングヒーター(電磁調理器)や高効率給湯器などが設置され、共同で使える電動アシスト自転車5台も置きます。 家具や調理器具、食器なども完備し、身軽に入居できるようにしています。      入居者は20~35歳の女性に限るそうです。 費用は2週間で2万8千~5万2500円(共益費込み)。 空きがあれば、入居期間を4週間よりも延長することができる。 入居開始は6月1日から。 先着順でホームページ(www.lacine.jp)で受け付けます。 ツイートこの記事をつぶやく
     メルセデス・ベンツ日本は14日、自動車誕生125周年を記念し、“Cクラス”に特別仕様車を設定し、発売した。      今回発売される特別仕様車は、“C200 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド 125!エディション”、“C200 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド 125!エディション”、“C250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド 125!エディション”の3モデル。 それぞれにセダンとステーションワゴンが設定されています。       ベンツC200        C200 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド 125!エディション(セダン/ステーションワゴン)には、外装にAMGスタイリングパッケージや17インチAMG 6ツインスポークアルミホイール、”Mercedes-Benz”ロゴ入りブレーキキャリパー&ドリルドベンチレーテッドディスク(フロント)が装備される。また、内装には、前席スポーツシート(レザーツイン)、パドルシフト付本革巻3本スポークステアリングやステンレスアクセル&ブレーキペダルを採用。通常は設定のないスポーツサスペンションも装備される。これら25万円相当分の装備が施されながら、価格はベースモデルの13万円の設定とされた。販売台数は、セダン/ステーションワゴンあわせて380台。      C200 CGI ブルーエフィシェンシー 125!エディション(セダン/ステーションワゴン)には、LEDドライビングライト、ヘッドライトの照射をコントロールし、夜間走行時の被視認性を高める可変式ヘッドライトシステム“インテリジェントライトシステム”、バイキセノンヘッドライト&ヘッドライトウォッシャー、8ウェイパワーシート(前席)などが装備される。これら24万円相当分装備が施されながら、価格は5万円高に設定される。販売台数は、セダン/ステーションワゴンあわせて250台。      C250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド 125!エディション(セダン/ステーションワゴン)は、外装にAMGスタイリングパッケージや、通常は上級モデルでのみ選択可能な18インチAMG 5ツインスポークアルミホイール、”Mercedes-Benz”ロゴ入りブレーキキャリパー&ドリルドベンチレーテッドディスク(フロント)を装備。内装には、前席スポーツシート(レザーツイン)、パドルシフト付本革巻3スポークステアリングやステンレスアクセル&ブレーキペダルを採用。スポーツサスペンションも装備される。これら35万円相当分の特別装備が与えられながら、価格はベースモデルの13万円高に設定された。販売台数は、セダン/ステーションワゴンあわせて20台。 (asahi.com)      価格は、以下のとおり。      ☆セダン ・C200 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド 125!エディション:505万円 ・C200 CGI ブルーエフィシェンシー 125!エディション:445万円 ・C250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド 125!エディション:580万円      ☆ステーションワゴン ・C200 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド 125!エディション:526万円 ・C200 CGI ブルーエフィシェンシー 125!エディション:465万円 ・C250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド 125!エディション:600万円   となっています。       ツイートこの記事をつぶやく