アウディジャパンは2011年1月11日、サブコンパクトセグメントのニューモデル「A1」を発表しました。      アウディ       ■小さなボディにアウディらしさを凝縮    アウディのラインナップのなかで、最も若い数字が与えられた「A1」は、文字どおりアウディの新しいエントリーモデルとして誕生したコンパクトカーだ。 「A3スポーツバック」よりもさらに小さい3970mmの全長と3ナンバーサイズのワイドなボディに、ひと目でアウディとわかるフロントマスクとアーチ状のルーフラインを手に入れたA1は、ボディサイズとは裏腹に非常に強い存在感を放つ。 航空機をイメージしたというインテリアはアウディらしい上質さにあふれ、また最新のHDDナビゲーションシステムを標準装着するなど、“小さな高級車”にふさわしい内容に仕上がっている。      パワートレインには、1.4リッター直噴ターボ(122ps)とデュアルクラッチギアボックスの7段Sトロニックを採用し、前輪を駆動する。 日本で販売されるアウディとしては初めて、アイドリングストップ機構を搭載し、19.4km/リッターの10・15モード燃費を達成。エコカー減税(50%減税)対象車となった。      ラインナップは、ベースモデルの「1.4 TFSI」(289万円)に加えて、スポーツシートやスポーツサスペンション、16インチタイヤなどのオプションをひとまとめにした「スポーツパッケージ」装着モデル(15万円高)、さらに専用エアロキットや17インチタイヤを上乗せした「コンペティションパッケージ」装着モデル(スポーツパッケージとあわせて44万円高)を選ぶことができる。 なお、A1の後席は二人分で、乗車定員は4名となる。       ■個性派に“コントラストルーフ”  ヨーロッパではサブコンパクトセグメントに区分されるA1は、全長こそ3970mmと短いが、全幅1740mmのワイドボディと立体的なデザインのシングルフレームグリル、最近のアウディデザインには欠かせないLEDポジションランプ(オプション)などのおかげで、フロントから見るかぎり、兄貴分のA3スポーツバックに負けない存在感がある。 一方、ボリューム感あふれるリアビューやアーチ状のルーフラインが、ダイナミックな印象を強めている。      さらに個性をアピールしたい人には、ルーフアーチ部分がボディカラーと別色にペイントされる“コントラストルーフ”が用意されている。 たとえば、レッドのボディにシルバーのルーフアーチや、ホワイトのボディにグレーを組み合わせることが可能。 ただし、このコントラストルーフはスポーツパッケージ装着モデルだけに用意されるオプションなので、オプション費用の6万円に加えて、スポーツパッケージの15万円が必要になる。      航空機をイメージしたというコックピットは、水平基調のダッシュボードが飛行機の翼を、丸いエアベントがエンジンのタービンを表現している。 エアベントのカバーは、ベースグレードがマットブラック、スポーツパッケージ装着モデルでは光沢のあるブラックとなるが、オプションのカバー(グレー、レッド、グリーン、ベージュ)も選択可能だ。       ■19.4km/リッターの低燃費  クルマの基本部分、たとえば、前:マクファーソンストラット、後:トーションビームのサスペンションや、電動油圧式のパワーステアリングなどは、「フォルクスワーゲン・ポロ」と共通の設計。 駆動方式も前輪駆動で、フルタイム4WDの“クワトロ”は本国でも用意されていない。      A1にはESP(エレクトロニック・スタビリゼーション・プログラム)が標準装着となるが、その機能の一部として、電子制御アクスルディファレンシャルロックが搭載される。これは、フォルクスワーゲン・ポロGTIの“XDS”と同じ機構で、コーナリング時にフロント内輪に軽くブレーキをかけることで、アンダーステアを軽減させるというものだ。      パワートレインは、A3スポーツバックでおなじみの1.4リッター直噴ターボと7段Sトロニック。もともと高効率・高性能が自慢の組み合わせだが、A1ではアイドリングストップ機構を追加することで、19.4km/リッターの低燃費を実現し、平成22年度燃費基準+20%を達成。4つ星の低排出ガス性能とあいまって、エコカー減税(50%減税)の対象となった。         ■最新のインフォテインメントシステムを搭載    エントリーモデルといっても、上級モデル顔負けの装備が用意されるのもA1の特徴だ。レザーステアリングやオートエアコンはいうまでもなく、オーディオと HDDナビゲーションを統合した「MMI(マルチメディアインターフェース)」も標準装備。 しかも、新型「A8」に搭載された最新世代が採用され、タッチパッドこそ省かれているが、さらに使いやすくなったコントロールスイッチや音声認識機能、ブルートゥースを使ったハンズフリー機能/携帯音楽プレーヤー再生機能などが利用できる。      また、レザーシートをはじめ、BOSEサラウンドサウンドシステム、大型のスライディングルーフなど、オプション装備も充実。あれもこれもと選ぶと、車両価格は300万円台後半にふくれあがるが、上級モデルから乗り換える“ダウンサイザー”には喜ばれそうだ。      コンパクトな3ドアハッチバックということで、比較的若いユーザーや、子育てが一段落した層がターゲットとなるはずだ。 ライバルとしては強豪の「ミニ」や「アルファ・ロメオ ミト」が挙げられるが、このところ勢いに乗るアウディにだけに、このA1がさらなるシェア拡大の起爆剤になる可能性は高いだろう。 (asahi.com)        このアウディ売れそうな気がする。。       ツイートこの記事をつぶやく
   3連休の中日にドライブがてら成田まで出かけてみた。 それは、お寿司のスシローが、『大スシロー祭』 と謳ってびん長鮪の大トロを105円で提供しているかだ。。                 110109_133007        店内は13:00過ぎでしたが、待つこと10分ほど。    座って、、どうせならびん長鮪の大トロ食べよう!!     110109_132329                                   110109_132347                                         110109_132850      立て続けに3個 大トロを食べると脂っこいが、105円ってこんなもん!!??                       うわ~~   美味い  ^^      って感じでもないな~ ><          でも、この価格は企業出力の結果だからね~~    立派です。。      他にも食べてみないとレーンを   110109_130906  眺めると回ってくる回ってくること。。        他のネタも取ってみた               110109_130627      『トロサーモン』  『ぼたん海老』  『甘エビ』  『アジ』  『エンガワ』  『サーモン』  『イワシ』  『ハマチ』  『マグロ』  『イクラ』  『海老天ぷら』  『玉子』 他      以外に美味しかったのが、海老の天ぷらが乗った寿司。        名古屋名物の 『天むす』 からの発想(´・_・`。)ヵナァ・・        食べたね~~    110109_134134  頑張りましたよ!!   20皿 ^^        umiだったら、50~60皿軽く食べれるだろうな~~   きっと。。          〆はデザートと思い 『マンゴー』 を   110109_134157  手にしたのですが、最初はシャーベットΣ(・Д・)カッ!? と思ったが(。´д`) ン?やたらに冷たい。。        これって解凍されていなかったんだよな~~  ><      値段が全て105円。        105円なら十分に満足(´・_・`)カナー         ツイートこの記事をつぶやく
     先週の金曜日会社の新年会&goboo君の誕生日会を何時もの 『神田 かびき』 南口店で行いました。                          100812_200257        この日のお酒は、当社のお客さんの寺田倉庫さんから頂いた ちょっと時期が遅いですが、『 Beaujolais  noubeau 』 このワイン生産者が亡くなってしまったので今後このワインは飲めないそうです。         そのワインが     110107_185419     これです。        今回の料理は、特別に上野のコリアタウンからわざわざかぶきのおばちゃん (このおばちゃん 一度三途の川を見ていたんです。) がキムチを買ってきてくれました。                110107_194350      先日、韓国で食べたキムチより美味しい ^^      それと、相模湾でとれたカワハギのから揚げ                 110107_201233      これサクサク・ホクホクで美味しかった ^^        で今回のメインが 『フグ鍋』      110107_201727      と、    『モツ鍋』      110107_201012        フグ鍋の “福” と モツ鍋の “持つ” で “福を持つ” で縁起を担つぎました。      新年会は、毎年この鍋を恒例にしようかと思っています。        『フグ鍋』 もいい感じで食べごろになってきた。                  110107_202649      フグ鍋のフグは、良く煮ると身が剥がれやすくなるんですヨッ!!a(a`ε・´o)          フグの淡白な身を紅葉卸のポン酢で食べるんだけど、この時期美味しいな~~~                           最高ダナッ( ´,_ゝ`)y-~        モツ鍋も美味しそうに煮えてきました。                   110107_202623        モツ鍋は、マルチョウが一番美味しいな~~  ^^      で、私流の食べ方は “レタスのしゃぶしゃぶ”                     110107_202851      レタスをモツ鍋に入れてしゃぶしゃぶして食べるんです。  モツの美味しい出汁がレタスに染み込んで美味いんだ  ^^   それと、レタスのシャキシャキ感が味わえるんです。  キャベツの食感とは全く違います。         で、今回はgoboo君の誕生日のために(゚∀゚)ラヴリィ!!が用意しえくれたケーキですが、                 110107_211102        用意してくれたのは、イイんだけど  「<丶`Д´> なんだよ。。  ケーキ崩れてるじゃないの!!??」  ついでにgoboo君も顔崩れて( ・´ー・`)プッ      名前も間違いやがってコノヤロウ!!!      犯人は、三途の川まで行って蘇ったgoboo君の後ろにいるおばちゃん 通称 “サカ坊”      「自転車で持ったきたから・・・」 だって  ><           ォィォィ!(´゚∀゚`ノ)ノ  当たり前じゃないの崩れるの  自転車じゃ衝撃でケーキが台無しになるの分からないのだろうか??        ケーキが崩れついでにミノ   eddede3SBSH0191  がやってくれました                       (。・w・。) ププッ                                                110107_211803          顔でケーキを食べる芸を披露してくれました。  ここぞという時に元役者魂が発揮されます。           〆には、モツ鍋にはうどんを入れ、                 110107_211715    フグ鍋は、                 110107_211729        雑炊にしたみました。      うどんは、モツも旨味の出汁が効いたスープで絶品。  このうどんをumiがほとんど食べたゼッ(`・д・)y-~  フグ雑炊は、上品な味わいだな~~  フグ鍋は身も美味しいけど〆の雑炊は正しくこの時期のご馳走ダナッ( ´,_ゝ`)y-~        emiちゃんが、差し入れてくれた生ドーナツ   110107_212340   の「ストロベリーチーズケーキ」他。        外がカッリ   110107_212537   中はフワッとしてモッとしてこの食感なんともいえないな~~    癖になりそうな美味しさダァ♪(o’д’o)ノ        ┏○ペコ  ありがとうございました。           ツイートこの記事をつぶやく
      天使      この画像おご覧下さい。  こんな写真があるんでしょうか??        これは決してCGではない。 もちろん『Photo Shop』で加工した画像でもない。 この写真はカメラマンが偶然撮影した天使の写真で、まるで純白の天使が、羽を広げて大空を舞っているかのように見える。 イギリスの大手ニュースサイト『デイリーメール』は 「天使を髣髴(ほうふつ)とさせる写真」 という見出しで、天使が降臨しているかのような写真を大々的に報じている。      この天使がどうして人間たちの前に出現したのかは不明だが、この件に関して宇宙現象に詳しいトップ・アンダーソンにお話をうかがったところ、「これは明らかに雲だ」と語っていた。確かに雲に見えるが、超常現象の専門家にお話をうかがったところ「天使は人類への警告をしに現れたのだ!」と語っていた。 もし本当に警告だとすれば、この天使は人間たちにどのような事を伝えたいのだろうか?      まったく正体がわからない天使の写真だが、少なくとも神秘的な写真であることは確かで、多くの人たちが天使の降臨に歓喜しているようである。 この写真を撮影したカメラマンは「やや黄色い身体をしてて、キラキラとターコイズの輝きをしていた」と感想を述べている。     天使は本物なのか? それとも単なる雲なのか? そのあたりは不明なままだ。しかし、このような光景はなかなか撮影できるものではなく、非常にラッキーな写真といえるだろう。 この天使、愚かな人間たちに悲観し、どことなく哀愁ただよう印象を受けるのは記者だけだろうか? (rocketnews24.com)        ツイートこの記事をつぶやく