わが国は戦後、軍事力よりも経済力という道を歩んできました。  近年、経済のグローバル化が進展する中、改めて国家のアイデンティを意識せざるを得ない状況にある。      金融ではサブプライムローン問題など国境を越えて大きな相互作用をもたらすシステムが一般化され、企業のみならず個人まで影響を及ぼしている。     経済のインフラである会計でも、日本とはことなる産業構造下で醸成された国際会計基準とわが国のものづくり型企業文化との不適合性が議論になっている。  中国と日本の関係における不安要因が増しつつある。       経済活動において 『国家』 を意識せざるを得ないだ。      本書は、民主党の中堅議員に対して、著者が日本の近代史について講義した内容を 『ナショナリズム』 という思想軸によって再構成したのです。  本書で展開される論は著者独自の見解ではある。  しかし、政府の施策に対して一定の影響を与える可能性があり、ビジネスでもナショナリズムを意識しなければならない昨今、再認識しておくべき内容ではないかと思う。 と新日本検査法人常務理事 榊 正寿氏が紹介しています。         ツイートこの記事をつぶやく
     M&A (合弁・買収) 助言のレコフの集計によると、2010年に気品企業がかかわったM&A件数は1707件で、2009年に比べると12.8%の減少でした。      金額も18.0%減の6兆4843億円となりました。  日本企業同士のM&Aが低調で市場全体を押し下げましたが、海外企業にたいするM&Aは件数、金額とも大幅に増えました。      日本企業同士のM&A件数は21.5%減の1193件。  総件数に占める割合は69.9%で2009年から7.8ポイント低下しました。  金額は2兆8344億円で、45.1%の大幅減となりました。  キリンホールディングスとサントリーホールディングスの経営統合の破談など国内の大型再編が停滞しました。      一方、海外企業に対するM&A件数は24.1%増の371件で、全体に占める割合も21.7%に達しました。  金額は3兆6652億円と増えました。      海外企業による日本企業へのM&A件数は3.6%増の143件でした。  このうち37件が中国企業によるM&Aで、これまで最も多かったアメリカ企業の35件を抜いて初めてトップとなりました。        レコフは2011年の見通しについて 『円高を追い風として海外企業へのM&Aは高水準を維持する』 と予測しています。  『グローバル市場で勝ち抜くためには、国内でも業界再編が進むだろう』 とみています。       ツイートこの記事をつぶやく
     昨年暮れに羽田から韓国旅行へ向かう時楽しみにしていたのが江戸小路での食事。      入り口には、提灯に江戸小路に出店されているお店が書かれて雰囲気出していてしていて、“よ~~し  出発前に朝ごはんを食べよう” なんて勇んで江戸小路へ向かったのですが・・・                 101231_071710        雰囲気がなんかおかしいぞ      お店のオープンがほとんどが8:00~。           甘味喫茶の『京はやしや』 とフレンチのお店 『シエル・エ・テール』  それにおでんの 『おぐ羅』 が7:00からオープンしていて24時間営業はカフェの 『ケーディナル』 だけのようです。        朝から甘味かフレンチにコーヒー???          甘味じゃお腹が満たされないし、朝からフレンチ?? そんなガラじゃねいし・・・   だったら、ラウンジで十分。。  (結局、ラウンジに行ったんだけど)            仕方がないから散策     101231_071748          入口を入ってみると  101231_071805  江戸風情ぽい雰囲気はあるけど、歩いている人も “ナンだよ(〃*`Д´) やってないのかよ~” って感じでしたね。。        この通りを進みますが、             101231_072029      雰囲気は同じ感じです。           50店舗ぐらいあると選ぶ楽しみがありそうだけど。          食事をするにはちょっと下調べが足りなかった ><         フライトの時間にもよるけど12:00以降じゃないとゆっくり食事楽しめないということが分かりましたね。  次回はフライト時間を12:00以降にして食事する(●-`ω-)b ZO!             ツイートこの記事をつぶやく
     仕事始めの日に神田明神に初詣に行ってきました。                     110105_151742      鳥居の側には、甘酒で有名な『天野屋』さん  110105_151730   沢山の参拝客が立ち飲みで甘酒を飲んでいました。             110105_151646     110105_151623      参道には沢山の屋台が並んでいます。      既に出来上げっている   110105_151610   方々もいました。  こんな風景を目にするとどこが景気低迷しているの???って思ってしまいますが・・・                    110105_145825      この山門から本殿に向かいます。       110105_145912      沢山の方が参拝に来ていました。  最後尾に並んで10分ぐらいで本殿前に到着。      商売繁盛と社員の無病息災を「二拝二拍手一拝」でお参りしました。        ツイートこの記事をつぶやく
     ブリヂストンスポーツ株式会社は、シャープな形状で振りぬきの良さと操作性の高さをイメージさせるマッスルバックヘッドのアイアン「TOURSTAGE X-BLADE 905」と、ストレートに構えやすく、操作性の高さをイメージさせる小ぶりなキャビティアイアン「TOURSTAGE X-BLADE 905CB」を、2011年2月より発売 します。    メーカー希望小売価格はX-BLADE 905 7本セット(4番~PW)が139,650円(本体 133,000円)、単品(3番)が19,950円(本体 19,000円)、X-BLADE 905 CB 7本セット(4番~PW)が132,300円(本体 126,000円)、 単品(3番)が18,900円(本体 18,000円)です。     905アイアン      *商品特長      1. 小ぶりアイアンを好むプレーヤーのニーズに応える2モデル    マッスルバックならではの心地よい打感も追求しています。 X-BLADE 905CBは、キャビティバックでありながら、グースが少なくコンパクトな形状で、905同様、自在な弾道コントロールがイメージできます。       X-BLADE 905は、トップブレードの厚さを4.5mmとし、シャープで振りぬきが良く、操作性の高さをイメージさせる形状です。      2. 小ぶりヘッドならではの重心設計    X-BLADE 905は、重心を高め、浅めに設計することで、スピンコントロールがしやすく、距離感の出しやすさを追求しています。  X-BLADE 905CBは、小ぶりなヘッドと短めの重心距離により、操作性を追求すると共に、思い通りの弾道コントロールを実現します。         ヘッドは、軟鉄、鍛造  シャフトは、ダイナミックゴールドシャフト / TOURSTAGE NS PRO 950GH ウエイトフローシャフト (STEEL)仕様。        スペックは、#5でロフト角  27度    ライ角 61度    フェースピログレッション 4.25    長さ 37.75    重さ429グラム(ダイナミックゴールド)   402グラム(950GH ウェイトフロー)   バランス  D2(ダイナミックゴールド)   D1(950GH ウェイトフロー) となっています。         見た目難しそうな感じがするな!?   まぁ・・  上級者向けということだな。。         ツイートこの記事をつぶやく
     ブリヂストンスポーツ株式会社は、385cm3のシャープな小型ヘッドで、操作性と振りやすさを高め、強弾道を追求したドライバー 『TOURSTAGE X-DRIVE 905』 を、2011年2月より発売します。    メーカー希望小売価格は99,750円(本体 95,000円)です。      やっぱり、小ヘッドのドライバー出ましたね~~        上級者に言わせると460CCとか大きいヘッドだと打点がボケると云うんだよな。  私は下手糞だから分かりませんが。。                        ドライバー705         *主な商品特長    1. 飛びと安性を追求した最新ボディ構造「INTEGRATED POWER BODY」採用    2. 操作性と振りやすさをイメージさせる385cm3のシャープな小型ヘッド    3. 小型ヘッドならではの低重心設計による強弾道         1. 飛びと安定性を追求した最新ボディ構造「INTEGRATED POWER BODY」採用      X-DRIVE 705同様のボディ構造「INTEGRATED POWER BODY」(インテグレーテッド パワー ボディ)を 採用し、高打ち出し・低スピンの強弾道と安定した飛びを追求しています。      2. 操作性と振りやすさをイメージさせる385cm3のシャープな小型ヘッド X-DRIVE 705 TYPE415よりもさらに小ぶりな385cm3の丸型ヘッド。操作性と振りやすさをイメージさせます
 
 
 
 
 
 
             705ドライバー        3.小型ヘッドならではの低重心設計による強弾道     ヘッド体積を385cm3にすることで、余剰重量をソールに配分することが可能に。これにより低重心化を図り、吹け上がらない強弾道を追求しています。      
 
 シャフトは、Tour  AD   DJ-7 のS74グラムとX76とハードスペックになえいます。  トルクも2.9ですからねじれも少ないからこのシャフトを振るならヘッドスピード48以上ないと無理だろうな~~       ツイートこの記事をつぶやく