2010,12,30

東武鉄道、「業平橋駅」を「とうきょうスカイツリー駅」へ改名。

     東武鉄道は、伊勢崎線の 『業平橋駅』 を 『とうきょうスカイツリー駅』 に改めると発表しました。     2012年春の東京スカイツリーの開業に合わせて実施する、同施設の玄関駅として認知度を向上させる目的で、同駅施設のリニューアルも行うという。                                     業平橋      同駅の改名に合わせて、コンコースの拡幅し、ホームとコンコースを結ぶ乗降階段を1カ所から3カ所に増設します。  内訳は上下エスカレーター1カ所、階段2カ所とのこと。  また、現在設置されている定員8名のエレベーターを撤去し、新たに定員30名の大型エレベーターをホーム中央に設置します。  また、言問通り沿いにある1カ所の改札口に加えて、新たに曳舟方に1カ所の改札口を設置する。  これにより東京スカイツリー方面へ利用しやすくなるという。トイレも現在の多機能トイレを移設してリニューアルするとのこと。      現在の「業平橋駅」は、1902(明治35)年に吾妻橋駅として開業。  その後、1910(明治43)年に浅草駅に改称し、伊勢崎線の起点となった。  1931(昭和6)年に伊勢崎線が現在の浅草駅へ延伸したときに業平橋駅になったという。  同駅が「とうきょうスカイツリー」駅になると、開業以来3度目の改称となる。        へぇぇ・・・   業平橋駅って今回で3回目の改称になるんだ。。        なお、同社は東京スカイツリー周辺の開発計画名称を 「とうきょうスカイツリータウン」 に決定しました。 地上31階建ての高層ビルと、地下3階までの駐車場などで構成され、商業施設 「東京ソラマチ」、水族館、ドームシアター、オフィス施設 「東京スカイツリーイーストタワー」 を擁する。  同施設は「とうきょうスカイツリー」駅に隣接するほか、東武伊勢崎線・東京メトロ半蔵門線・都営浅草線・京成押上線の押上駅とも連絡するとのことです。        確かこのタウンは、冷暖房を地中熱を利用するんです。        この地域は便利になりそです。 ツイートこの記事をつぶやく