モスフードサービスは26日、デザートメニュー 『季節の玄米フレークシェイク(青森りんご)』 を 「モスバーガー」 店舗にて発売します。    販売期間は2011年3月下旬までです。                      226530      バニラシェイクと玄米フレークに、青森県産リンゴでつくったソースを合わせています。  ソースはブランデーやワイン、シナモンとリンゴを煮込み、果肉感のある仕上がりになっているとのことです。  価格は220円です。       ツイートこの記事をつぶやく
   アメリカ求人サイトのグラスドアが15日発表した調査で、会員制交流サイト『フェースブック』がアメリカの大手企業の中で、最も働きやすい会社に選ばれました。                      00310      ランキングは、勤務先に関するユーザーからのフィードバックを基に作成。  フェースブックは、格安航空最大手のサウスウエスト航空やコンサルティング会社のベイン・アンド・カンパニーを抑えて、トップにランクされました。      調査はユーザーに対し、給与水準や上司の能力などについての満足度を尋ね、職場の評価を求めました。      グラスドアのロバート・ボーマン最高経営責任者(CEO)によると、コミュニケーションがうまく取れない会社に社員は最も不満を感じる一方、明確でしっかりとした企業文化が備わっている会社は最も満足度が高くなったという。 (reuters.com)       ツイートこの記事をつぶやく
   ブリヂストンは15日、レクサス『LFA』の新車装着用タイヤとして 『ポテンザ S001』 の納入を開始したと発表しました。       レクサス      タイヤサイズは、フロント:265/35ZR20(95Y)、リア:305/30ZR20(99Y)で、日本、米州、欧州、他の市場で発売されるLFAに装着されます。    LFAは、レクサスブランドの “F” モデルの頂点に立つクルマ、非日常的な性能を高い次元で実現させたとするスポーツモデル、国内向け165台の予約は既に終了しており、生産は12月より開始されます。    ポテンザは、ハイパフォーマンスカー向けのプレミアムブランドで、POTENZA S001では、ドライ&ウェット性能と快適な乗り心地を両立させたタイヤです。(response.jp)         ツイートこの記事をつぶやく
   KDDI (au) は、アメリカ金融サービス会社のマイクロファイナンス・インターナショナル・コーポレーション (MFIC、ワシントンDC) と提携して、国際送金事業に参入します。      マイクロファイナンス・インターナショナル・コーポレーションに2205万ドル (約18億4000万円) 出資して、まずはアメリカ在住の中南米出身の移民向けにサービスを始め、2011年度に日本でも提供を始めます。      マイクロファイナンス・インターナショナル・コーポレーションは旧東京三菱銀行 (現三菱東京UFJ銀行) 出身の杤迫篤昌社長らが2003年に起業して、アメリカの移民向け金融サービスを手掛けています。       2009年の売上は867万ドルです。       KDDIは、同社の第三者割当増資を引き受け、20%の議決権を獲得しました。      アメリカで移民向け携帯電話事業を展開しているKDDI子会社が来年1月から送金用プリペードカードを雑貨店などで販売します。  利用者はコールセンターに電話して母国の親族の口座に送金を依頼すれば、マイクロファイナンス・インターナショナル・コーポレーションがカード残高内で送金します。  送金手数料は2~2.5%と、25%程度の銀行に比べて割安に設定します。      両社は日本でも中国や中南米、フィリピンなどの外国人向けに同様のサービスを始めます。  KDDIは、将来は携帯電話を使って国際送金や電子決済が出来るシステムを開発してサービスを提供するほか、海外の通信会社向けにシステムの提供を目指すそうです。           ツイートこの記事をつぶやく
   マイクロソフト日本法人は、ポータルサイト 『MSN』 を2011年1月17日に刷新します。      ミクシィやツイッターなど交流サイト (NSN) の機能を利用出来るようするほか、NHNジャパンと組み、ソーシャルゲームの提供も始めます。  交流サイトとの連携を深め、その要素をとりいれることで、競合するヤフーなどに対抗する考えのようです。        『既存のMSN利用者にとってもっとMSNを使ってもらう』 と、MS日本法人は都内で開いた記者説明会で、儲俊洋MSNエグザクティブデレクターはサイト刷新の目的をこのように語りました。      具体策として打ち出したのがポータルサイトの構成をあえて競合のヤフーに近づけて点です。  ニュース欄をサイト上部に移動させたほか、各種サービスへのリンクを左側に縦方向に並べる構成にしました。      MSNは3年ほど前から、サービスへのリンクを横方向に並べるなどMSNの英語サイトに近い構成を採っていましたが、今回は 『日本の利用者にとってのなじみ深さを優先した』 という。      国内のMSN事業は利用者が約4000万人に達しており、単体では黒字化しています。  だが、世界全体でみると検索エンジン 『ビング』 への研究開発投資が重石となり、MS全体のネット事業は巨額な赤字となっているのが現状です。       このため同社ではゲームやSNSの取り組みで利用者がサイトに滞在する時間を増やし、利用者1人あたりのサイトの広告収入を高める考えのようです。        そこで、交流サイト (SNS) などとの連携でサイト滞在時間を増やす戦略も打ち出しました。  SNSの国内最大手 『ミクシィ』 と世界最大手の 『フェイスブック』 の最新のメッセイジをMSNサイト画面でページを移動せずに見られるようなります。  友人とつながったままでニュースや情報をチェックできるため、他のサイトに移動するのを抑止できるという。  MSではMSN利用者は 『就業時間中のサイト閲覧が多い』 としており、ビジネスマンなどのネットの活用効率も高められる点を売り込みます。        広告配信では検索連動型広告のようにユーザーに応じた物を提供する仕組みも導入するそうです。  利用者の属性情報などを活用して興味を引きやすい広告を配信する事で、広告単価の引き上げを考えています。      ソーシャルメディアを組み込んだ新サイトは試行版を既に稼動中です。  視覚面の効果も確認されており、サイト画面の右肩にある広告スペースの増したにソーシャルメディアを置いた結果、広告の注視時間が倍増したという。          MSNてこ入れ策の1つがリニューアルにあわせて開設する 『MSNゲーム』 です。  韓国ポータルサイト大手NHNの日本法人、NHNジャパンと提携して、同社のゲームポータルサイト 『ハンゲーム』 にある多彩なゲームを活用して提供します。      NHNは、パズルやカード、アクションまで利用者同士が交流する多彩なソーシャルゲームをMSNを通じて提供する計画です。  当初からバンダイナムコゲームドリコムといったソーシャルゲームでは、なじみの企業が名を連ねます。      MSがゲーム関連のコンテンツの強化を急ぐのは、同分野がポータルサイトを越えて、ネット業界のキラーコンテンツになっているからである。      ライバルのヤフーは携帯電話交流サイト大手のディー・エヌ・エー (DeNA) とパソコン向けゲームサイト 『ヤフー! モバゲー』 を10月に開始しています。  SNS大手のミクシィや、子会社が動画共同サイト 『ニコニコ動画』 を運営するドワンゴもソーシャルゲームの提供を開始し、サイトの滞在頻度を高める事に成功しているからです。         ツイートこの記事をつぶやく
   FM東京は、クーポン共同購入サイトを20日に開設すると発表しました。       飲食店に加えて、音楽イベントやラジオ局ならではのクーポンを揃えることで他社と差別化します。  FM東京では同社が加盟するネットワーク、ジャパンエフエムネットワーク (JFN) の系列局を通じてサービスを全国展開していく計画です。      新たに共同購入サイト 『ラジポン.com』 を開設します。  飲食店やエステなどクーポン加えて、音楽イベントや有名人の握手会などのチケットも展開していくそうです。  ラジオ番組内でパーソナリティーが店舗について紹介したり、番組と連動したミニブログ 『ツイッター』 で口コミを流したりする事で、多くの利用者の獲得を狙います。      FM東京では口コミ型のメディアであるラジオ放送と口コミで情報を広げる共同購入サイトは親和性が高いと判断しました。  両者を連動することで共同購入サイトの競争力を高めるとともに、ラジオの視聴者の獲得にもつなげる狙いです。        クーポン共同購入は販売期間や専用サイトで飲食店などのクーポン券を割安で販売するサービスで、現在130サイト超が存在するといわれています。       ツイートこの記事をつぶやく
   何時ものコンビニに久しぶりに 『R25』 を手にとってみた。               101216_092443      まだ、存在しているんだという思いが正直なところ。。       首都圏1都3県でフリーペーパーとして創刊されて以前はよく手に取っていたのですが、モバイルサイトが出来てからはモバイルでニュースソースを拾い読みしていたのですが、このモバイルサイトも昨年閉鎖されてしまってしまいました。 (広告収入が集まらなかったのかな)   今は、他のサイトでニュースを拾い読みしていています。 だからという訳では有りませんが存在を忘れていました。      最近は、雑誌ってホントに手に取らないし買わないな~~   検索すればほとんどのことは分かるしな~~           以前は、フリーペーパーとしては全盛期は4C1Pの広告料金も工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工そんなにするの??? というほど高かった記憶が有りますが、いまはどうなんだろうΣ(・Д・)カッ!?  発行部数も全盛期は、50万部とか言っていたかのように記憶しているが、町でラックに置いているところをあまり見かけないような気がするから半分の部数ぐらいしかないのかも!!??          雑誌の厚さも   101216_092822   全盛期の半分(´・_・`。)ヵナァ・・・・  50ページです。      元気がないね~~  ><   ツイートこの記事をつぶやく