2010,10,31

角川グループホールディングとニコニコ動画と電子書籍を開発

 角川グループホールディングとドワンゴは電子書籍や動画配信分野で提携しました。 ドワンゴの子会社のニワンゴが運営する動画投稿サイト 『ニコニコ動画』 で、角川グループホールディングズが販売する電子書籍の閲覧機能を2社で共同開発します。      ニコニコ動画で角川グループのアニメ作品を積極的に配信するため、角川グループホールディングスの公式チャンネルも設けます。      ニコニコ動画で電子書籍を閲覧できる機能 『ニコニコビューワ (仮称)』を開発。      角川グループホールディングスが始める電子書籍販売サービスと会員情報を共有して、作品購入者だけがサイト上で作品を読めるサービスを2011年4月にも始めます。 作品にはコメントを付けて、購入者同士で共有出来るようにします。 作品の気に入った部分をほかの人に進めるといった使い方を想定します。      アニメ配信では、ニコニコ動画に角川グループホールディングスの公式チャンネルを開設して、テレビ放映後の作品などを積極的に無料配信していきます。 ニコニコ動画独自のアニメ作品も制作して配信することも検討するという。       角川グループホールディングスは12月から電子書籍の直販サービスを始めます。 交流サイト(SNS)運営企業とも協業して、ニコニコ動画と同様の機能を実現させたいという考えのようです。 ツイートこの記事をつぶやく