2010,10,31

「アバター」 続編2作制作へ

 アメリカ映画大手の20世紀フォックスは、大ヒット映画 『アバター』 の続編2作を制作することでジェームズ・キャメロン監督と合意したと発表しました。      キャメロン監督は2011年初めには脚本に取りかかる予定で、同年後半には制作を始める計画です。      正式タイトルは未定で 『アバター2 (仮称) 』 が2014年12月、『アバター3 (仮称)』が2015年12月の公開を予定しています。 キャメロン監督は声明の中で、続編制作の意気込みを 『世界中の観客が期待する映像の豊かさやストーリーの力ず良さを超える作品にしたい』 と語りました。      昨年公開されたアバターの世界での興行収入は約28億ドル(約2300億円)で、キャメロン監督の 「タイタニック」 の約18億ドルを抜いて史上最高となった。 迫力のある3D立体映像が評判となり、3D映画ブームの火付け役となりました。        次回作も期待できる(´・_・`)カナー  ツイートこの記事をつぶやく