総合人材サービスのインテリジャンスがまとめた転職に関する調査によると、ビジネスパーソンが始めて転職を考え始める年齢が25歳前後に集中していることが明らかになりました。      同社では 「入社後の早い段階で、本人の適性や志向と仕事との間にミスマッチが生じているケースが多いのではないか」 とみています。      調査は同社の転職支援サービス 『DODA (デューダ)』の登録者(大卒以上)のうち、登録時の年齢の22~39歳で転職経験がない約4万2000人のビジネスパーソンを対象に実施しました。        転職支援サービスへの登録時の年齢で最も多かったのは 『25歳』 で全体の13.5%を占めました。 次いで 『26歳』の12.5%、 『24歳』 11.8%が続きました。 同社は 「全体の4割近くが入社後2~3年目の段階で次ぎのキャリアを考え始めている」 としています。      登録時の年齢を職種別にみると 「営業」 と 「販売・サービス」 では 「25歳」 が最も多いのに大して、「企画・事務」 では 「29歳」 が最も多かった。          営業は、成績が上がらないと転職したくなるな~~~  事務系は、先ずは仕事を覚えてから転職しようという考えじゃない??? ツイートこの記事をつぶやく
 TBSテレビはアメリカ・フェースブックの交流サイト(SNS)に、企業情報を発信するファンページを開設しました。      動画ニュースに報道関連のコンテンツを提供するのは国内放送局では始めてである。 日本でも利用者が急増している世界最大のSNSへニュース提供で、TBSのブランド力を高める狙いです。      新設したファンページでは動画ニュース 『TBSNews i (ニュースアイ)』 やCS放送のキャスターが出演する独自コンテンツを配信します。 フェースブック内で検索する事で接続できます。 各利用者に届いた情報が並ぶ 『タイムライン』 にニュースを順次表示していくサービスを提供します。      同社はインターネットで動画ニュースを配信してきたが、「SNS以外の外部サイトを閲覧しないネット利用者が増えている」 とみてフェースブックへのページ開設を決めたようです。 既に、「ツイッター」にはニュースを提供しています。      アメリカでは大手の飲料メーカーやコーヒーチェーンがフェースブックにファンページを開設しています。 日本の放送局では日本テレビ放送網がIT情報番組などのページを設けています。 ツイートこの記事をつぶやく
 21世紀の覇者になる条件は、規模、環境技術、ブランド、販売網。      世界の大手自動車メーカーは手持ちのカードに目配りして、最強の組み合わせ(アライアンス)を探る一方で、次代のライバルの姿も追う。 トヨタ自動車が新たな仮想敵として照準を当てたのが、アメリカ・グーグルである。      スマートグリッド (次世代送信網) の中核になる情報システムを2011年に実現すると、トヨタは今月の5日に発表しました。  エコカーを割安で充電でき、過剰な電力をやり繰りし、家庭内の電気代を最小限にする。 スマートフォンを使って充電を指示して、ネット経由で地図をパッと表示する未来像も実現した。 さながらハイテク家電の実演のようです。       トヨタの同分野への本気度を誇示したようだが、内情は別にあるようである。      「 “スマグリ”で攻め込まれたら事業の根幹が崩れる」 との危機感である。 エコカーとネットワークがつながり、ITが車のあらゆる動きを制御していく。      一方でネットの盟主、グーグルはスマートグリッドの主導権を握ろうと精力的に動いている。      仮にエコカーを取り巻く周辺のインフラを抑えられ、企画や仕様が相手側に支配されれば、「車を自由につくれなくなる」 という最悪のシナリオさえ描く。 スマートグリッド本格進出はひとまずIT勢に対する防衛網になる。 「グーグル、マイクロソフトとも対等に議論するまず素地づくり」 とトヨタ幹部。 社内では次ぎの一手に向けた準備も進んでいる。      業界内では圧倒的存在のトヨタだが、異業種が相手となると心もとない。 スマートグリッドの勃興は奏者を意外なアライアンスに導いてくれるくれるかもしれない。  ツイートこの記事をつぶやく
 プロ野球球団・横浜ベイスターズの買収に名乗り上げた住生活グループの潮田陽一郎会長が、球団買収の方針を正式に表明しました。      今後は買収金額や出資比率が焦点になります。 同グループの共同ブランド 『LIXIL (リクシル)』 を浸透させるためには500億円は必要と悩んでいた潮田会長は、この買収話を 『絶好球』 と判断したようです。        TBSホールディングスから売却の打診があったには9月上旬。 社内の検討を経て、同下旬から試算査定の作業を本格化させました。  査定結果の概要が10月8日に分かり、潮田会長は 「財務に問題ない、しっかりした会社だ」 と判断しました。        “そりゃ そうだろう!!!     1兆円企業なのに問題あったら1兆円企業ってなんなの!!??っれならない”        残る作業はTBSとの来年のシーズンのテレビ放映権料や広告料を含む金額の詰めと、選手との解約内容の確認など。         潮田会長は 『準備室』 を設置。 担当にトステム生え抜きで営業統括の溝口和美副社長を据えました。        TBSは同球団を約140億円でマルハ (現マルハニチロホールディングス) から買収しました。 当時より簿価は下がり、現在では 「二桁億円で買える」 とも言われています。 住生活はリクシルブランドの浸透に400~500億円が不可欠と見積もっていただけに 「一桁少ない額で買収できるなら良い話」 というのが本音。      トステムの溝口副社長は球団買収の効果を 「知名度が上がれば、工務店やサッシ店の販促につながり、住生活グループへの信頼感も高まる」 と説明。      ただ、買収構想が表面化してから住生活の株価は下落基調。 難関20億円とも言われる球団の赤字が嫌気されているもうようです。  潮田会長は 「現在年間175億円投じている宣伝費の枠内で吸収できる」 と話し、球団経営が業績の足かせになるとの見方を否定しました。     とはいえ球団は3年連続のリーグ最下位。 成績低迷が津髄手赤字が膨らめば、知名度アップの絶好球は、ランナー2・3塁タイムリーが出れば逆転ですが最悪併殺打となる可能性を秘めています。                でも、球団を持つことは知名度アップするにはもってこいでしょう!!!    楽天が、球団を買収した時は売上げが180億円程度だったけど今は2900億円にまで伸長したからね~~      後、問題になるのはフランチャイズ球場をどうするかということ。 新潟だと新潟市って80万人ぐらいだから年間の球場に来る人って人口掛ける1.3倍だから年間の来場客は100万人ちょっとこれだと球団経営は厳しいな~~~   新潟の人に年間3回見に来てっていわないといけないね。。。      横浜市に置けばおよそ370万人だから1.3倍かければ480万人が来場する計算になるよな~~          球団は強くならないと球場に客は足を運んでくれないから、先行投資で大規模な補強をして人気監督を就任させるんだな~~        後は、球団名を何にするかだーーー   「住生活」 全くピンろこないヨッ!!a(a`ε・´o)    楽天・オリックスなんて大成功だったんじゃないの!!!    新聞・TVでは球団名を連呼してくれるから、知名度は確かに上がったよな~~          呼びやすい「球団名」そうすれば問題無しダ━━ヽ(`・д・´)ノ━━!! ツイートこの記事をつぶやく
 セガはゲムセンター向けにゲーム機の技術を応用したゴルフの練習専用機を開発しました。       セガ        10月中旬にも全国販売を開始するそうです。 高性能カメラを搭載して、打ったボールの速度や強さなどを読み取り、実際に近い軌道をスクリーン上に再現します。 ゲーム感覚で本格的な練習に取り組める点を売り物に、ゴルフ練習場などの施設向けに提供します。      2機種を販売します。       高性能ゴルフシミュレーター 『レッツゴー! ゴルフ!』 はカメラ2台を搭載して、1秒に2000フレームの高速撮影ができます。 セガのゴルフゲームに採用しているオリジナルコースを利用してシナリオや、プロによる実践的なビデオレッスンも取り入れます。      スイングチェックに特化した 『レックチェックゴルフ』 では、スイングするだけで自動的に画像が録画・再生され、クラブで簡単に操作する直感的な練習が可能です。 プロのスイングとの画面上で比べながら練習も出来ます。      ゴルフ練習場を始め、フィットネスクラブやゴルフショップなどでの設置を見込みます。           これイイな~~~   練習に持って来いだね~~~             会社の近くのゴルフショップかフィットネスクラブに導入してくれないかな~~~   レッスンの直ぐに行くんだど。。。 ツイートこの記事をつぶやく
 帝国データバンクがまとめた 『円高関連倒産の動向調査』 によると、円高の影響を受けて2008年1月から2010年9月までの間に倒産した企業 (法的整理のみ、負債1000万円以上) は80件で、そのうち約4割は卸売業が占めた事が分かりました。        「海外の企業と輸出入する卸売業などに深刻な影響が出ている」 と帝国データバンクはしています。        円高関連の倒産を業種別に見ると、卸売業が32件で最も多かった。 次いで製造業が29件で続いきました。  全体の4分の3がこの2業種に集中しています。  製造業では輸出関連企業だけでなく、大手メーカーの減産や生産拠点の海外シフトなどによる受注減が響いたとみられています。        地域別に見ると、関東地域が36件で最も多かった。 近畿地域の15件と合わせ、2つの地域で全体の6割を超えました。 業態別では破産が46件、特別清算が2件で、破産・特別清算の 『清算型』 が6割を占めました。  民事再生法は27件でした。           円高関連の倒産が4割が卸売業です。  これから、どれだけ円高が進むのかわかりませんが、増えそうだね!!??          財務省なんとかしないと日本の企業は大変な事になるよ!!!!!!!    この問題のおくにはアメリカの不況が大きく関わっているからアメリカの景気が良くなれば改善されるんだけど。。。 ツイートこの記事をつぶやく