ポータルサイト最大手のヤフーは、自社サイトで提供する情報を 「ツイッター」 や、ミクシィなどの交流サイト (SNS) で共有する機能を加えたと発表しました。      ネット利用者は、SNS経由で友人らと簡単に情報を共有できます。 ヤフーは新機能の追加で、SNS経由での閲覧者数を増やす狙いです。      新機能は 『シェアボタン』 で、15日時点で 『ヤフー! ファイナンス』 や 『ヤフー! 智恵袋』 など6サービスに対応させました。 各サービスの情報横に表示させる 『シェアボタン』 を選択すると、ミクシィやツイッターの利用者ページに情報が表示されます。      今後も 『ヤフー! 地図』 など各種サービスを 『シェアボタン』 に対応させます。 SNSと連携する事で、“口コミ” 経由でのサイト閲覧者獲得を目指すよです。 ツイートこの記事をつぶやく
 インターネット広告大手のオプトは、ネットマーケティング支援のデジミオと組んで、検索連動型広告を利用している企業向けのウェブサイト改善サービスを始めます。      検索広告経由で企業のサイトを訪れる利用者の行動などを分析して、より使いやすいサイトの構築につなげいく。       新製品は 『リスティング広告分析&ウェブサイトコンサルパッケージ』 です。      企業サイトにネット利用者を誘導するための検索広告の広告の効果を提示する。 サイト内でネット利用者がどのページをどの順番で見ているかも詳しく調べ、商品の販売や受注など企業の目的を達成しやすいサイトの構成を支援します。      サービスの価格は30万円からです。 オプトは、既存のネット広告事業の顧客層などに新サービスを売り込み、年末までに15社への提供を目指すそうです。 ツイートこの記事をつぶやく
 ポルシェ ジャパンは、新たにカレラのモデルレンジに 『911カレラGTS』 と 『911カレラGTS カブリオレ』 を追加し、10月15日(金)からポルシェ正規販売店を通じて、予約注文の受付を開始します。 両モデルは、10月2日(土)に開幕する“パリ モーターショー”でワールドプレミアされる予定です。                                                ポルシェカレラ                                                                         911カレラGTS                                             ポルシェカブリオレ                                                                911カレラGTS カブリオレ        後輪駆動の『911カレラGTS』は、3.8リッター水平対向エンジンを搭載し、その最高出力は“911カレラS”を23psを上まわる408psを発揮。 0-100km/h加速タイムは、スポーツクロノパッケージ・プラス(PDK)をスポーツプラスモードにした場合、カレラSより0.1秒速い4.2秒を記録します。      このエンジンは、充填効率を上げるための対策を実施。 専用レゾナンスインテークマニホールドには、6枚の負圧制御式のチューニングフラップが組み込まれており、これらのフラップが出力とトルクを最適化しながら、ジオメトリーを切り替える(カレラSはチューニングフラップは1枚)。 このため、数値はカレラSと同じ42.8kg-mだが、200rpm低い4200rpmから最大トルクを発生し、よりドライバビリティ溢れる走りを楽しめる。      このようなスポーツ性能の向上に加え、高い環境性能も両立。“ポルシェ インテリジェントパフォーマンス”により、新ヨーロッパ走行サイクルでの燃料消費量は、カレラSと同程度の10.2リッター/100km(9.8km/L)で、CO2排出量は240g/kmを記録する。      また、後輪駆動方式にもかかわらず、カレラシリーズの中では唯一、4WDモデルのカレラ 4と同じ44mmワイドなボディが与えられているのも特徴です。 そのほか、ブラック塗装の19インチ RSスパイダー ホイールや、305/30R19のリヤタイヤ、スポーツエグゾーストシステムなど、ほかのカレラとは異なる特別なディテールを数多く備えている。      エクステリアは、ブラック塗装のスポーツデザイン フロントエプロン(リップスポイラー付き)や、専用サイドスカート装着したスポーティなもので、“Carrera GTS”ロゴがドアとエンジンフードにあしらわれる。                    カレラGTS      インテリアは、“ブラックアルカンターラ”のスポーツシート、3本スポーク・スポーツデザイン ステアリングホイールなどが奢られ、シフトレバーやハンドブレーキレバーなども含めて、ブラック基調のアルカンターラなどの素材で仕上げられている。 トランスミッションは、両モデルともに7速PDKで、ハンドル位置は左/右の選択が可能だ。(asahi.com)          価格は、  911カレラGTS:1604万円  911カレラGTS カブリオレ:1852万円 ツイートこの記事をつぶやく
 不動産経済研究所が発表した8月のマンション市場動向によると、首都圏 (1都3県) の新規発売戸数は前年同月比18.5%増の2268戸で7ヶ月連続の増加となりました。        価格は前年同月に比べ1戸当りも1平方メートル当りも上昇しています。         近畿圏 (2府4県) は、同59.3%増の1684戸で4ヶ月連続の増加です。        契約率は首都圏が74.8%、近畿圏が75.2%で、いずれも70%超えの水準を保っています。          そういえば、新聞の折込チラシもマンションのチラシが沢山入っているものなぁ~~ ツイートこの記事をつぶやく
 mokkoriが 「かーちゃんが送ってくれました」 ってテーブルにド~~ンと大きなダンボールを。               100916_112141      “ (。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン 送ってくれたということは・・・ ” でっ 『ビン類』 のシール         これって大好きな  『『白百合』』 Σ(・Д・)カッ!?          早速 封を切ると  100916_112234                オォォー!!w(゚ロ゚)w!!        100916_112453             大好きな『白百合』じゃないです( ゚∀゚ )カッ?          ワァ──o(。´・∀・`。)o──ィ♪ 嬉しいね^^   昨夜、以前送ってくれて白百合を寝かして3年もの5年ものとして古酒にしようとしたんだけど喉乾いてしまって(゚∀゚)ラヴリィ!!カズマサ君のとこで封を切って飲んでしまったからな~~~          嬉しいデス!(●・w・●)ゝ  (人’▽`)ありがとう☆ございます。        この白百合 独特な臭いと香りが有るんだ!!!  好き嫌いがはっきりする独特の泡盛です。 この白百合に肴はくさやでもあったら最高((。・д・)oダナ!!          今回は、2本ほど寝かして3年後5年後に封を切って味わってみたいな~~          mokkoriのかーちゃんが好きな蟹送るから待っていて下さい(σ・∀・)σY〇!!  以前は松葉蟹送ったから今回はタラバガニ送りますから~~~ ツイートこの記事をつぶやく
 矢野経済研究所は、2009年度の国内食品市場が29兆8192億円になる見込みとの調査結果を発表しました。      少子高齢化や景気低迷による節約志向で2008年度に比べて2%減でした。 同社は 「 『量』 の拡大が見込みにくい中、付加価値をつけた 『質』 への転換が活発化している」 と指摘しています。      食品市場は酒類、飲料、乳製品、水産、農産加工品、パン・麺類、冷凍食品、調味料、インスタント・レトルト食品、菓子類、健康食品について、メーカー出荷金額ベースで算出しました。 生鮮食品は含みません。 調査結果を公表している2005年度以降、食品市場は30兆5千億円前後で推移してきましたが、今回、初めて30兆円を割り込みました。      2009年度に注目を集めた 『ラー油』 『塩昆布』 『即席お吸い物』 など。 同社は 「本来の用途にとらわれない用途提案に成功した」 のが共通項と指摘しました。 レシピサイトの登場で、消費者が自分の創作料理を披露する場が増え、食品の新たな用途提案につながったと分析。 同社は少子高齢化の進行やライフスタイルの変化により、従来の 『大量生産・大量販売』 が転換期を迎えていると指摘しています。 消費者の需要を喚起する 『消費者視点のマーケティングが求められる』 と見ています。            これからは、消費者への需要を喚起していかに付加価値のある商品を提供していくかという事につきます。 市場の変化、進化への対応を敏感に感じ取って常に進化し続けないと生き残れないということです。 ツイートこの記事をつぶやく
 博報堂生活総合研究所は、オンラインショッピングと通信販売の利用に関する調査結果を発表しました。      1年以内にオンラインショッピングをしたという人は38%で、雑誌やテレビなどの通販利用者の36%を始めて上回りました。 同研究所は 「消費者は不況下でも購買行動を進化させ、手軽で便利な買い物が一般化している」 と指摘しています。         調査は同研究所が2年おきに行っている 「生活定点」 の中で実施しました。 2010年は5月、首都圏40キロ圏内、阪神30キロ圏内の20~69歳の男女3389人から回答を得ました。         「最近1年以内にオンラインショッピング(インターネットなど)で買い物をした」 と回答した人は、2008年比8%増。 ネットで簡単に品物が探せ敏速に決済が出来る利便性が受けて、質問を開始した2000年以降、最大の上昇幅となりました。      一方で、「最近1年以内に通信販売(雑誌、テレビ、ダイレクトメールなど)で買い物をした」 人は36%で、2002年以降、35%前後で推移しており、大きな変化はなかった。  利便性を求める動きは決済手段にもあらわれ、電子マネーの利用者は30%と、2008年比8ポイント増加。 質問を開始した2006年の16%から4年で倍以上に伸びました。      流通以外にも、鉄道系電子マネーで利用環境の工場が進み 「切符の代用から便利な買い物ツール」 に進化したことで、利用者が増加しました。          今後、雑誌の存在が危ぶまれる結果となっています。   時代の流れについていけない企業は企業そのもの存在が危ぶまれるという事になりますね!!?? ツイートこの記事をつぶやく