フェラーリが2012年に発売予定の『エンツォフェラーリ』後継車。 そのパワートレインは、ハイブリッドが有力だという。    エンツォフェラーリはフェラーリ社の創業55周年を記念して、2002年に誕生しました。  ピニンファリーナの手による美しいボディに6.0リットルV12ユニットを搭載。 最大出力660ps、最大トルク67kgm、最高速度350km/hオーバーという圧倒的スペックを実現した。             エンツォ    ボディサイズは、全長4700×全幅2035×全高1150mm、ホイールベースは2650mm。 2004年までに限定399台が生産されました。 日本にも約30台が上陸しており、新車価格は7850万円です。 しかし、現在ではその希少性から1億円を超える価格で取り引きされています。      フェラーリのルカ・ディ・モンテゼーモロ会長は、欧州の自動車メディア、『Automotive News Europe』 のインタビューに応じ、フェラーリの今後の商品計画について発言しました。 同会長は 「エンツォ後継車は、パフォーマンスを引き上げながら、燃費や排出ガス性能も改善させる」 と語りました。      そのために、フェラーリが選択するのがハイブリッド。 同メディアによると、今年3月のジュネーブモーターショーで披露したハイブリッド実験車、『HY-KERS』 のノウハウが、エンツォ後継車に応用されるという。    さらにエンツォ後継車では、環境性能向上のため、ボディのダウンサイジングも図られる見込み。 モンテゼーモロ会長は、「エンツォ後継車が、その後のフェラーリの新商品に大きな影響を与えることになるだろう」 と述べ、同車が革新的モデルになることを示唆している。      エンツォ後継車は2012年、登場予定。 同車がフェラーリ初の市販ハイブリッド車になる可能性は、極めて高いといえそうです。 (response.comより)            ちなみに、このエンツォ・フェラーリのデザインは日本人の奥山清行氏なんです。      Σ(o゚д゚oノ)ノ凄ッ! の一言です。         日本人がフェラーリのデザインをするなんて誰が想像できたでしょうか???      世界に誇れる日本人の一人と言えるでしょう!!! ツイートこの記事をつぶやく
 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 2日目がグランデージゴルフ倶楽部 (6,601ヤード・パー72)  で行われ、2位スタートの藤田幸希が、トータル9アンダーまでスコアを伸ばして単独首位に立ちました。        今日の藤田は、OUTが4バーディ ノーボギーの32   INは1バーディー 1ボギーの36でOUT良いゴルフしたね~~      初日トップだった諸見里しのぶは、OUTが1バーディー 2ボギーの37   INも1バーディー  2ボギーの37と2つスコアを落として4位タイに後退しました。      4打差のトータル5アンダー2位タイには横峯さくらと茂木宏美。 横峯は、OUT2バーディーの35  INが4バーディー 1ボギーの33と良いゴルフしたね。         私の地元の飯島茜は、OUTはノウボギーの36  INは、1イーグル 1バーディー 1ダボの35の71でトータル1オーバーの25位タイです。        予選通過は、7オーバーまでの57位タイ68人が決勝ラウンドへ進みました。       優勝は、藤田が9アンダーと走っているけど、明日から2日間の決勝ラウンドはグリーンのピンの位置でスコアが動くから2アンダーまでの選手にチャンスがあるんじゃないかな??? ツイートこの記事をつぶやく
 楽天は運営する仮想商店街 『楽天市場』 で 『宮崎 秋の大感謝祭』 と題して特設のケージを開設しました。        宮崎県が家畜伝染病の口蹄疫の終息を宣言したことを受けての取り組みのようです。 宮崎牛や地鶏炭火焼といった宮崎の特産品をサイトで紹介して、地元企業のなってでの販売促進を支援します。        開設したページには宮崎牛のほか、肉巻きおにぎりやチキン南蛮など約30商品を掲載し、特集しています。 また、東国原英夫知事による動画メッセージのコーナーも設けています。        口蹄疫終息宣言を機に、宮崎県の企業のネット通販を後押しして支援につなげる考えのようです。 楽天市場では、今後も全国の自治体と連携を進め、地方の活性化に協力していく考えのようです。        まぁ、企業に最終目的って社会貢献だと思うね。  ツイートこの記事をつぶやく
 ブリヂストンスポーツ株式会社は、プロ・上級者の皆様から高いご支持をいただいているゴルフボール「TOURSTAGE X01」シリーズから、歯切れよく弾きのあるソリッドなフィーリングの 『TOURSTAGE X01-SOLID(ソリッド)』 と、柔らかさの中にも芯があるマイルドなフィーリングの 『TOURSTAGE X01-MILD(マイルド)』 を、2010年10月8日に新発売されます。        マイルド       X01-SOLID (ソリッド)の特徴は、 1. 歯切れよく弾きのあるソリッドなフィーリング  新開発SD(Spin Deletion)アイオノマー・インナーカバーの採用により、フルショットでの歯切れの良さ、弾き感を追求しました。   2. ウエッジの溝にくいつく、強烈なアプローチスピン性能  当社史上最軟のウレタンカバーの採用により、ピンを果敢に攻められるハイスピン性能を実現しました。   3. ドライバーでの高い直進性と大きなキャリー&ラン  新開発SDアイオノマー・インナーカバーが、ドライバーショットでの低スピン化を促進し、高い直進性と大きな飛距離性能を発揮します。      使用プロは、丸山茂樹、宮里藍、今野康晴、近藤共弘、平塚哲司、宮里優作、宮本勝昌、有村智恵他。        一方、X01-MILD (マイルド)の特徴は、 1. 柔らかさの中にも芯があるマイルドなフィーリング  高速ソフトNeoGコアと、高反発アイオノマー・インナーカバーの組み合わせが、フルショットで芯のある柔らかさを実現。   2. 柔らかくフェースに乗る打感と高いアプローチ操作性  ソフトウレタンカバーとソフトNeoGコアの組み合わせで、   アプローチでフェースに乗る打感と高いスピン性能を実現。   3. ドライバーでの高い直進性と大きなキャリー&ラン  高速ソフトNeoGコアと、高反発アイオノマー・インナーカバーが、ドライバーショットでの低スピン化を促進し、高い直進性と大きな飛距離性能を発揮します。      使用プロは、池田勇太、園田峻輔、小田龍一、高山忠洋、ジョン ミジョン、イム ウナ、それに先日ツアー史上最も遅い記録で優勝した鬼沢信子他。        試打してないからなんとも言えないが、どちらもとても優れた特徴を持っている。 10月18日に発売になったら購入してラウンドしてみたいと思います。 ツイートこの記事をつぶやく
 調査会社のミック経済研究所は、1台のサーバーを複数台あるかのようにみせる仮想化ソリューション市場が2014年には2009年度比2.6倍の4450億円に拡大するとの見通しを発表しました。      コスト削減を目標に企業による導入が進み、サーバー統合を中心に市場は大きな伸びを見込まれるという。       国内のハード・ソフトメーカー、システムインテグレーターなど50社への調査をもとにまとめました。 仮想化技術の定着とともに、提供ベンダー側のノウハウ蓄積が伸展。 市場は本格的な発展段階にはいり、2010年度の市場規模は33.0%増の2302億円となる見込みです。 ネットワーク経由でソフトウエアや情報システムを利用するクラウドコンピューティング基盤の整備が進むことも市場の拡大を促します。      製品の動向としては、アメリカ・ヴイエムウェアのソリューションが市場の9割を占めるなか、アメリカ・マイクロソフトの 『ハイパーV』 がバージョンアップを機に引き合いが増加すると見ています。 2009年度に4.6%だった銅製品の売上げシュアは2010年度には8.9%に拡大すると予測しました。 ツイートこの記事をつぶやく
 酒類大手メーカーは果汁入り飲料の低アルコール飲料を相次ぎ投入する動きがあります。 アサヒビールは梅味の新商品を発売し、オエノンヒールディングス傘下の合同酒精は炭酸入りの製品を売り出し、サントリーは、5つの果汁を配合したカクテルを商品化します。       ビール販売が苦戦する中、低アルコール飲料は女性や若年層を中心に支持を広げており販売が堅調です。 各社は、新商品を投入して各ブランドの強化の乗り出します。        アサヒビールは、『Slat (すらっと) すっきり梅』 を発売。                      すっきり梅      甘酸っぱい香りが特徴の梅果汁にレモン果汁を加え、すっきりとした味わいに仕上げたそうです。 1缶あたり88キロカロリーで、500mlと350mlの2種類を揃えています。 税別の希望価格はそれぞれ191円と141円です。        合同酒精が投入するのが、 『ラ・カクテル ジントニック・クラシーク』。                 ジントニック      ライムやオレンジ入りでいずれも発泡性があり、すっきりとした後味になっているそうです。 アルコール度数は4%。 内容量は350mlで、希望小売価格は141円。        サントリーも10月5日に 『カクテルカロリ』 シリーズに新製品を投入します。                           カロリ      マスカットをベースに、洋ナシ、レモン、ラズベリーなどの果汁をバランスよく配合。 100mlあたりの熱量を32キロカロリーに抑えた商品です。 希望小売価格は141円です。          どれも女性に受けそうな缶のデザインが良し、カロリーを抑えている。 これだったらオシャレにこれからの時期と冬にかけても売れるんじゃないかな!!?? ツイートこの記事をつぶやく
 民主党の青木愛衆院議員(45)にダブル不倫疑惑があると、週刊誌が報じています。       この不倫疑惑を報じたのは、週刊新潮と週刊文春の2010年9月16日号です。          100910_121627                   (上が週刊文春  下が週刊新潮)      週刊新潮は、代表選に出た小沢一郎前幹事長(68)の政策秘書(48)が、青木愛議員とホテルの同じ部屋で1夜を過ごした疑惑を記事に、週刊文春は、小沢氏が青木議員と旅館の座敷で手をつなぐような素振りを見せた疑惑をそれぞれ指摘しています。       小沢一郎氏も政策秘書も妻子がいることから、もし事実とすれば、ちょっと不味いよな。        最も詳細でインパクトがあるのが、週刊新潮の記事です。 それによると、青木議員は、小沢氏が代表選に出馬表明した8月31日、茨城県水戸市内で政策秘書と会い、一緒にシティーホテルに入った。    週刊新潮によると、取材記者が 「8月31日、水戸で小沢さんの政策秘書をお泊りになっていますよね」の問いに、青木氏は、顔をこわばらせて 「知りません」 と否定し、その後は事務所に閉じこもった。と。         取材記者との秘書のやり取りは、    記者 「青木さんと水戸のホテルに2人でお泊りしましよね?」    秘書 「っちょうか、何か問題でもあったんでしょうか」 と云々。 と電話取材の記事が掲載されています。            一方、週刊文春の記事では、小沢氏出馬表明の半月前の8月14日、青木議員は、京都・鴨川の旅館 「吉屋」であった慰労会後に表れたのが青木愛議員だった。 二階の座敷に入った青木議員はベランダにでると、鴨川を眺め、彼女の背後で障子が開くとワイシャツ姿の小沢氏が現れた。 手をつなぐような素振りの後、そろって部屋の中に消えていった。と詳細に書かれています。           この時期にこういう記事が・・・・・ ツイートこの記事をつぶやく