昨日は、当社クライアントの一蔵様のゴルフコンペに参加するためにゴールド佐野カントリー倶楽部に出かける途中のこと。      5時半(昨日は、スタートが早いからこの時間に待ち合わせ)に東北自動車道 「佐野パーキングエリア」 にミノ☆ヒロとgoboo君と待ち合わせしてラウンドするためには肝心の朝ごはんを食べないと今年の夏の暑さに絶えられないから、『佐野ラーメン』 を腹に入れることに、      その佐野ラーメンをだしているのが、                100906_054213   「らーめん さのや」       一番シンプルな醤油のラーメンが、     100906_054418    これです。      美味しそうでしょう!!!!!         美味いんだよ(o^―^o)ニコ   スープがあっさりして、麺がちょっと平打ちのちじれ麺、具は、定番のチャーシュー、しなちく、青物の絹さやえんどうに今は忘れ去られたなるととそれと海苔。  とんこつとかじゃないから早朝でもスルスルとお腹に入っていきます。        腹ごしらえも出来たから今日は優勝ダァ♪(o’д’o)ノ と思ったのですが・・・・なかなか思いどうりに行かないのがゴルフなんだ><  ツイートこの記事をつぶやく
 人材サービスのインテリジェンヌがまとめたビジネスパーソンに貯蓄に関する調査で、この1年間で貯蓄額が 『増えた』 人は34.2%と 『減った』 という人の25.6%を上回ったことが分かりました。      景気の低迷で収入は減少傾向にあるものの、同社では 「節約志向の高まりで地道に貯蓄する人が増えた」 と分析しています。      調査は関東、関西、東海地区に住む25~34歳の男女5000人を対象に4月下旬に実施しました。       現在の貯蓄額では 「50万円未満」 が20.0%と最も多く、以下 「100万~200万円」が16.8%。 「200万~300万円」が13.8%と続きました。 「1000万円以上」は8.7%でした。      昨年と比べると 「50万円未満」 の割合は4.5ポイント低下する一方、「200万~300万円」は2.6ポイント上昇しました。 「1000万円以上」は、0.5ポイント増えました。 同社が実施した2010年の年収調査では25~29歳では前年比8万円の減額、30~34歳では9万円の減額だったが貯蓄額は逆に増えている傾向がでました。      貯蓄が増えた理由としては、「定期預金をした」 が565人と最も多く、「投資をした」 が116人と続きました。 「外食をしない」が109人。 「買い物をしない」 30人。 など節約志向を映す回答も目立ったようです。 ただ、結婚など将来の目的に備えた貯蓄の回答は殆んど見られなかったそうです。          景気低迷で不安だからね~~  貯蓄がないともしリストラや会社の倒産があったら・・・・どうしようと思うのは当然。        霞を食って生きて活けないから。 ツイートこの記事をつぶやく
 若手のお坊さんが執筆した仏教関連本が人気になっているそうです。 主に人の生き方をテーマに、ポップスやダイエットなど身近な話題を交えながら、わかりやすく仏教の世界を紹介する内容で 『考えない練習』 が20万部を超えるベストセラーになっているそうです。      読み手の中心は30代前後の若い層で、高名な僧侶の説法とは違った 「となりのお坊さん」 的な感覚が、時に哲学的な仏教を身近にしているようです。     ベストセラーになっている 「考えない練習」 の著者 小池龍之介氏が日経MJのインタビューに答えていましたから紹介します。       ==読者層が広がっていますが。      「最近、自分の心を操縦できない人が増えています。 『自己実現しなければならない』 と深く考えすぎてしまったり、空気を読んでキャラを演じてしまうような人間関係で思い悩んでしまいます。 そんな生活の中で生まれた胸のうちのモヤモヤと、その原因を知る事で心を制御したいと考える人が、20~40代の第一線で働く世代に多いようです」     ==何故仏教なのでしょうか。    「私が実践しているのは仏教の色のない 『仏道』 です。 仏教にすがったり、進行したりするものではありません。 例えば座禅。 経典も念仏の要らず、呼吸に意識を集中して自分の心をみつめて落ち着かせます。 読者が求めているのは、心のブレをなくして仕事に役立つ平常心を保つ方法です」     ==小池さんの原点はなんですか?    「読者の皆さんが悩んでいる事はかつて私自身も通った道です。 中学生のときから大学生にかけて 『自分が、自分が』 という意識が強すぎて、人間関係がぐちゃぐちゃになり苦しみました。 ネガティブな思考がいかに精神的にダメージを与えるかを教えてくれた体験が本のベースになっており、結果的に読者に響いているのかもしれません」     と答えています。        体験談だから共感する部分が多いのかもしれませんね~~  この「考えない練習」是非呼んでみたい1冊です。 ツイートこの記事をつぶやく
 日本マクドナルドは、朝食メニューの販売を強化します。 朝食時間帯にバーガー類と飲み物をセットにして200円で販売するキャンペーンを実施します。      フィレオフィッシュやエッグマックマフィンなど4種類の商品が対象です。 2週間ごとに1品ずつ交代でSサイズの飲み物とセットで販売します。 通常価格は290円~390円。      日本マクドナルドは6月に 『ソーセージマフィン』を飲み物と組み合わせて200円で販売したところ、朝の時間帯の客数が19%も延びたたそうです。 このため8月には200円メニューに 『マックグリルドルソーセージ』 を追加していました。        “19%も客数が伸びたって凄いよ!!! 朝ごはんが200円で食べれれば申し分ないな~~  このメニューを食べたくても日本橋のマクドナルドが閉店しちゃったから食べれないな~ 残念だ” ツイートこの記事をつぶやく
 マルハニチロホールディングスは回転寿司に関する消費者調査をまとめました。       月に1回以上回転寿司店を利用する人を対象にお店選びで重視する点を複数回答で聞いたところ、『値段が安い』 が69.7%で最も多かった。 次いで、『ネタの種類が豊富』が62.2%、『ネタが新鮮』62.0%と続きました。      回転寿司店に一緒に行く人を複数回答で聞いたところ、『家族』 が83.5%で最も多く、友人・知人が33.1%と続きました。 1人で行く人も12.1%に上りました。       “家族が、83.5%と多いね~~ 回転寿司が一家団欒の場になっている”        最初に食べるネタの質問では20.1%が 『サーモン』で1位。 次に 『マグロ』 が12.5%、『マグロの中トロ』8.2%と続きました。 逆に最後に食べるネタとしては 『タマゴ』 9.1%や 『サーモン』 8.8%、『ネギトロ (軍艦巻)』 6.6%と続きました。      回転寿司店に行った時に食べたいものを注文するか、回ったいるものを食べるかという質問では 『注文した物だけを食べる』が12.2%、『注文した物が多い』が43.1%と 『注文派』が多いことが分かりました。        注文しても安いなら回ってくる寿司より 『中トロ下さい』 と言った方が良いよな~~       それと今回、エエ・・・・だったのが一番最初に食べるネタがサーモンだったことマグロが一番先だと思ったら違うんだね!!?? ツイートこの記事をつぶやく
 『これからの 「正義」 の話をしよう』 が大ヒットしている中、マイケル・サンデルはハーバード大学の人気教授である。  「ビジネスで一番、大切なこと」の著者ヤンミ・ムンもハーバードの教授である。       彼女は日本では知名度が低いが、ハーバード・ビジネススクールでは 『競争の戦略』 のマイケル・ポーターや 『イノベーションのジレンマ』 のクリステンセンと並び、絶大な人気を誇る女性経営学者である。      本書はタイトルだけ見ると自己啓発者のようだが、れっきとしたマーケティングの本である。 これがすこぶる面白い。 いままでのマーケティングの概念を覆すようなことが次から次に飛び出してくるのだ。 例えば、相違点を可視化すると当事者たちは互いの違いを際立たせるのではなく、解消しようとするとというもの。 人というには無意識のうちに弱いところを補強するようにできているらしい。 その結果、市場にはにたようなものばかりが並んでいる。 そこから差別化をはかろうとしても、その差がわずかすぎて、消費者にはその差がほとんど伝わっていないという。      ではどうしたらいいのか? それはこの本を読めば見えてくる。 ヒントはマーケティングには頼るな。 本書はすべてのビジネス・パーソン必読の本だ。 と日経MJ “身につく読書”のコーナーに紹介されています。        この 「ビジネスで一番、大切なこと」 をちょっと読まないといけないね。 ツイートこの記事をつぶやく