先日、何時もスーツをオーダーしている SUIT  FACTORY  dpi 神田南口店が、大好きな 『SALE』 をしていて7月に作ったスーツが出来上がったから取りに行ってきました。                     100804_174441        1着目は、黒にチョークストライプ  100804_175422       襟は、ピークラベル 100804_175633  ステッチの糸は黒の生地に合うように白い糸で。 胸ポケットのデザインは、バルカポケットに。      裏地は、 100804_191446 ちょっと濃いブルーの柄物に。       前掛けのボタンは、一つ掛け 100804_185920 にしてみました。     ポケットは、好きなチェンジポケット 100804_185722 このチェンジポケットホントに好きなんだ^^        今回、拘ったのが、 100804_185059 袖のボタンホール  左が黄色の糸を使いボタンは5個の本切羽の重ね。    そして、右側の、  100804_192848  ボタンホールを白い糸で作ってみなした。      ボタンは、貝ボタンの白蝶貝にしてみました。 貝のボタンはオシャレなんだ^^      そして後ろスタイルが 100804_175605 これ 広背筋からウエストにかけて絞ってシャープに着れるようにして見ました。              もう1着は、 100804_175727  ダークグレイの2つボタン掛けの所謂ブリティッシュスタイルです。      襟は、ピークラペル、100804_175913 最近このパターンが多いんですが><       胸ポケットは、バルカポケット 100804_180031 (直線にカットするのではなく船の底のようにカーブさせているんです)  ウエストの絞りは、第一ボタンに合わせて絞ってみました。 そして、チェンジポケット。        裏地をどうするか迷ってN店長が 「サッカーで日本の色だったジャパンブルーにしましょうか??」ということで 100804_175830 ブルーにしてみました^^        袖のボタンは、 100804_185005 本切羽で5個ボタンの重ね無し (2着同じだと芸がないからd(-∀-。)ネッ)  で、ボタンホールをジャパンブルーに。 もう1個は目立たせる為に白い糸でアクセントを付けて見ました。      2着作ってくれたお礼に 100804_200820 豚毛のブラシ頂きました。 スールは、着たら必ずブラッシングしましょうね!!  肩や襟の辺りに汚れが溜まりやすいですからね。 汚れが取れてスーツが長持ちしますよ。        『生地』 と言うくらいですから生きているんです。       これは、嬉しいプレゼント頂きました^^        何時も色々と提案して頂きましてN店長ありがとうございます。  ツイートこの記事をつぶやく
 先日、山手線の側面が 「ガリガリ君 祭」 で占領されていた事を書きましたが、(゚∀゚)ラヴリィ!! カズマサ君と会社の近くでバッタリあったら・・・ 「お疲れっす  なにやってんすっか???  」     「出かけて今帰るところヨッ!!a(a`ε・´o)」      「暑いっすね~~  そういえば、ガイガリ君 美味しいのしってます??」 って     「俺も、ガリガリ君くらいは知ってるよ!!」      「新しい チョコ味ですよ~~ 知らないっしょ・・・ 会社のみんなで食べてください(σ・∀・)σY〇!!」 って頂きました。          100804_165507      早速 “ガリガリ”っと頬張ると  100804_165857        実に 『う~~んまい!!!』        チョコが、実に゚+。゚(・∀・)゚。+゚イイ!! 作ったようなチョコの味わいではなくチョコの口どけがホントのチョコを食べているです。  これは、売れるな^^        で、お楽しみなのは “当り棒” なのか???  100804_170804  裏も確認しましたが・・・  残念。゚(PД`q。)゚。        明日も、食べちゃおう(´・_・`。)ヵナァ・・        ご馳走様でした(ωV_vω)ペコ   ツイートこの記事をつぶやく
 日経産業新聞の私の本棚のコーナーに三谷宏治著 「ハカる考動学」 が紹介されていました。      この本は、ハカる(測る、量る、計る) ことが主題である。 あらゆる物事の基本はハカることだという、当たり前であって非常に意義深い議論が繰り広げられる。      本書では 「ヒトはハカる」 「作ってハカる」 「新しいハカり方を創る」 という3つの力を鍛えるように促す。 これらの3つの挑戦領域にたいして、私たちのみじかにある31の具体的な事例で解説してくれる。       ヒトをハカった例では、子ども靴メーカーが行った足幅計測の事例が紹介されている。 日本の子どもたちに増加している外反母趾の原因が、従来の認識とは逆に靴幅が広すぎて運動不足で足幅が細くなった為だとつきとめた。 これだけを聞くと地味でつまらない話かもしれないが 「このような計測の実施こそが、問題を考え、因果関係を解明するための王道だ」 と著者の主張には、心から賛同する。      ともすると難解な理屈で終始しそうに見えるかもしれない。 しかし、ハカるというテーマをこれほど分かりやすく解説した書籍は他に類を見ないのでないだろうか。 と、ジュネックスパートナーズ会長の真木和俊氏が紹介しています。 ツイートこの記事をつぶやく
 先日、あるTV番組で今までに9000件にのぼる離婚を扱ってきた弁護士 湯川久子さんが紹介されていました。      九州では始めての女性弁護士の誕生として注目されてそうです。 1957年に福岡で弁護士事務所を開業。     湯川さんは、離婚をしたいと思っている女性との面談で離婚をすすめるかで 『夫の食べ残しを食べれますか?』 と必ず質問されるそうです。      その答で 「食べれる」 なら、「あなたにはまだ愛があるということ!?」 と答えると “ハッと” して帰っていかれる方が多いそうです。        “食べ残しを食べれます?” の質問って う~~~ん 鋭い質問です。 湯川さんは、女性が離婚すると経済的にも精神的にも自立しないといけないから “大変なのよ。 だから、愛がまだあるならとどまりなさい” という事を言いたいんだろうな。  きっと。          日本の離婚は、平成14年(最も多い)が28万9836組で、昨年が、25万3000組だそうです。 最も少ない離婚件数だった昭和36年から最も多い離婚件数だった平成14年の41年間で、日本の離婚件数は4.18倍になり、日本の離婚率が3.1倍になっているそうです。             ツイートこの記事をつぶやく
 今朝も、ローソンに立ち寄ってローソン35周年キャンペーンの当選賞品の 「アサヒ 朝ブレンド 十六茶」 を貰ってきました。              100804_091616      ここのローソンの入っているビルの6Fの看板が気になるヨッ!!a(a`ε・´o)  こんな子は絶対いるわけないと思いながら男って “ひょっとして” なんて思って行っちゃうんだよな~~~~   ホントに男ってバカだよ・・・              早速、QRコードをロッピーにかざし無料券を取り出し、カフェインゼロの朝ブレンド十六茶を                 100804_092418        と頂きました。         会社で早速頂きました。      後味がなんとなくすっきりしている感じがする。  ブレンドしている素材って初代の十六茶から何度も変わっているそうな!!??         味覚の時代に合わせるってことダナッ( ´,_ゝ`)y-~   渋みをなくしてすっきりした感じで爽やかさを出すとかいろいろ考えているんだろうな。 ツイートこの記事をつぶやく