カルチャア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が書店の改革に取り組んでいます。 仕入れを絞り、返本を減らす試みです。 現行の取引制度では、書店は売れなかった本を返品できるため、過剰に注文を出しがちです。 返本作業に伴う人件費や送料の増加は経営を圧迫します。 仕入れを減らすと品ぞろえが低下して、売り上げ減につながるという書店の「常識」を覆せるか? CCCの取り組みは書店だけではなく出版社も注目しています。      CCCが展開する 「TSUTAYA」は、DVD・CDレンタルチェーン最大手で、全国に1400店舗を張り巡らせています。 うち4割強にあたる約600店で書籍・雑誌を販売しています。 2009年度の書籍・雑誌の売上高は前年比7%増の907億円。 丸善を抜き、最大手の紀伊国屋書店に次ぐ規模にまで成長しています。      書籍・雑誌の商慣行は独特です。 書店は取次会社から販売を委託されている形で仕入れをしており、一定期間内なら自由に返本ができます。 出版社と取次会社、書店の3者の契約に基づくもので国内出版物の9割以上が委託販売で取引されています。 返本の期間は新刊本が4ヶ月、雑誌は45日から60日です。      書店は在庫を抱えるリスクが無く、発注や営業が甘くなりがちで、書籍・雑誌の出版点数は年々増えており、2009年には計8万点を突破しています。 出版科学研究所によると2009年の返本率は書籍40.6%、雑誌は36.2%となっています。 書店経営は一般的に営業利益率は1%に満たない状況です。 売れない本を店頭に並べたり、返本のために荷造りしたりする作業の人件費、物流費を膨らませ、ただでさえ少ない利益を圧迫しています。      改革は、2009年4月、東京・世田谷の 「TSUTAYA 桜新町店」を舞台に始まりました。 フランチャイズチェーン(FC)が大半のTSUTAYAにあって、同店はCCCの直営店で、同店の2008年の返本率は39.2%。 内訳は、書籍が43.3%、雑誌は34.8%。 TSUTAYA全体の平均よりそれぞれ1.6ポイント、2.7ポイント高い。 月商1800万円という売上高を下げずに、返本率を10ポイント超ずつ下げるのが目標となった。      改革はCCCが取次最大手の日本出版販売と共同設立したTSUTAYA向け取次会社、MPDと取り組みました。 返本率は書店が取次に送り出す本の合計金額を仕入れで除して算出します。      MPDや日本出版販売が同店に送ってくる書籍について調べたところ、6割強が同店が注文したものだった。 書店業界では 「出版点数が増え続ける中、取次は自分たちの都合で売れない本でも送って来るから返本が減らない」 といった取次批判が聞かれた。 ただ、書店側も、返本できるということに甘え、深く考えずに注文を出しているという面も否定できない。       同店ではまず注文の削減から取り組んだ。 売れた書籍について、棚を補充するため機械的に注文を出す従来のやり方を廃止しました。 ジャンルごとに売上構成比でおおむね60~70%以内にはいいっている物のみを補充うするというやり方に改めました。 仕入れを絞り込み過ぎ、売りに逃がしが発生して売り上げを落としたジャンルもあった。 運用しながら、補充の範囲を調整する作業は欠かせないようです。      一方、売れ筋商品だけを並べることは、店頭が金太郎飴なるリスクがある。 そのためにも、書店員らが自ら売れそうな書籍を仕入れる能力を高める必要性があります。 同店の注文量は2009年度下期になると2008年度に比べて4割も減りました。 雑誌についても追加注文を控え、欠品状況を調べてみたところ、日本出版販売の売れ筋上位300タイトル中で欠品が生じていたのは13タイトルのみだったそうです。 欠品の月刊誌は20日程度で売り切った例が大半で、経営として健全な状況です。       これらの取り組みが奏功して、同店は2009年度の返品率は2008年度比13.5ポイント減の25.7%にまで改善しました。そして、売上高は2.9%伸びました。 年間の経費削減効果を算出したところ約164万円だった。 仕入れを絞って売り上げは減らず、むしろ伸びるという結果になった。       CCCでは同店で蓄積しているノウハウを順次、FC加盟店に広げていくそうです。  2010年度はFC加盟の10法人200店舗で同様の取り組みを行うそうです。 今回のような取り組みは業界2位の大手だからこそできたという面はあるものの一般の書店にも参考になりそうです。 ツイートこの記事をつぶやく
一般の女性を集めて、大人数で歌うユニットが続々と誕生するなか、今度はギャル24人の「渋谷GAL’s」が登場したそうです。  近々48人に増やす予定で、渋谷ギャル版「AKB48」と言われている。      「渋谷GAL’s」はファッション雑誌「egg」の専属モデルとして活躍する「ゆまち」こと高橋由真さん(21)と「愛奈」こと田中愛奈さん(21)がプロデュースしたアイドルグループ。 「ギャルによる、ギャルのための、ギャルユニット」をテーマとし、モデル、アーティスト、タレントになりたいという渋谷ギャルの夢を実現するために結成されたそうです。              news69478_pho01        「渋谷GAL’s」第1期生は、約4000人の応募の中からオーディションを勝ち抜いた22人に、ゆまちさんと愛奈さんが加わる。 渋谷を中心に、鹿児島県や高知県など全国から選抜された。 最年少は中学3年生の14歳の菊地愛華さんだ。      デビュー曲は「応援歌!『アゲぽよ~♪』」で、2010年8月4日にレコチョクなどから配信される。7月24日に東京・お台場のショッピングモール「ヴィーナスフォート」でお披露目イベント、8月6日に渋谷のイベントハウス「O―EAST」でライブパフォーマンスを行う。      秋にメンバーを48人に増やすことが決まっていて、愛奈さんは6月22日のブログで、「渋谷GAL版AKBなんちゃってー」とおどけている。所属事務所デルタパートナーズの担当者は、「みんなで力を合わせて1人1人が光っていくAKB48のようになれたらいいと思っています」と明かした。          そんななか、なんとファミレス版ユニットも登場しました。        すかいらーくは、ファミリーレストラン「すかいらーく」のオープン40周年を記念して、アイドルユニット「SKL39」の結成を6月17日に発表。 メンバーはオーディションで選ばれた10歳代後半~20歳代前半の39人。      メンバーが歌うPRソング「常夏 スパチキ」が6月17日に公開され、特設サイトではメンバーがツイッターを使ってつぶやいたり、本音トークを公開する「ガールズトーク」などのコンテンツを見ることができる。 また、握手会が予定されている。 ツイートこの記事をつぶやく
 身体が疲れている。 ”飲み疲れか” そんなことはないのですが、身体を癒しに地元の 「天然温泉 やまとの湯」へ温泉入ってきましたよ♪(σ´ω`)σ                   100626_144754    チャリで行けば、10:00から23:00(かな?)まで居られて650円だぜ('ェ')y-~   そんなに、居ることはないけど・・・・      店内に、    100626_144931   毎月26日の “お風呂の日”に11枚綴りの回数券が6000円のところ5500円で1回当たり500円で更にやすくなる、垂れ幕。    これって、仕事をリタイアした人の確保のための作戦ダナッ( ´,_ゝ`)y-~  500円でお湯は使い放題に、温泉、サウナ等々利用して500円は安い。       温泉から上がったら、              100626_175343   ここでお昼寝、もう゚*。最 (*゚д゚*) 高。*゚だぜ( -ω-)y-~   明日も、身体癒そうかな??? ツイートこの記事をつぶやく
 ツルハホールディングスは、2015年度までに、グループの店舗を現在の6割増の1500店舗に拡大します。 今年度に80店舗を出店するなど出店攻勢をかけるほか、M&Aを積極活用します。 同社は、好調な業績が続いており、豊富な手元資金を活用して業界首位のマツモトキヨシホールディングスを追撃する狙いです。      ツルハホールディングスは現在、北海道や東北を中心に918店を展開。 2011年5月期に1000店という計画が「半年遅れで達成できそう」なため2016年5月期までに1500店、売上高で5000億円という目標を立てました。 今年度には、北海道や東北を中心に80店舗を新規開業。 関東では子会社のくすりの福太郎などを利用して店舗展開を進めます。 M&Aも活用して店舗網の拡大を狙います。 立地条件を重視してドラッグ店のほか、スーパーやホームセンターなどの異業種も視野にいれるそうです。      ツルハホールディングスが店舗網を増やす背景には好調な業績がある。 2010年5月期は売上高2797億円。 当期利益65億円とともに過去最高を更新しました。 業界トップのマツモトキヨシホールディングスは今年3月末時点で店舗数1117店を展開しています。 ツイートこの記事をつぶやく
ローソンは買い物客自身が商品のバーコードを使って清算する 「セルフレジ」 を導入すると発表しました。 オフィス街の店舗を中心に2010年度中に51店舗に広げます。 昼食時間帯などの混雑を緩和すると同時に、将来の人件費抑制につなげる狙いです。 まずは、6月28日にゲートシティー大崎店に1台目を導入します。      1回の決済金額は1万円以下で、クレジットカードや電子マネーなどカード決済た対象で、現金での清算はできません。 設備投資はローソン本部が負担するということです。      ローソンは昨年3月から2ヶ月間、都内の2店舗で実験してきました。 通常のレジ精算を含めた決済全体の3割以上がカード決済になっており、混雑時にセルフレジを利用する来店客も目立ち、混雑緩和に効果があると判断しての導入となりました。      3割がクレジットカード決済を利用しているのは、カード決済するとポイントがたまるから(。´・ω-)bネッ  それに、小銭が財布に溜まらないのが良いな。      でも、コンビニにセルフレジかい???  なんだか、人とのコミュニケーションが無くなって人としての礼節 「いらっしゃいませ」 「ありがとうございました」 が無くなるのは無機質になってしまうような気がして残念ダナッd(`д´*)          人件費抑制だけが目的だけでいいのかな??? ツイートこの記事をつぶやく
 ディスカウントストアのドン・キホーテはプライベートブランド(PB)の 「ラー油」 を全店で発売しました。 ご飯などにかけて食べられるタイプで、モモやなどのナショナルブランド(NB)が爆発的に売れていることを受けて開発を決定しました。                biz1006221712029-n1      食べるラー油のPBは珍しい。 価格は、110グラムで598円でNB商品に比べ5割ほど高くなっています。 「NB商品ではなく中華専門店のなどの高級ラー油」を参考にした」ということです。 製造は国内メーカーに委託しています。      揚げたニンニクや玉ねぎがは良いており、サクサクとした食感が楽しめるという。 ご飯や冷ややっこ、冷めんなどの中華料理に合わせて食べる。        食べられるラー油の人気は、衰えないですね。 調味料のラー油から食べるという新しい提案が消費者に受け入れらたかたちカナ(b’з`*) ツイートこの記事をつぶやく
 世界最大のネット上の交流サイト(SNS)、アメリカ・フェースブックは2004年、ハーバード大学の学生だったマーク・ザッカーバーグ氏が創業して、今年3月には利用者が4億人に達したされます。    本書は、普通の大学生だったマーク・ザッカーバーグ氏がフェースブックを開発して、事業を拡大させる過程をドラマ風に描いたノンフィクションです。      フェースブックは当初、ハーバード大学内の専用コミュニティーとして立ち上げららました。 学内の人気を集めて他大学にもネットワークを集めて他大学にもネットワークを開放して、会員を増やした。 その後、シリコンバレーに拠点を移動して、ネット業界の激しい競争を生き抜くために、大口の出資を取り付けて急成長をなしとげる、といった内容になっています。      主人公は、マーク・ザッカーバーグ氏ではなく、創業資金をだした親友の男性です。 この主人公はさほどネットに詳しくはないようで、フェースブックの技術的な革新性については大幅に省略されています。 だがこのおかげで、ビジネス書としては読みやすくなっています。 事業としてのアイデアの斬新性や、ヒットにつながる工夫が分かりやすく書かれています。 SNSを使ったこのない人でも、フェースブックのどこが新しく、なぜ注目されるのかを考えることができ、マーケティング戦略を考えるヒントになりそうです。 ツイートこの記事をつぶやく
 女子ゴルフの今季メジャー第2戦、全米女子プロ選手権は25日、当地のローカストヒルCC(6506ヤード=パー72)で第2ラウンドがあり、4位スタートの宮里美香は4バーディー、2ボギーの70で回り、通算5アンダーで首位と5打差の2位タイにつけた。       世界ランキング1位の宮里藍は5バーディー、4ボギーで、通算3オーバーの48位に順位を上げた。 横峯さくらはイーブンパーの18位、有村智恵は1オーバーの23位で決勝ラウンド進出。  上田桃子は8オーバーで予選落ちした。      上田桃子は、膝の調子が悪くて今シーズンは手術をしないで戦うと宣言して戦っていますが、膝はゴルフで大切だからな・・・・ それに、コーチの江連忠のコーチ契約をも解消したことも影響しているの(´・_・`)カナー ツイートこの記事をつぶやく
 コールド・ストーン・クリーマリー・ジャパンは、アイスクリームのインターネット販売を始めました。 関東や関西以外の店舗数の少ない地域を開拓する狙い。 今後はネット販売専用の商品を用意して、既存客のネット販売への利用を促していく。      今回、ネットの仮想商店街 「楽天市場」 に出店して販売を始めました。 現時点では取り扱う商品は既存の店舗でも販売している商品です。 アイスクリームを使ったロールケーキなど、3品のすいーつをそろえる。      ロールケーキは2種類を販売し、店で一番人気のイチゴ味のアイスクリームをスポンジに挟んだ 「ストロベリー ロールケーキ セレナーデ」(1800円)と、チョコレートをベースにした 「チョコベリー ロール」(2000円)を用意。 6種類のアイスクリームをそれぞれクッキーで挟んだ 「アイスクリームクッキーサンドセット」(2000円)も販売します。      今は、店舗と同じ商品の販売ですがネット専用の商品を開発したらかなりすそ野が広がる気がしますね。 ツイートこの記事をつぶやく
 アメリカ疾病対策センター(CDC)の調査で、米国人の9割が塩分(ナトリウム)を摂り過ぎていることが分かりました。      それによると、米国人のほとんどが政府当局による推奨量の倍以上となる1日3466ミリグラムのナトリウムを摂取。 超過分の大半をピザやクッキーなどから摂っていそうです。      2005年版の「米国人の食事に関する指針」では、ナトリウム摂取の推奨量を1日当たり2300ミリグラム未満と定めており、2010年版ではそれを1500ミリグラムにまで下げる案が検討されている。      同調査ではまた、こうした食事によるナトリウム摂取量のうち77%が加工食品や外食に由来すると推定している。    塩分の過剰摂取は、血圧を上昇させ、腎機能障害や脳卒中を引き起こす可能性がある。      CDCの公衆衛生アナリストらが実施したこの調査結果は、同センターの週刊レポートに掲載されている。(ロイターより)      アメリカって先日もオバマ大統領とロシアのメドベージャフ大統領がハンバーガー店で食事をしたくらい ハンバーガーの脂とフライドポテトの塩の取りすぎのようなイメージがあるけど、ピザやクッキーとは・・・・以外だった。 ツイートこの記事をつぶやく
Page 3 of 17«12345»10...Last »