2010,05,30

吉本興業 i pad向け映像コンテンツ配信

吉本興業は、アップルの 「i pad」 向けに映像コンテンツを配信すると発表しました。  所有するお笑いタレントの短編映画などを有料で提供する。 7月上旬にも配信を開始して、毎週20本ペースでコンテンツを拡充していく予定です。     吉本興業が開発するアプリケーションは 「よしもとアプリ」。     アップルのソフト販売サイト 「アップルストアー」 でアプリを無料でダウンロードしてもらい、コンテンツをに課金する形で収益を得る。   配信する動画コンテンツは「吉本新喜劇」 などの舞台公演のほか、所属タレント100組が自らメガホンをとった短編映画企画 「YOSHIMOTO  DIRECTOR’S100」を計画している。 価格は1作品あたり300円程度となる見通し。  i pad向け独自コンテンツの制作・販売も考えている。     このほか、タレントの劇場出演 「ツイッター」 を活用した無料情報も提供する考えです。      動画生中継サイト 「ユーストリーム」を使ったライブ配信も予定しています。       ここ暫くは、「i  pad」  「i  phone」  「ツイッター」」  「ユーストリーム」 の4つがビジネスのキーワードとなりそうです。 ツイートこの記事をつぶやく