フェラーリ・ジャパンは、フェラーリの最新V8モデル『458イタリア』を富士スピードウェイで開催しているオーナー向けサーキットイベントで、日本初公開しました。
        265705 response.jpより
458イタリアは、最高出力570馬力を発生する4499ccV型8気筒エンジンを搭載、7速のF1デュアルクラッチトランスミッションとの組み合わせにより、走行性能は、0-100km/h加速が3.4秒未満、最高速度が325km/h。    “0~100kmの加速3.4秒は、早いΣ(o゚д゚oノ)ノ凄ッ!”
F1で得たノウハウを色濃く反映させたモデルとあって、ドライバー席は、主要なコマンドスイッチ類をステアリングホイール上に配置するなど、F1のコックピットを思わせるもので、スポーツ志向の強いモデルとなっている。
また、ステアリングホイールに設置されたスイッチにより5つの走行モードが選べ、適度なドリフトを可能としながらスタビリティコントロールを機能させる「CT-Off」モードを追加するなど、車輛の電子制御技術も進化させている。
458イタリアの価格は2830万円。日本では7月中旬よりデリバリーが開始されるが、今から注文を入れても既に2年待ちの状態とのこと。
2年も待ちかよ(o`ε´o)・・・って言ったけど買えないよ!(σ`・д・)σ
ツイートこの記事をつぶやく
ダイヤモンドカップ(埼玉・狭山GC 7159ヤード=パー72)は、最終ラウンドがあり、金庚泰(キム・キョンテ)=韓=が通算16アンダーでツアー初優勝を飾った。     2位には2打差で小田孔明が入った。3位は横尾要。     石川遼は2バーディー、4ボギーとスコアを崩し、通算2アンダーで32位。   石川の2年後輩でアマチュアの17歳、浅地洋佑(東京・杉並学院高2年)は1イーグル、2ボギーで通算7アンダー、9位に食い込んだ。 ツイートこの記事をつぶやく
映画配給のファントム・フィルムは、アップルの 「i phone」 を活用した映画の販促を展開します。 6月に公開するホラーアクション作品 「リアル鬼ごっこ2」 をモチーフに、i phone上で実際の鬼ごっこを楽しめるゲームソフトを提供。     ゲームをクリアした利用者に劇場で映画のオリジナルグッズを贈呈します。     映画 「リアル鬼ごっこ」は山田悠介氏の同名小説が原作で、鬼に捕まると処刑されてしまう物語。 i phone向けソフトでは全地球測位システム(GPS)機能を活用して、端末の画面上で利用者の現地時間を表示。 架空の鬼から逃げ切るとクリアとなる。 プレー時間は1日1時間で計3日間とした。      端末画面から「ツイッター」」を使える機能も搭載して、他の利用者の反応を楽しめる。      ソフトは、無料でダウンドードできます。 ツイートこの記事をつぶやく
ソネットエンターテイメントの子会社でソフト開発のモーションポートレートは、アップルの 「i pad」 に対応する美容院向けのアプリケーションを投入します。  顧客の顔写真にコンピューターグラフィックス(CG)のまつげを合成、好みのまつげを試せます。  今後は、髪形を試せるアプリも開発するそうです。     このソフトは 「i  Lash  (アイラッシュ)」     まつげのボリュームをふやすために、人口毛を接着剤でつける 「まつげエクステンション」のシミュレーションに使う。 デジタルカメラで撮影した顔の写真を i pad に取り込むと、約30秒程度でシミュレーションができるようになる。     まつげの本数や、長さ、カールの度合い、太さなどを自由に選べ、i pad画面にふれることでまつげの様子を上下左右様々な角度から確認できます。 まばたいた際の様子も確認できます。      体験版は、28日にアップルの配信サービスを通じて期間限定で無償提供しています。      7月初めにもすべての機能が使える有料版を投入して、月額1万円以下で美容室などに提供する考えです。 半年間で国内200程度の美容室への導入を目指し海外展開も視野に入れるそうです。 ツイートこの記事をつぶやく
吉本興業は、アップルの 「i pad」 向けに映像コンテンツを配信すると発表しました。  所有するお笑いタレントの短編映画などを有料で提供する。 7月上旬にも配信を開始して、毎週20本ペースでコンテンツを拡充していく予定です。     吉本興業が開発するアプリケーションは 「よしもとアプリ」。     アップルのソフト販売サイト 「アップルストアー」 でアプリを無料でダウンロードしてもらい、コンテンツをに課金する形で収益を得る。   配信する動画コンテンツは「吉本新喜劇」 などの舞台公演のほか、所属タレント100組が自らメガホンをとった短編映画企画 「YOSHIMOTO  DIRECTOR’S100」を計画している。 価格は1作品あたり300円程度となる見通し。  i pad向け独自コンテンツの制作・販売も考えている。     このほか、タレントの劇場出演 「ツイッター」 を活用した無料情報も提供する考えです。      動画生中継サイト 「ユーストリーム」を使ったライブ配信も予定しています。       ここ暫くは、「i  pad」  「i  phone」  「ツイッター」」  「ユーストリーム」 の4つがビジネスのキーワードとなりそうです。 ツイートこの記事をつぶやく
映画「イージーライダー」などへの出演で知られる米俳優デニス・ホッパーさんが29日、前立腺がんの合併症により、ロサンゼルスの自宅で死去した。 74歳だった。     友人のアレックス・ヒッツさんによると、現地時間午前8時15分、家族や友人らに見守られながら息を引き取ったという。     ホッパーさんは、50年を超えるキャリアのなかで数々の映画に出演。1950年代に「理由なき反抗」や「ジャイアンツ」でジェームズ・ディーンと共演し、その後、監督・脚本も務めた「イージーライダー」はアカデミー賞の脚本賞にノミネートされた。また、1986年の「勝利への旅立ち」では、アカデミー賞助演男優賞の候補となった。         まだ、がきの頃 「イージーライダー」を見たときバイクのカッコよさがなんとも言えなかったことを覚えているな~~                200px-ZweiRadMuseumNSU_EasyRider   そう  このバイクです。  ピーター・フォンダ扮するワイアットが乗るハーレー・ダビッドソンのバンヘッドで前輪にはブレーキが無いんだ。 エンジンは、1200CC。   麻薬の売買で得たお金をガソリンタンクの中のチューブにお金を隠していたシーンが思い出させる。     “アメリカって・・・こんなことするんだ” って鮮烈に覚えている。     デニス・ホッパーのご冥福をお祈りします。 ツイートこの記事をつぶやく
カカクコムは、運営するグルメサイト 「食ベログ」 で 「ツイッター」 との連動機能を拡充したと発表しました。 ユーザーが食べログに口コミを投稿すると、そのタイトルやレストランの評価などがツイッターに自動表記される。 サイト利用者の増加につなげる。 利用するには食べログ、ツイッター両サービスへの会員登録が必要。   食べログのマイページでツイッターのアカウントを入力すると、ツイッターにも口コミのタイトル等が表示されるようになる。 口コミの本文に移動するリンクも掲載される。   これまでは食べログに載っている店舗名や店舗ページへのリンクをツイッターに投稿できるだけだった。    食べログにの会員数は約31万人。  ツイッターと連動させることで 「フォロー」 し合う仲間と情報交換が手軽にできるようにし、サイト閲覧者や口コミ投稿数を増やす狙いです。 ツイートこの記事をつぶやく
凸版印刷は、スパーなどのチラシをネットで閲覧できる電子チラシサイト 「Shufoo!  (シュフー)」を28日から、アップルの i pad に対応させています。 全国の流通業など360社。 2万店舗のチラシ広告を無料で見ることができます。 いち早く i pad に対応することで虚客の利便性を高め、囲い込みを図る。 同時に 「i phone」 向けアプリも無料で公開。   現在、他者のパソコン向けと携帯向けに配信している。 i pad向けは主に自宅利用を見込んでおり、i phone向けは外出先での閲覧を想定している。 凸版印刷は、i padの有効なアプリの一つとして利用を訴えていく。   i padは、パネルを指でタッチして画面を操作するため、実際のチラシのような感覚で閲覧できる。 携帯電話に比べ画面も大きいので使いやすい。 場所を選ばず利用できるので、リビングでくつろぎながら閲覧するなどの使い方を提案していく。    「シュラー」は、全国のスーパーや家電竜販店など約2万点のチラシ広告を掲載。    使い方は、郵便番号などを入力すると、街頭する店舗のチラシ広告をが表示する仕組。 主婦などが買い物の計画を立てるのに便利で、店舗別のキャンペーン情報の提供も掲載している。 ツイートこの記事をつぶやく
「お店のクレーム解決力」の著者の小沢信夫氏は長年、スーパーに人事、総務畑を歩いてきた実践的クレーム対応策。 それだけに説得力がある。   日々、多くの買い物客が訪れるスーパーには、その数に比例して買い物客からの要望、苦情、感謝の言葉が寄せられる。  本書によると苦情や文句を言いたいと思っている人の4%しか、店舗に意見を述べておrず、残りの96%は無言のまま2度とそのお店には足を運ばないという。    買い物客がせっかく勇気を振り絞って店舗に伝えたい内容こそが、品ぞろえやサービスの改善につながる道だと主張する。 それがなかなかできないか多くの流通業やサービス業で店や会社の評判を落とすことが後をたたない。   本書は買い物客の怒りと困りごとを40のケースにわけて詳しく紹介。 その善後策を提示しています。 店舗がこころげけていないのは 「お客様は常に正しい」 というゴールデンルールにたつこと。 謙虚・敏速・正確・誠実・積極的に客に接するべきだと訴える。   買い物客が苦情をいうときはには 「必ずなにがしかの心の痛みを感じたときである」 という。 その心の痛みを店側、従業員が察し、感じ取るこそが買い物客との信頼関係を築く道だという。 これができればストアロイヤリティーの高い顧客になります。 ツイートこの記事をつぶやく