アップル社の株式時価総額が26日、ソフトウエア世界最大手のマイクロソフト(MS)を上回ちゃいましたよ。  両社が上場する米ナスダック市場によると、同日の終値はアップルが前日終値比0.4%安の244.11ドル、MSは同4%安の25.01ドル。  株価に発行済み株式数を掛け合わせたアップルの時価総額は2221億2000万ドル(約19兆9900億円)となり、MSの2191億8000万ドルを抜き、情報通信(IT)関連企業としての時価総額で世界一に躍り出た。     ロイター通信によるとアップルの時価総額がMSを上回るのは1989年12月以来のことです。 アメリカ企業としてもエクソンモービルに次いで時価総額2位に輝きました。  ライバルとして比較されることの多い米グーグルの1514億3000万ドルも大きく引き離した。     アップルは90年代、パソコンのOS(基本ソフト)をめぐる競争でMSのウィンドウズに敗れ、90年代初頭に約10%だったパソコン「マッキントッシュ」の市場シェアが97年には3%台まで低下しました。      2年連続で大幅赤字を計上するなど経営危機に陥った時期もあった。     ところが2000年代に入り、デジタル音楽プレーヤー 「iPod」 の大ヒットで業績が急回復。  多機能型携帯電話機 「iPhone」 の爆発的なヒットもあり、10年1~3月期には、純利益が前年同期比89.8%増の30億7400万ドル、売上高も同48.6%増の134億9900万ドルと業績を急激に伸ばしてきた。  MSは純利益が40億ドル、売上高は145億ドルで、逆転は時間の問題だ。  4月には米国で新型携帯端末 「iPad」 を発売し、1カ月足らずで100万台を販売。   日本でも28日に発売予定で注目を集めているが、1週間で何台売れるんだろうΣ(・Д・)カッ!?     米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は時価総額の逆転を「ウォール街がIT業界の一つの時代の終わりと新たな時代の幕開けを告げた」と報じました。 ツイートこの記事をつぶやく
関西地盤のスーパーマーケットのイズミヤ(大阪市)は、食品を扱う全83店で「宮崎県応援フェア」を29日から6月6日まで開きます。   宮崎産の野菜や果物、肉や焼酎など約70品目を販売し、売り上げの一部を宮崎県に寄付するそうです。     宮崎県は、応援したくなるよ。 ツイートこの記事をつぶやく
フォード・ジャパンは、『マスタング』に特別限定車の『V8 GT Appearance Package(アピアランス・パッケージ)』を設定し、全国の正規販売店を通じて販売を開始しました。     『V8 GT Appearance Package』は、クーペとコンバーチブルの“V8 GT”をベースに、その名前が示すように特別なスタイルになっているそうです。                TKY201005270161asahi.comより   まず装備面では、専用デザインの19インチアルミホイールがエクステリアにスポーティさをプラスし、専用インテリアトリムとレザーシートが上質なインテリアを演出し、 加えて、エンジンルームタワーバーも特別装備する。 ボディカラーとインテリアカラーの組み合わせにもこだわり、存在感のある2つのパターンを用意。 この限定車専用のサンセットゴールドのボディには、ホワイトストライプアクセント付きのシートを、鮮やかなコナブルーのボディには、ボディカラーとコーディネートされたブルーストライプアクセント付きシートを装着する。                   TKY201005270160     なお、この特別仕様車は、40台の限定販売となる。 価格は、V8 GT クーペ Appearance Package:490万円 V8 GT コンバーチブル Appearance Package:560万円   アメ車って何でか高くない(人д〃)ネッ        ホント  不思議!!?? ツイートこの記事をつぶやく
欧米で電子書籍ビジネスを展開してきたソニーは本日、同社の電子書籍専用端末「リーダー」の新しいモデルを、日本国内で、年内に発売すると発表しました。  KDDIも専用端末を年度内に開発する意思を明らかにした。 この日、両社と凸版印刷、朝日新聞社がそろって記者会見。  7月1日をめどに、4社で電子書籍配信事業に関する事業企画会社を設立することも発表した。  電子出版物への関心が世界的に高まる中、日本でも本格的な電子書籍端末時代の幕が開き、一気に市場が広がりそうです。     会見で米ソニー・エレクトロニクス社の野口不二夫上級副社長は「これまでのノウハウを生かし、この(事業企画)会社と共にマーケットを作りたい。  出版や印刷は歴史が長く、電子化は文化の継承と考える。  ビジネスだけでなく文化的価値を意識しながら日本の新しい電子書籍配信システムを作りたい」とあいさつした。端末の性能など詳細には触れなかった。  日本以外の数カ国でも発売する。     KDDIの高橋誠グループ戦略統括本部長は「電子書籍市場の発展に合わせてスマートフォンや専用端末の開発に取り組みたい。  出版・新聞の価値あるコンテンツを価値を持たせてユーザーに届けたい。  ビジネスの健全な発展を目指したい」と述べました。     4社による事業企画会社は出版社や新聞社が安心してデジタルコンテンツを配信する仕組みを整備し、年内に事業会社に移行、サービス開始を目指す。国内最大級の電子書籍配信のプラットホーム構築に向け、他企業にも参加を呼びかける。     事業会社は、出版と新聞コンテンツの収集、電子化、管理、販売、配信、プロモーションを手がけ、それに必要なシステムの企画、開発、構築、提供を行う。電子出版物を楽しむ機会を幅広い読者に提供し、国内の電子書籍市場の発展を目指している。     講談社や小学館、集英社、文芸春秋など出版社も設立に賛同。  日本電子書籍出版社協会代表理事を務める講談社の野間省伸副社長は「今回、配信事業に関する企画会社が設立されることをきっかけに、私ども出版社の進める電子書籍がより早く、読者の皆様のお手元に届く形が作られれば幸いです」とのコメントを出した。     米国で人気のアマゾン社の電子書籍専用端末キンドル日本語版の発売は未定で、アップルのiPadは専用端末ではない。 電子書籍専用端末の普及が進む米国でアマゾンと人気を分け合っているソニーと、携帯電話で日本の電子書籍市場を開拓してきたKDDIの新端末に注目が集まりそうです。     いよいよ、電子書籍の時代に突入です。       省籍を作るのに必要な、紙も要らないし、印刷をすることも要らなくなるしCO2排出しないからECO((。・д・)oダナ!! ツイートこの記事をつぶやく