最近テレビで良く見かける 池上彰氏が書いて3年前にPHPビジネス新書から発売せれた「伝える力」がベストセラーランキングに浮上してきているそうです。     著者の池上彰氏は、元NHK記者、子供向けニュース番組で人気を博した存在です。 テレビ出演が増えていることで、そのわかりやすい語り口が改めて注目されています。   2007年4月の初版は1万5000部。 初年度から15万部弱に達するヒットを記録して、ロングセラーの1冊となっています。    2年目の2008年度は13万部、3年目の2009年度は約5万部と下降線をたどりましたが、本書は違ったようです。 この4月以降だけで立て続けに計7回、16万7000部の増刷が決定。 新刊でもないのに、各地の大型書店で軒並みトップを争う売れ行きをみせている。 累計部数は54刷53万6000部に到達。   人気再燃の理由としてまず考えられるのはテレビでの著者の露出の増加など、プラスアルファの要素がある。   謙虚にならなければ物事の本質はみえない。 と、本書は、コミュニケーションの大前提となる要点も実体験を踏まえて鋭く指摘。 狭くビジネスパーソン向けにとどまらない訴求力につながっている。 購読者の半数以上が女性とのデータもある。  ブームが一段と熱を帯びる事が予想されます。 ツイートこの記事をつぶやく
ビー・エム・ダブリューは、2シーターロードスターの『Z4』に、最上位モデルとなる『Z4 sDrive35is(ゼット・フォー・エス・ドライブ・サン・ゴー・アイ・エス)』を設定し、全国のBMW正規ディーラーを通じて販売を開始した。 また、同時に『Z4』に装着可能な“Mスポーツ・パッケージ”を新たにオプション設定し、販売を開始しました。                TKY201005130165                TKY201005130163 asahi.comより     今回、新設定された『Z4 sDrive35is』に搭載されるエンジンは、3リッターの直6直噴ツインターボで、このエンジンは吸気系を最適化しするとともにブースト圧をアップ。 さらに、ターボ過給システムを新たに専用開発している。     このエンジンのスペックは、最高出力が従来の306psから34psアップの340psに、最大トルクが同40.8kg―mから5.1kg―mアップの 45.9kg―mにまで向上。さらに、最大トルクは、オーバー・ブースト機能により、瞬時に最大51.0kg―mまで引き上げることが可能となっており、 0―100km/h加速4.8秒というパフォーマンスを誇る。     また『Z4 sDrive35is』には、Mエアロダイナミクス・パッケージを含む“Mスポーツ・パッケージ”と、快適性を損なうことなく俊敏性を向上させる電子制御ダンパーを備えた“アダプティブMサスペンション”を標準装備する。     Mスポーツ・パッケージは、空力特性を向上させるエクステリアと、個性的なインテリアの組み合わせにより、ダイナミックなキャラクターを強調。フロントとリヤで異なるタイヤサイズを装着するこのモデル専用の5本スポークデザインの18インチアルミホイールや、パドルシフト付きのマルチファンクションMスポーツ・レザーステアリング、スポーツシートなどが装備され、このクルマが特別な存在であることをアピールする。     アダプティブMサスペンションは、ダンパーの応答性能を常時電子制御し、スポーティドライビングからコンフォートクルージングまで、路面の状況に応じて常に最適なセッティングを実現する。     一方、Z4に設定された“Mスポーツ・パッケージ”は、Mエアロダイナミクス・パッケージ、Mスポーツ・サスペンション、パドル付きマルチファンクション Mスポーツ・レザーステアリング、18インチMライト・アロイホイール、スポーツ・シート、アルミニウム・カーボン・トリムなどがセットとなるパッケージオプション。設定可能なボディカラーは、ブラック・サファイア、アルピン・ホワイト、チタン・シルバー、スペース・グレー、ディープ・シー・ブルー、メルボルン・レッドの全6色となる。   価格  Z4 sDrive35is:815万円 Mスポーツ・パッケージ・オプション価格   Z4 sDrive23i:43万円  Z4 sDrive35i:40万円   BMWのあの独特の豚っ鼻が気になるんだけ<丶`Д´>  これさえなければ、乗ってみたいけどさ~~ ツイートこの記事をつぶやく

今日は、ゴルフするには最高のゴルフ日和ですね。 そうそう・・・会社のゴルフ部で、当社のお客様の 「コスモクラッシククラブ」 に5月連休の初日にラウンドしてきました。 ゴルフ部といっても4人しかいませんが (笑)

100429_083433

この日は、とても風が強くて朝からビュービュー グリーン練習場の時計がグラグラと揺れる強さで、午後からはもっと風が強くなる予想が的中でグリーンのボールがグラグラ動くような始末の風が吹いて辛かったな~~~

ここ 「コスモクラッシククラブ」 は山の頂上の回りに造られたゴルフ場ですからモロに風を受けます。

スタートは、IN 10番ホールから左からの風が強く捕まったら左のOBΣ(・Д・)カッ!?って思って打ったらその通りに風に持っていかれて痛恨のOB 

ちなみに、goboo君もマン振りだから思いっきりフックしてのOB   

ミノ☆ヒロは、初ラウンドで緊張しまくりでドライバー捕まらず右のカート道を越えてラフへ・・・・><  

TAKEちゃんも捕まりきれず右のラフ・・・><

 100429_101936

ここ10番ホールは、OBパーのダブルボギー  ハンディキャップ16のホールでダブルボギーを叩くようではまだまだ修行が足りません。

次の11番ホールはトリッキーなホールです。

 100429_111121

グリーンをオーバーすると次の12番ホールへ転がってしまうから要注意。 手前から攻めてセカンド50ヤードをピン手前2.5メートル上りのラインにつけて強めに打ってバーディー^^

100429_112223

ここ13番ホールは谷越えのパー3  グリーンはベントグリーンの左サイド

距離は、ピンが左奥 センターまで171ヤードでピン奥だから180ヤード 風は左からフォロー だから6番アイアンにするか7番アイアンにするか迷って、奥に行ってもあまり怪我がなさそうだから6番アイアンで左のグリーンエッジを狙って打つも流されグリーン手前のバンカーを越えてピンまで8メートル  バーディーが来るところじゃないから寄せてパー

ここで、ゴルフ部の紹介

 100429_112622

左から ミノ☆ヒロ   TAKEちゃん   goboo君

ミノは、OB ><           TAKEもOB ><           goboo君もOB ><

みの  みの  みの~~~のグリーンでのパットライン読み

                  100429_130714

“真っ直ぐだよ”のアドバイスも虚しく右に外していたd(-∀-。)ネッ

                残念だったね  ><   ミノ!!!

風のツェエェエ━━(艸゚Д゚*)━━ェエ日のゴルフは疲れる。  ダブルボギーを2回も打ってしまい43  

イージーミスも有ったから納得いかない(〃*`Д´)

後半、巻き返しの為にお昼ご飯はステーキをオーダー^^

100429_134812

肉が柔らかくて美味しい肉でした。 

後半のOUTは、ホントに酷い・・(ll゚∀゚)風でした。  10メートル以上に風が吹いていたんじゃないでしょうか?

ここで3人のスイングを紹介します。

                        goboo君

                  100429_151929

テークバックは、ゆっくりめにあげるのですが、切りかえしから早いんヾ(・∀・o)ノダー!! 

3歳の時からクラブを振っているから基本が確りしている。 サッカーで鍛えた足腰が確りしているから飛びます。 

                     お次は、TAKEちゃん

                   100429_152115

TAKEちゃんは、ラウンドデビューはした事が有りますが初心者同然(´・_・`)カナー 

ドライバーのアイアンも芯には当っているのですが、捕まえきれずに右へ行く事が多いね。

ヘッドスピードのアップと球を捕まえる練習が今後の課題((。・д・)oダナ!!

    さぁ~~~ 今回がコースデビューのミノ ミノ ミノ~~

                   100429_152214

下半身の足腰がフラダンスのように “フラ~~ フラ~~”してしまうから、ボールにパワーが伝わらないから下半身をどっしりして先ずは、振ることダナッd(`д´*) 

初心者だから、まだまだ覚えないといけない事が沢山あるが、練習してラウンドして覚えるしかないね。

楽しいラウンドでした。 

コスモクラッシクのTさん大変お世話になりました。

「ありがとうございました」

ツイートこの記事をつぶやく
昨夜は、新橋 ヤクルトホールで行われた。「処刑人Ⅱ」の試写会に出かけてきました。 何時もながら沢山の方が並んでいました。                   100512_174149   先頭の方は、いったい何時に並び始めるのでしょうか?  6時過ぎにヤクルトホールに到着したのですが既に300人ぐらい(´・_・`。)ヵナァ・・・列を連ねています。            100513_095811    100513_100137   2001年の日本公開から今年で10年。 1作目完成当時の1999年にアメリカで、コロンバイン高校乱射事件の影響で暴力映画狩りによって限定公開され、2年後にビデオ発売を機にクチコミで人気が上がり、5000万ドルを超える売上げを記録。      今回の「処刑人Ⅱ」では、新たな敵の登場と仲間の誕生があり、父のルイ・ドゥーチェの壮絶な過去あらわになり、戦いは過激になりまぁ・・・ドンパチがΣ(o゚д゚oノ)ノ凄ッ!   お笑いの場面もありハードな中に笑わせるところもあり楽しませてくれた作品でした。     この「処刑人Ⅱ」を観る前に1作目を観ると更にストーリーがわかるからお勧めです。 ツイートこの記事をつぶやく