スターツ出版は、クーポン券などを掲載する地域情報誌 「アエルデ」 と連携して、「ツイッター」を使った情報発信を28日に始めます。 ツイッターと連動する専用サイト 「アエルデなう」 を開設して、ツイッターに投稿した地域情報をまとめて閲覧できるようにする。   そのサイトは、http://www.aelde.com/now こちらから。   先ずは、東京都と千葉県を発信します。 地域ごとに、営業を兼ねるアエルデの編集部員が雑誌に掲載した店舗などの情報を投稿します。 また、地域の商業関係者や住民も情報を投稿出来るようにします。   専用サイトでは、情報を投稿した店舗のクーポンげ取得できるサービスも提供します。   先日、スターツ出版は、全雑誌を i padに対応すると発表したばかりで今度は、ツイッターでのビジネスを始めます。    こういう会社が生き残るんですよ。 ツイートこの記事をつぶやく
銀行へ行ったついでに日本橋で行われている行政刷新会議 「事業仕分け」を見学しようとしたら、 なんと、お昼休みで14:30からの再開になったいた。 出かけなくてはならないから見学出来ず残念。    100427_122129     明日が最終日だから時間を作って覗いてみる事にする。     今日のマスコミ取材は、100427_122041 日テレ と、   100427_122217  テレ東だけΣ(・Д・)カッ!?   いや、そんなことは無いな   きっと。 ツイートこの記事をつぶやく
自衛隊徳島地方協力本部が作ったポスターです。   工工工エエェェ(゚Д゚)ェェエエ工工工 ちょっと萌ぇ萌ぇ・・(*’д`*)ハァハァ・・系Σ(・Д・)カッ!?     22_19image     自衛隊のファンじゃないけど・・・・・    自衛隊のポスターってこんなんでイイのΣ(・Д・)カッ!? と、思うけど。   このポスターは、アニメーション製作会社の「ufotable」が作ったそうです。 ツイートこの記事をつぶやく
本書は、「近代」とは何かを、そしていま世界を席巻している「グローバリゼーション」とは何かを理解するのに必読の書である。 本書を読むとミュージアムとは「近代の新しい『宗教』であり、新しい『神殿』である」 し、その思想は、「全世界を西欧の『世界システム』に組み込んでしまおうとする西欧イデオロギーである」 との指摘にうなずかされる。   痛感されるのは、近代を経済から把握しようとすれば、非常に底の深い理解できないということである。    芸術、国際政治学、社会学、哲学などを総動員しないと、その本質は理解できず、当然グローバリゼーションがもたらすポスト近代も理解できないだろう。   イギリスのナショナル・ギャラリーや、パリのルーブル美術館を訪れて、よくもこんなに芸術作品を世界中からかき集めてきたものだと感心しては勝負にならない。 西欧人にとって「蒐集が『世界の支配(把握)』と道義となる理論形成が行われる」からだ。   と、日経産業新聞の「私の本棚」のコーナーに三菱UFJ証券チーフエコノミストの水野和夫氏が紹介しています。 ツイートこの記事をつぶやく
写真家のMatthieu Paley氏が撮影したバイカル湖の写真がΣ(o゚д゚oノ)ノ凄ッ!     c62b9175-s   CGで作ったよな写真です。   自然の驚異     凄すぎるよ!!!!!!!!! ツイートこの記事をつぶやく
福岡県の博多学園は4月26日に、博多高等学校の学生と教職員向けに、5月末からアップルのタブレットマシン「iPad」を100台導入すると発表しました。   iPadを学生や教職員に貸し出し、電子書籍化した副教材を活用する次世代型eラーニングシステムの構築に取り組むそうです。    紙の教科書や資料だけでは伝えきれない情報の補強や反復学習に活用するほか、生徒と教職員間の双方向性とつながりの強化を目指しという。   同校では順次、各教材の電子書籍化を推進し、今後はマイクやスピーカーなどの機能を活用した英語教材なども開発/導入する計画。 教職員のスケジュール管理や生徒情報/授業情報の共有や活用、テストの実施や採点などもiPad上で行い、学生の苦手科目の克服や、採点時の教職員の負担軽減などにも役立てたい考え。   なお、iPadの機能を活用したシステムの構築と展開にあたっては、ECSコンサルティング笑おう!!日本! が協力するそうです。   遂に、来ましたね。    ペーパーレス時代が学校の授業に。   このスタイルが理想ダナッ( ´,_ゝ`)y-~ ツイートこの記事をつぶやく