日韓併合条約締結100年を向かえるのに先立ち、読売新聞社と韓国日報社は、共同世論調査を実施しました。 現在の日韓関係については、日本では「良い 57%ー悪い29%」、一方、韓国では、「良い 24%ー悪い73%」だった。 お互いを信頼できるかどうかを聞くと、日本では「信頼できる」45%。「信頼できない」41%より多かったが、韓国では、「信頼できない」80%に達しました。 日本の植民地支配が日韓関係発展を妨げていると思う人は韓国で80%、日本では、68%に上り、過去の歴史がなお、両国関係の評価などに影を落としてることが浮き彫りになった。 共同調査は今回で7回目。過去6回は面接方式だったため、単純比較はできないが、日韓関係を「良い」と答えた人は両国とも4番目に多かった。 日本による韓国併合に関しては、日本では、「当時の国際情勢を考えると、やむを得なかった」44%が 「併合すべきでなかった」21%を上回った。 韓国では、「併合すべきでなかった」が54%だったが、「やむを得なかった」も28%となった。 「併合のことを知らない」は、日本が26%、韓国が、9%。 今後の日韓関係について、日本では、「良くなる」37%が、「悪くなる」4%を上回った。 韓国では、20%で並んだ。 日韓の経済については、「一部は同じ水準だが、全体的に日本が上回っている」が、日本が、39%、韓国が、50%でともに最多だった。 ツイートこの記事をつぶやく
初めて手にするには、どこかで読んだ事のあるよな、腐れ縁の悪友に再会したような、変な本位時々ぶつかる。 だからポーカーはやめられないと公開するほど、世の中に、ポーカー小説はあふれていない。 だいたいポーカー小説なんてほとんど読んだ事も無かった。 だのに、この本を開くと、たちまち懐かしさのようなようなカタマリが胸を打ちつけてきて。     編者は名うてのアンソロジスト。 「愛の殺人」 とか 「復習の殺人」とか、わりと大雑把なテーマで傑作集を編んできた。 この実績は頼もしい。 作者の顔ぶれも豪華。 それに新作ばかり。 映画でいうなら名プロデューサー。 その辣腕が選んだ今回のテーマがポーカー。 ギャンブルのような、ゲームのような。 そのどちらでもあるいような。     テレビショーでポーカーを生中継する話、ポーカーの最中に起こった毒殺の犯人をポーカーしながら推理する話、ポーカーでボス暗殺をたくらむギャングの話、などなど。 トリを努める一遍「朝のバスに乗りそこねて」がいい。 最後の折がこの一冊のラストカードとぴう趣向と野崎六介氏は紹介しています。 ツイートこの記事をつぶやく
今日みたいに寒い日は、身体を温めるものが欲しくなります。 身体を温めるといった生姜の効能をうたった 『生姜力』 がじわじわと売れ行きを伸ばしているそうです。   「体温本」のブームの他に、寒い日が多かったこの冬の天候なども追い風になって発売から10ヶ月で10万5千部とついに大台に乗せたそうです。   本書の発売は昨年の6月。 ヒットした『体温を上げると健康になる』(サンマーク出版)の刊行が3月。 発売が遅かったのでは?との懸念も有ったが、売れ行きは徐々に伸び増刷が続く。 昔から「生姜湯が風邪に良い」といわれるなど、身体を温める生姜の作用は広く知られている。 「体温本」が人気になるなか、その具体策として本書が注目を集めてようだ。    昨秋には、女性誌で女優の小雪さんが本書を紹介。 これを受けて版元では小雪さんの写真と推薦文が入った帯を作製。 健康が気になる中高年の女性だけではなく、美容に関心の高い若い女性にも読者が広がったようです。       ツイートこの記事をつぶやく