ビーエムダブリューは、MINIの新型車“MINIクロスオーバー”を、2011年春頃に発売すると発表しました。     TKY201004160127  asahi.comより     MINIクロスオーバーは、“MINIカントリーマン”の名で海外のモーターショーに出展された最新作だ。  MINI初の5ドアモデルで、室内には4人分の居住スペースと荷室を確保。ボディは全長約4.1mで、MINIシリーズのなかでもっとも大きいサイズとなる。     BMWジャパンはこのモデルを、2011年春頃に発売することを正式に発表。価格や仕様は未定となっている。   ちょっと、男っぽい感じに仕上がっていてΣd(゚∀゚d)イカス!    これなら、乗ってみてもいいカナ(b’з`*)と思うデザインです。 ツイートこの記事をつぶやく
今週の謎解き5番勝負の問題はこれです。   100416_1712~01   100416_1717~01     100416_1719~01   100416_1723~01     口に入った漢字を並べ替えて四字熟語を作ってください。はがきにその熟語、住所、氏名を書いて 〒100-8779 日本郵便銀座支店留め 日本経済新聞社生活情報部謎解き係へお送りください。 正解者の中から抽選で10人に3,000円の図書カードが当りますよ。 但し、22日必着です。 ツイートこの記事をつぶやく
民間研究機関レガタム研究所が26日発表した2009年版「レガタム繁栄指数」ランキングでは、北欧のフィンランドが1位となり、日本は16位でアジア最高位となった。 同指数は、世界人口の約9割をカバーする104カ国・地域を対象に、経済成長や民主主義の度合い、生活の質などの要因を組み合わせて算出する。   ランキング上位を見ると、スイスが2位に入っているが、3位がスウェーデン、4位デンマーク、5位ノルウェーと北欧諸国がほぼ独占。このほか、オーストラリアが6位、カナダが7位、米国が9位、英国が12位などとなっている。   アジアでは、日本の16位を筆頭に、香港が18位、シンガポールが23位、台湾が24位となった。 一方、目覚しい経済発展を遂げる中国は75位にとどまった。   レガタム研究所の副所長を務めるウィリアム・インボーデン博士は、アジア各国・地域の順位が相対的に低いのは、民主主義と個人的自由に関する部分でポイントが低いことが主因だと指摘。「多くのアジアの国は経済のファンダメンタルズは良好だが、本当の繁栄はお金だけではないことを指数は物語っている」と述べました。(ロイターより)     「本当の繁栄はお金だけではない」  納得ダナッ( ´,_ゝ`)y-~ ツイートこの記事をつぶやく
ペットの顔を自動的に見つけて商店をあわせる機能を搭載したコンパクトデジタルカメラが相次いで登場しているそうです。 じっとしていることが少ない犬猫の撮影がしやすいそうです。 人間の顔認証は既に大半の機種に採用済みで、メーカーはペット向けで差別化を狙うようです。   富士フィルムの「ファインピックスZ700EXR」は「ペットモード」に切り替え、犬猫にカメラを向けると自動的に焦点が合い、シャッターを切ることが出来るという。 目や鼻の位置などで顔を判定、約6割の種類の犬猫に対応できるそうです。   HOYAの「オプティオIー10」 「オプティオW90」 は犬猫の顔をあらかじめ登録して検出する。 3匹まで対応可能。    リコーの「CX3」は猫のみに対応して、撮影の祭に自動でフラッシュの発光や操作音が出ないようにする。    いずれの機種も人間の顔認証機能を備えているが、ペットの併用は出来ないそうです。   この犬猫の顔認証デジカメ(・∀・)イイ!!かも(σ・∀・)σY〇!!    ツイートこの記事をつぶやく
ゴルフクラブのアイアンとウエッジについての新しいルールが1月から適用されました。 ショップでは、旧ルール品を求めるアマチュアゴルファーが目立ち、特需ともいえる現象が起きているそうです。 小売店は旧ルール品の在庫を厚く持ち機会損出を避けているようです。 旧ルール品は年内に出荷停止となるが、大手メーカーはギリギリまで生産・出荷する方針だそうです。     新ルールはアイアンとウエッジそれぞれの、溝の容量と縁の鋭さを制限すること。 旧ルール品の出荷は2010年末までと決めてられている。 しかし、一般アマチュアは23年末まで使えることから、メーカー、小売店とも旧ルール品の品薄感が強まるとみている。     ゴルフクラブの最大手のSRIスポーツでもアイアンとウエッジのメーカー出荷ベースで旧ルール品が7割を占めている。 「競技会に出場しないゴルファーの間ではスピンがかけられる旧ルール品へのニーズが高い」と見ており、ルール変更直前の2009年12月に駆け込みで旧ルール品を発売した。 SRIでは「秋以降、小売店から仕入れが増えている」と見ている。     ブリヂストンスポーツではウエッジは9割が旧ルール品だという。 ただ、新ルール適合品を発売する予定で、今後は新ルール品のシェアは高まる見通し。 既にアイアンは新ルール品が5割強、旧ルール品が5割弱と拮抗している。       ゴルフクラブ規制とは、 アイアンとウエッジの溝の容積や溝の縁の形状を規制する内容。 クラブでボールをスピンをかけ過ぎるのを抑制するのが目的。 ラフでもクラブのスピン性能が高いためゴルフのゲーム性を損なうとして、R&A(全英ゴルフ教会)がルール変更を決定した。 既に、2010年1月1日以降に発売される全ての商品に適用されている。 旧ルール品の製造とメーカー出荷は2010年12月31日までとなります。  競技会では新ルールが段階的に導入されます。 1月からは主要プロツアーで適用されています。 アマチュアの競技会などでは2014年まで、一般ゴルファーには2024年から適用される予定です。       プロは、ヘッドスピードがあるし、高い球を自在に操ってグリーンに止める球を打てるだろうが、アマチュアゴルファーにはこの新ルールは影響ありそうです。 下手糞が更に下手糞になりそうダ━━━ヽ(゚益゚*)ノ━━━!! ツイートこの記事をつぶやく
2010年の1~3月は景気の底打ち期待も膨らみ始め、この間のヒット商品をながめると「安さ」にとどまらない新たな“売れる力学”が浮かび上がってくる。 そのキーワードは「ネタ消費」。 自分の体験をブログやツイッターで発信する消費者が増えた結果、コミュニケーションのネタになるモノやサービスの存在感がアップ。 人が人を呼ぶ波状効果で、シリア蹴りで売る上げを延ばす商品が続々と登場している。 と日経MJは最近の傾向を紹介しています。     日本マクドナルドが1月から、期間限定で4商品を順次発売した「ビッグアメリカ」の話題が一時、ネット上で話題になった。 従来と比べると2.5倍のパティを使い、テキサス、ニューヨーク、ハワイ、カリフォルニアとアメリカの州の名前をつけたこの商品、セット料金700円台と高額ながら爆発的にヒット。  一般試食会にはブログやツイッターの書き手も参加して「つぶやき」を繰り返した。 お店を限定した先行販売や発売後の品薄感も“発信者魂”に火をつけた。 食べ比べの感想を呼んだ消費者の来店を促した面があるようだ。     桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」は、2009年8月の発売直後に品薄となったヒット商品。 その人気が最近、再燃している、ツイッターなどで格好の「ネタ」になったのが一因らしい。 メーカーはメディアへの露出を抑えたが、今年に入ってから「桃ラー」を探し求めるユーザーがツイッター上で盛んに情報交換し始めた。 「辛いのか、辛くないのか」 「どこで手に入れたか」 など、1分間に数回のペースで投稿があり、既に十数万件の桃ラー関連のつぶやきが投稿されたとみられる。 商品コンセプトも「家めし」 「家飲み」で卵かけご飯(TKG)がブームの今の時流に合った。 ヱスビー食品も3がつにおかずラー油を発売。 こちらも「Sラー」と呼ばれて好調。     1~3月のヒット商品には景気低迷時の「低価格」人気とはやや異なる傾向が見られる。 商品力を備えているだけでなく、仲間や家族の間で、その商品をネタにコミュニケーションしやすい品々が並んだ。 ツイッターやブログで比較したり、批評したり、ツッコンだりできる特性が売れ行きに拍車をかけている。     「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んでいたら」のもネタ消費の一端がみられる。 昨年12月発売で、現在まで38万部を発行。 経済書が短期的にここまでヒットするのは珍しい。 設定の場面の面白みや、なぜかアニメ美少女の表紙などツッコミどころ満載とあって、ブログや読書会で紹介する人が続出したという。     本格的な3D映画 「アバター」も、発信意欲をいたく刺激した作品だった。 現在も公開中だが、日本での興行収入は11日現在で152億円強に上っている。 今までに無い映像体験やストーリーへの批評などは、ネット上でかつてないほど盛り上がりをみせました。    ツイートこの記事をつぶやく