フェラーリは、『599GTO』の概要を明らかにした。 レース専用車『599XX』のロードゴーイングバージョンで、6.0リットルV型12気筒エンジン(670ps)を搭載。0-100km/h加速は3.35秒、最高速は335km/h超と、歴代フェラーリ市販車として、最速のパフォーマンスを誇る。     257709response.jpより   GTOとは、「Gran Turismo Omologata」の略で、レース参戦用のホモロゲーション取得車を意味する。フェラーリは1962年に『250GTO』、1984年に『288GTO』を発表しており、フェラーリファンにとってGTOとは、特別な響きを持つネーミングなのだ。 フェラーリ久々のGTOは、2009年3月のジュネーブモーターショーでデビューしたレース専用車、599XXのロードゴーイングバージョン。599XXは、『599GTBフィオラノ』(日本名:『599』)をベースに、約30台を少量生産。ワンメークレースという形を取りながら、そのノウハウが将来、フェラーリが発売するニューモデルに生かされるという新車開発プログラムの役割を担う。 599GTOは、この599XX用のエンジンを、ほぼそのまま移植。6.0リットルV型12気筒エンジンには、専用クランクシャフト&インテークなどが採用され、最大出力670ps/8250rpm、最大トルク63.2kgm/6500rpmを引き出す。599比では50psパワフル、599XX比では30ps抑えられたスペックだ。 徹底した軽量化も施され、アルミやガラスの薄厚化、コンポジット素材の導入などにより、車両重量1495kgを実現。パワーウェイトレシオは、2.23kg/psと驚異的な数値をマークする。 トランスミッションは、専用開発の6速2ペダルMT「F1マチック」で、変速スピードはわずか0.06秒。この結果、599GTOは0-100km/h加速3.35秒、最高速335km/h超という、歴代フェラーリ市販車最速のパフォーマンスを達成する。また、イタリア・フィオラノテストコースでのラップタイムは、1分24秒。フェラーリ創業55周年記念車として、2002年に発売された『エンツォ』よりも2秒速い。このタイムもまた、歴代フェラーリ最速である。 F1のノウハウを応用したエアロダイナミクス性能の向上も、599GTOの注目点。バンパー、フロントスポイラー、ボンネット、ディフューザーなどを専用品とし、アンダーフロアのフラット化も実施。200km/h走行時に、144kgものダウンフォースを獲得する。F1マシン同様の「ホイールドーナツ」は、空気の流れとブレーキ冷却性能を高めるテクノロジーだ。 足回りには、2世代目のカーボンセラミックブレーキを装備。さらなる軽量化と性能向上が図られており、ローター径はフロント398mm、リア360mm。100km/hから車両停止までの制動距離は、32.5mという強力なブレーキである。 さらに、第2世代の磁性流体を使った電子制御可変ダンパー、「SCM2」や専用スプリング、大径リアスタビライザー、専用VDC、最新のF1トラクションコントロールを採用。タイヤはミシュラン製「スーパースポーツ」で、サイズは前285/30ZR20、後ろ315/35ZR20。アルミホイールも専用デザインだ。 インテリアは、カーボン製パドルシフト、レザー&アルカンターラステアリング、バケットシート、カーボンパネルを標準装備。ステアリングホイールには、VRE(バーチャル・レース・エンジニア)思想を導入したパフォーマンスインフォメーションシステムが組み込まれる。ルーフは、マットグレー塗装で仕上げられた。 599GTOは、23日に開幕する北京モーターショーで正式発表。限定599台が生産される。価格は公表されていないが、欧州では26万7000ユーロ(約3330万円)程度と予想されている。 ツイートこの記事をつぶやく
日経新聞の「心の一冊」のコーナーに「パディーの黄金のつぼ」が紹介されていました。   小雨の朝、8歳の誕生日に、プリジッドは庭先で、偶然長靴ほどの大きさの ”小さい人” レプラコーンに会いました。 4つの条件がぴたりと合ったからです。 としは174歳で、逆立った髪の毛だけが赤く、全身緑色でした。 長い名前を持って、自分をパディーと呼んでいいと言いました。   こうして、アイルランドの農村で暮らす一家の一人娘と小さい人の、短い友達づきあいが始まりました。 ブリジットは、パディー家畜のうさぎや牛、ロバやブタなどの通訳をしてもらって、動物たちの窮状を救いました。 母親は小さい人はどこかに “黄金のつぼ” を埋めていると言っていました。 それはほんとうだったのでしょうか?   ブリジットとパディーが、お互いに思いやる気持ちや傷買う優しさが無理なく絵が描かれていて、結末のほどよいほろ苦さは、低学年の読者にも納得がいくでしょう。   と、紹介しています。 ツイートこの記事をつぶやく
日経夕刊の「シネマ万華鏡」のコーナーに 「第9地区」 が紹介されていました。   『びっくりするほど斬新な設定とビジュアルのSF映画である。 映画における人間とエイリアンとの関係は、ファンタジー系は別として、リアルに見せようとするものでは、おずおずと “未知との遭遇” のときめきをかみしめるか、逆にすぐさま戦闘に突入するかで、いずれにせよ、ある遠さがあった。    それが、この映画では、エイリアンは ”難民” としてもう20年数年前から地球に住みついている。   所は南アフリカのヨハネスブルグ。 1982年に巨大な宇宙船が飛来し、空中に停止したままとなった。 衰弱していた大勢のエイリアンを地上に避難させたところ、スラムを形成し、人口180万人にまでも膨れ上がった。 ナイジェリア人のギャングが、ここに寄生して、商売。 エイリアン相手の娼婦まで出現。   異星種間のセックスまで言及したSF映画ははじめてではないか。 では、このエイリアン、地球人に近い形状かというと、全然そんなことはない。 侮蔑的に “エビ” とよばれるのが納得の、甲殻類か昆虫のような不気味な姿である。   こうした状況が疑似ドキュメンタリーの手法でえがかれ、有無をもいわせず観客にリアルな感覚を刷り込ませていく。 この異様な世界に接触できる喜び。   物語の主人公は、政府からエイリアンの管理を委託された多国籍企業の凡庸な社員。 エイリアンを都市部から引きはなす強制移住の現場監督に任じられたばかりに、DNAが変わってしまいほどの、想像を絶する経験をする。』   と映画評論家 宇田川幸洋氏はこの 「第9地区」を評しています。     第9地区のオフィシャルサイトはこちらから   この映画、MIBみたいな感じなのだろうか???     ちょっと観てみたいヨッ(σv_v)σ ツイートこの記事をつぶやく
アメリカではSIMフリー導入から約10年が経過するが、実際にSIMロックが解除されているのは2割程度にしか過ぎない。    その理由は大きく2つ。   AT&Tが 「GSM」、 ベライゾン・ワイヤレスが 「CDMA」という通信規格を採用しており、SIMロックを解除しても、簡単には通信会社の乗り換えにはつながらない。   また、AT&Tが、アップルの「i  phone」をSIMロック付きで販売しているように、人気機種はSIMロックをかける傾向が強い。   競争で料金が下がり、サービスが向上するといったメリットが強調されるSIMロック解除だが、端末価格が上がるというデメリットもある。 通信事業者の奨励金が期待できなくなっているからだ。    グーグルが自社サイトを通じて販売するスマートフォン「ネクサス・ワン」。  SIMロック解除した状態で販売しており、アメリカではGSM方式を採用しているAT&TモバイルのSIMカードを別に購入して利用する。 だが、通信会社からの奨励金を受けられないため、価格は1台529ドル(約5万円)。  アメリカ200ドル前後が売れ筋とされるだけに、価格がネックとなって販売は伸び悩んでいる。   ただ、これまでに奨励金を提供する通信事業者の要求に仕様が縛られがちだが、メーカーが直接販売できるようになれば、利用者の要望を優先できるようになる。 調査会社ストラテジー・アナリティックスのアナリスト、ニール・マウストン氏は、「端末開発の自由度が増すいい機会。 10年後には通信会社を通さないやり方が、携帯端末の有力な購入方法になる可能性がある」とみています。   いずれ、通信会社を通さずに端末を購入できる???  たぶん、実現するでしょうね。 ツイートこの記事をつぶやく
KDDIの研究開発社であるKDDI研究所は、携帯電話とテレビ放送を連動させた情報提供技術を開発しました。 番組やコマーシャルの画面を携帯のカメラで撮影すると、画面に映った宿泊施設や小売店の空室情報やクーポン券を入手したりできる。     auの携帯に搭載したKDDIの映像配信サービスと連携して1年後にも実験を始めるそうです。   新技術では番組やCMの画面に、宿泊施設や小売店のリストとそれぞれに対応したロゴマークを表示する。 情報を入手したい施設や小売店のロゴマークを携帯のカメラで撮影すると、携帯が情報を収集する。 携帯の画面に宿泊施設や地図や吸湿情報を表示したり、クーポン券をダウンロードして店頭で利用したりできる。   KDDI研究所は、「拡張現実感」と呼び技術を応用。 撮影したもの回りの物に、さまざまな情報を画面上で重ねて表示する技術で、指で画面に触れるだけで簡単に操作できるそうです。   益々、便利で快適な生活ができそうダァ♪(o’д’o)ノ ツイートこの記事をつぶやく