友人から携帯に 「参ったよ  肺癌だったよ」と留守電。       ショック((。・д・)oダナ!!         ツイートこの記事をつぶやく
フィアット グループ オートモービルズ ジャパンは、アルファロメオのコンパクトモデル“ミト”に、6速乾式デュアルクラッチ機構“アルファTCT”(アルファ・ツインクラッチ・テクノロジー)を採用し、27日より先行予約受付を開始すると発表しました。   TKY201003260194     発売されるのは、“アルファロメオ ミト スプリント”と“アルファロメオ ミト コンペティツィオーネ”の2モデル。いずれも1.4リッターエンジンにアルファTCTを組みあわせた新世代パワートレインを採用する。   今回新採用された6速乾式デュアルクラッチトランスミッションは、二重構造のインプットシャフトに、乾式クラッチディスクをそれぞれ搭載。片側のクラッチの開放と同時に、もう片側のクラッチを締結し、トルク伝達の途切れのない素早いギアチェンジを可能にする。たとえば1速で走行中は、もうひとつのシャフトにあらかじめ2速ギアをプリセットしておき、1速側のクラッチの開放と同時に、2速側のクラッチをつなぐ。この動作の繰り返しにより高効率な変速が可能になるというわけだ。   なお厳密には、変速時に瞬間的に両方のクラッチが一瞬、半クラッチ状態となる。これにより駆動力の途切れが回避される仕組みとなっている。また電子制御による半クラッチ機能を利用することで、オートマチック車のようなクリープ現象(微速走行)を作り出したのも特徴だ。   デュアルクラッチ式トランスミッションには、大まかに湿式クラッチと乾式クラッチの2タイプあるが、アルファロメオは構造がシンプルな乾式タイプを採用。その理由として、湿式よりトランスミッションを軽量・小型化できることを挙げている。   アルファTCT採用のミトにはさらに、信号待ちなどで停車すると自動的にエンジンが停止する“スタート&ストップシステム”が搭載される。これにより、燃費向上とCO2低減を実現する。なお、自動停止機能が不要なときは解除スイッチによりシステムをオフにすることも可能だ。   発売される2グレードは、主に装備により差別化が図られている。ミト スプリントは、デュアルゾーン式フルオートエアコンやリアパーキングセンサーなどを装備しつつ価格を抑えることで、高いコストパフォーマンスを実現したモデル。   ミト コンペティツィオーネは、ミト スプリントの装備に加え、バイキセノンヘッドライトや17インチアロイホイール、レッド仕上げキャリパー、ステアリングのパドル式スイッチなどを装備した、豪華グレードという位置づけだ。 価格は、アルファロメオ ミト スプリントが288万円、アルファロメオ ミト コンペティツィオーネは305万円。いずれも右ハンドル仕様となる。納車は7月より順次開始される。(asahi.comより) ツイートこの記事をつぶやく
BMWジャパンは、6代目となる新型5シリーズセダンを発表しました。 本日より予約受付を開始し、納車は4月末より順次開始するという。約7年ぶりとなる今回のフルモデルチェンジでは内外装が一新され、新型7シリーズにも通じる精悍なデザインに生まれ変わった。   TKY201003260176   asahi.comより ボディサイズは、全長4910mm×全幅1860mm×全高1475mm、ホイールベースは2970mm。先代モデルと比べ、55mm長く、15mmワイドで、5mm高くなった。室内スペースに大きく影響するホイールベースは先代より80mm長くなっており、先代を上回る空間が後席に与えられた。   デビュー当初の日本仕様のモデルバリエーションは、“550i”、“535i”、“528i”の3モデル。上級版の550iは、4.4リッターV8ターボを搭載し、最高出力407ps、最大トルク61.2kg-mを発生。従来の550iより40psパワフルに生まれ変わっている。 535iは3リッターターボを搭載。スペックは最高出力306ps、最大トルク40.8kg-mで、同じ排気量で過給機なしの先代530iと比べ、34psの出力アップを遂げた。   528iは3リッターNAを搭載し、最高出力258ps、最大トルク31.6kg-mを発生する。同モデルは、平成22年度燃費基準+15%と平成17年度排出ガス基準75%を達成、BMWで初めてエコカー減税の対象車となった。   トランスミッションは、全車に8速ATが搭載された。新エンジンの搭載と従来よりギアの枚数が2枚増えたことの効果は燃費性能にもあられており、燃費は 535iで10.6km/Lと、従来の3リッターNAモデル(530i)を0.7km/L凌駕。同じ3リッターNA同士の比較では1.3km/L上回るなど、出力アップと燃費向上という相反する要素を見事に両立した。   この燃費向上には、ブレーキにエネルギー回生システムを採用するなど、エフィシェントダイナミクスの思想をより深化させたことが功奏したようである。   サスペンションは、フロントがダブルウイッシュボーン式、リアはマルチリンク式を採用。優れた操縦安定性とともに快適性の向上が追求された。 価格は、550iが1040万円。535iは835万円。528iは715万円。
ツイートこの記事をつぶやく
以前に、コーヒーの効能で、コーヒーは、血液をサラサラにしてがんの予防、アルツハイマー型認知症の予防等々コーヒーには沢山の効能が認められています。   が、スウェーデンのルンド大学のヘレナ・ジャンストーム博士が発表したものですが、一部の女性はコーヒーのうちのカフェインによっておっぱいが縮んでしまう遺伝子を持っているそうです。   研究では、コーヒー好きの女性を対象に行われた結果で、1日のコーヒー及びアルコールの摂取量とおっぱいのおおきさにはっきりとした関連性があることが分かったそうです。   ジャンストーム博士は、「彼女たちの胸は小さくなりつつあります。 なくなるということは有りませんが」と語っています。   ただ、コーヒーは、子宮体がんや他のがんのリスクを減らすという効果があり、飲むにせよ飲まないにせよおっぱい星人を悩ませることには変わりないようです。 ツイートこの記事をつぶやく
「野郎ラーメン」も会社から2分もかからないとことにオープンに向けて工事中でです。    100325_164039   つけ麺なのか詳細は分からない?   隣は、「油屋製麺」 100325_164057    この「油屋製麺」の隣が「肉とんこつらーめん 味伝」 100325_164106   ラーメン屋が、3軒連なることになります。   日銀通りは、ラーメン激戦区となりつつあります。   この「野郎ラーメン」どんなラーメンを提供してくれるんだろうか?  やはり、オープンしたら食べに行かないといけないね。 ツイートこの記事をつぶやく
会社から1分もかからない所に「豚麺研究所」というラーメン屋がオープンに向けて準備中です。    100325_143007   この「豚麺研究所」のお店は元カレー屋さんだった。      みる所つけ麺専門店のようです。   オープンしたら食べてみよう。 ツイートこの記事をつぶやく
ハンバーガーチェーンのバーガーキング・ジャパンは、4月2日主力ハンバーガー「WHOPPER (ワッパー)」の価格を5~9%引き下げるそうです。   店舗数が3月中旬に20店を突破して、食材の調達力が高まったのを機に集客増を狙いレギュラーメニューでは初の値下げに踏み切る。 首都圏を中心に展開する前20店舗で値下げするそうです。 ビーフパティにレタス、トマトを挟んだ人気ハンバーガー、ワッパーの単品(420円)を390円に値下げ。 ワッパーとドリンクMサイズ、サイドメニューが付くセットメニュー「ミール」(790円)を750円に値下げ。   値下がることは、嬉しいことです。 ツイートこの記事をつぶやく
塩野義製薬は、アトピー性皮膚炎の「かゆみ信号」を遮断する新薬候補の患者向けの臨床試験を国内で始めました。   アトピー性皮膚炎は体内のアレルギー反応などで起きるが、現在では有効な医療医薬品は外用ステロイド剤にほぼ限られています。 かゆみを止めれば症状の悪化を抑えられる場合は多いとみられ、早期の製品化を目指して開発を進めるそうです。   この新薬候補は、「S-444823」  手や顔など、アトピー性皮膚炎の幹部に塗って使う。 体内の神経に存在している痛覚や免疫反応などとの関連が強い「カンナビノイド受容体」に働きかかる効果が期待されている。 アトピー性皮膚炎の患者の体内ではアレルギー反応などで炎症が起き、かゆみ信号を発する神経伝達物質が生まれる。 その信号が脳に届いた段階で手や顔などにかゆみを感じる仕組み。 体内の信号伝達経路は完全に解明されていないが、カンナビノイド受容体を経由している可能性が高いと塩野義は見ている。 痛覚や炎症などにかかわるカンナビノイド受容体で信号を止めれば患者はかゆみを感じないほか、炎症も緩和できる可能性があるという。 アトピー性皮膚炎を発症すると無意識に患部をかきむしり、皮膚を傷つけて症状を悪化させる場合が多いとされる。 S-444823は、塗り薬のため、手や顔などの患部だけに効果を限定してかゆみを抑え、治療の成功確率を高めると塩野義はみている。   塩野義によればステロイド剤は炎症を抑える一方、かゆみを止める効果が弱いという。 444823を発売できれば治療薬の選択が広がる。(日経産業新聞より) ツイートこの記事をつぶやく
先日、プジョー 「RCZ」が4月にヨーロッパで発売される記事をアップしましたが、専用サイトがオープンしました。   専用スペシャルサイトはこちらから。http://rcz.jp/   この『RCZ』を紹介するスペシャルサイトは、特徴を紹介する“Concept”、欧州仕様の画像を閲覧できる“Gallery”、日本での『RCZ』のイベント情報を掲載する“Schedule”、プロモーション映像(欧州仕様)を公開する“Movie”、装備や諸元を掲載する“Specification”の、5つのコンテンツで構成。“Movie”と“Specification”は4月以降に展開する予定となっているそうです。 ツイートこの記事をつぶやく
2010年度予算が、24日の参院本会議で民主、社民、国民新の与党3党などの賛成多数で可決、成立しました。   一般会計総額は92兆2992億円と過去最大。参院事務局によると、現憲法下で5番目に早い成立だという。   政権の「コンクリートから人へ」の方針に基づき、公共事業費を09年度当初比18.3%減の5兆7731億円に抑制したのに対し、社会保障費を同9.8%増の27兆2686億円に増やした。   歳入は税収が37兆3960億円と18.9%の大幅減になる一方、新規国債の発行額は44兆3030億円と過去最大になり、当初予算段階で戦後初めて借金が税収を上回った。   歳入が、37兆3960億円しかないのにいったいこの国はどうするんだろうか?   鎌倉時代のように徳政令をだしてゼロにリセットしたらどうなんだろう!!?? ツイートこの記事をつぶやく
Page 4 of 24« First...«23456»1020...Last »