2010,03,31

BMW、ミニ・ ジョン・クーパー・ワークスを一部改良

BMWは、MINIのハイパフォーマンスブランド『MINI John Cooper Works(ミニ・ジョン・クーパー・ワークス)』を一部改良し、販売を開始した。一部改良後モデルのデリバリーは、4月末頃からの開始を予定している。   TKY201003310155   TKY201003310156   今回の改良では、標準装備と価格の見直しを実施。 装備見直しでは、装着率が高かったオプション設定の“フロアマット”と“クロムライン・エクステリア”を全車に標準化。 さらにクラブマンには、ラゲッジスペースの使い勝手を高める“フラットフロア”を、カブリオレには、オープン走行した時間を計測する“Always Open Timer”を標準装備とした。 また価格見直しでは、上記の装備を追加しながら、価格アップは1万円から3万円に抑えられている。 (asahi.comより) 【価格】ジョン・クーパー・ワークス(ハッチバック):389万円 ジョン・クーパー・ワークス・クラブマン:416万円 ジョン・クーパー・ワークス・カブリオレ:439万円   ミニは、可愛くてイイけどこれでゴルフに出かけたら疲れるだろうな~~~    大型車が多い高速道路なんかは大変(゚∀゚ ;)タラーダナッd(`д´*) ツイートこの記事をつぶやく