「野郎ラーメン」も会社から2分もかからないとことにオープンに向けて工事中でです。    100325_164039   つけ麺なのか詳細は分からない?   隣は、「油屋製麺」 100325_164057    この「油屋製麺」の隣が「肉とんこつらーめん 味伝」 100325_164106   ラーメン屋が、3軒連なることになります。   日銀通りは、ラーメン激戦区となりつつあります。   この「野郎ラーメン」どんなラーメンを提供してくれるんだろうか?  やはり、オープンしたら食べに行かないといけないね。 ツイートこの記事をつぶやく
会社から1分もかからない所に「豚麺研究所」というラーメン屋がオープンに向けて準備中です。    100325_143007   この「豚麺研究所」のお店は元カレー屋さんだった。      みる所つけ麺専門店のようです。   オープンしたら食べてみよう。 ツイートこの記事をつぶやく
ハンバーガーチェーンのバーガーキング・ジャパンは、4月2日主力ハンバーガー「WHOPPER (ワッパー)」の価格を5~9%引き下げるそうです。   店舗数が3月中旬に20店を突破して、食材の調達力が高まったのを機に集客増を狙いレギュラーメニューでは初の値下げに踏み切る。 首都圏を中心に展開する前20店舗で値下げするそうです。 ビーフパティにレタス、トマトを挟んだ人気ハンバーガー、ワッパーの単品(420円)を390円に値下げ。 ワッパーとドリンクMサイズ、サイドメニューが付くセットメニュー「ミール」(790円)を750円に値下げ。   値下がることは、嬉しいことです。 ツイートこの記事をつぶやく
塩野義製薬は、アトピー性皮膚炎の「かゆみ信号」を遮断する新薬候補の患者向けの臨床試験を国内で始めました。   アトピー性皮膚炎は体内のアレルギー反応などで起きるが、現在では有効な医療医薬品は外用ステロイド剤にほぼ限られています。 かゆみを止めれば症状の悪化を抑えられる場合は多いとみられ、早期の製品化を目指して開発を進めるそうです。   この新薬候補は、「S-444823」  手や顔など、アトピー性皮膚炎の幹部に塗って使う。 体内の神経に存在している痛覚や免疫反応などとの関連が強い「カンナビノイド受容体」に働きかかる効果が期待されている。 アトピー性皮膚炎の患者の体内ではアレルギー反応などで炎症が起き、かゆみ信号を発する神経伝達物質が生まれる。 その信号が脳に届いた段階で手や顔などにかゆみを感じる仕組み。 体内の信号伝達経路は完全に解明されていないが、カンナビノイド受容体を経由している可能性が高いと塩野義は見ている。 痛覚や炎症などにかかわるカンナビノイド受容体で信号を止めれば患者はかゆみを感じないほか、炎症も緩和できる可能性があるという。 アトピー性皮膚炎を発症すると無意識に患部をかきむしり、皮膚を傷つけて症状を悪化させる場合が多いとされる。 S-444823は、塗り薬のため、手や顔などの患部だけに効果を限定してかゆみを抑え、治療の成功確率を高めると塩野義はみている。   塩野義によればステロイド剤は炎症を抑える一方、かゆみを止める効果が弱いという。 444823を発売できれば治療薬の選択が広がる。(日経産業新聞より) ツイートこの記事をつぶやく
先日、プジョー 「RCZ」が4月にヨーロッパで発売される記事をアップしましたが、専用サイトがオープンしました。   専用スペシャルサイトはこちらから。http://rcz.jp/   この『RCZ』を紹介するスペシャルサイトは、特徴を紹介する“Concept”、欧州仕様の画像を閲覧できる“Gallery”、日本での『RCZ』のイベント情報を掲載する“Schedule”、プロモーション映像(欧州仕様)を公開する“Movie”、装備や諸元を掲載する“Specification”の、5つのコンテンツで構成。“Movie”と“Specification”は4月以降に展開する予定となっているそうです。 ツイートこの記事をつぶやく