住宅版エコポイントの申請受付の開始を受けて、小売各社が特需取り込みに動き出しました。   家電量販店のヤマダ電機、ヨドバシカメラなど大手が揃って内窓の売り場を開設しました。 ホームセンターのコメリは住宅設備メーカーと組み、割安なオリジナル商品の投入を検討している。  ヤマダ電機は、東京・豊島の旗艦店でトステムの内窓の取り扱いを始めた。 ヨドバシカメラは東京・秋葉原と大阪・梅田の2店で、三協立山アルミの内窓の販売を開始しました。 月内にも全店の半数の10店程度に広げる。 ホームセンターのコメリは、これまで29ヶ所あるリフォーム売り場「コメリリフォーム」で内窓を扱っていたが、エコポイント開始を受けて売り場を併設していない13店のも広げたそうです。 内窓は、既存の窓の内側につけて断熱性を高める仕組みです。 一般の消費者にはなじみが薄い為、各社とも価格設定や展示で工夫をこらしている。   工事施工費込みの価格を設定したのは家電量販店のエディオンやホームセンターのカインズ。 ビックカメラは通常の窓と二重窓を並べて展示し、来店客が手を触れて断熱性などを確かめられるようにしている。   二重窓は、部屋の温度を保つには優れものらしいですよ。  ツイートこの記事をつぶやく
非営利活動法人のドギーバック普及委員会は、外食時に食べのこした料理を持ち帰るドギーバックの消費者向けのガイドラインを作りました。 食中毒を起こさない詰めかたを紹介する一方で、消費者の「自己責任」も求めています。要望があれば飲食店に小冊子を配布する。 食中毒を恐れてボギーバックの消極的なお店を後押しする狙いのようです。   ガイドラインには、ドギーバックを熱湯消毒やアルコール消毒などによって清潔にするといった基本的な内容のほか、細菌を増やさないために水分を取り除いてから移し変える。 冷ましてから詰め替えるといった食中毒を避けるコツを盛り込んだ。 食べるときは火を通したり、調味料を活用したりする事も勧めている。   食中毒の原因となる代表的な菌の紹介。 それらが発生しやすい条件や冷蔵・過熱といった予防法を説明し、場合によっては「捨てる勇気を持つ」ことを求めている。   普及委員会は飲食店側が食虫即の発生を避ける為に、持ち帰りを推奨していないと分析。  責任を企業サイドに求めるのではなく、消費者が自己責任で食中毒の発生を制御する努力をすべきとの観点で今回のガイドラインを作成したという。 今後、ホームページで公開するほか、希望する飲食店に冊子を配布することを検討している。    同委員会はガイドラインとは別にドギーバック自体の普及を目指し、ロゴマークを作成する予定だそうです。 「食べ物を持ち帰る」 「コンパクトに折りたためる、 携帯性がある」 「洗っても繰り返し使える」の3つの用件のうち1つ以上を満たす容器をドギーバックと認定し、委員会が作ったロゴをつけてもらえるようにするそうです。   同委員会は、食糧問題に関心を持つ有志が集まって2009年3月に発足。 同年12月にNPO法人に認定された。 農林水産省がすすめる食料自給率の向上に向けた運動「フードアクションニッポン」の推進パートナーにも登録しているそうです。   このドギーバックが普及して消費者の意識が変わると食料自給率も確かに上がってくると思いますね。   いろんな席に出席するけど、料理ってこれでもか!!!!!!って出ますよね。 いつの食べきれずにもったいないと思うことシバシバですからいいことじゃないでしょうか!!!??? ツイートこの記事をつぶやく
鶴岡八幡宮のご神木とされる大イチョウは10日午前4時40分ごろ、根元から倒れているのが見つかった。   大イチョウは1219年、鎌倉幕府の3代目将軍源実朝が八幡宮の参拝を終えたところ、この木に隠れていた公暁(くぎょう)が暗殺したとされる伝説から「隠れ銀杏(いちょう)」とも呼ばれる。800~1千年余りの樹齢とみられ、鎌倉時代に体を隠せる大樹なら現在の木は2代目という説もある。   大イチョウは根元部分が空洞のようになっていた。八幡宮によると、これまで台風で枝折れしたことなどがあるだけで大きな被害はなかった。今年は2月に雨が多く地盤が緩んでいたという。神職の一人は「関東大震災にも耐えたのに……」と絶句していた。 現場には神職や氏子らが次々に訪れ、おはらいや感謝をささげる神事をした。大学の樹木の専門家にも連絡し、植え直しも含めて今後の対応を検討するそうです。 ツイートこの記事をつぶやく
切り傷や擦り傷で出血した時、軽い傷の場合ならやがて血は固まり、自然に止まります。 もしも出血が止まらなければ死んでしまうからです。 これは、血液の喪失を防ぐ為に人間が備わった高度に発達した止血機能なのですが、一方この高度な止血機能がアダとなってしまうことがあります。   心筋梗塞や脳梗塞では、止血のために必要な血小板の集積がその発症のもとになります。 止血に集まった血小板が病的決戦という血の固まりを作り、決戦が血液の流れを阻害してしまうのです。   これらの病気の予防では、血小板の機能を阻害する抗血小板薬を使用することが有効なのですが、強力な抗血小板薬の使用は止血機能を低下させて出血性合併症のリスクを増加させる事になります。 もっとやさしく体を守る方法としてコーヒーに着目して、研究を行っているのが東海大学医学部内科学系の後藤信哉先生です。   後藤先生は、1杯のコーヒーを飲む前と飲んだ後で健康な成人から血液を採取して、血栓の出来方について顕微鏡で観察し、解析しました。    1杯のコーヒーを飲んだ後にできる血栓が小さくなる事が分かった。                    100310_124603   血栓が小さくなった理由として、「コーヒーによるリラックス効果が考えられる」と後藤先生は報告しています。 人間は、ストレスがかかると、臨戦態勢に入り、血液を固まりやすくして危険に備えます。 血液を固まりやすくするためには、リラックスさせなければならないのです。    また、後藤先生は、もう一つの理由として、コーヒーに含まれている「キサンチン」という成分の効果をあげています。 「キサンチン」が間接的に血小板の機能を阻害するために、血栓ができることを防いでいる可能性が考えられるそうです。 ツイートこの記事をつぶやく
ジャガーは、XKRクーペに特別仕様車を設定、ジュネーブ国際モーターショーに出品した。
 
photography_B240907C-0A74-4CC5-915D-CE2D3B13C299_378x624
今回のトピックは、XKRスピード・パッケージとブラック・パッケージの追加だ。 
オプション設定となるスピード・パッケージは、エクステリアでは、ボディ同色サイドシルやリアディフューザーを装着。空力面で改良を加えており、フロントスポイラーやリアスポイラーを装着。スタビリティ向上を図っている。 
さらにウィンドウモールやメッシュグリル、サイドベントなどはクロームメッキで処理。ブレーキキャリパーは赤く塗装され、専用20インチ・アルミホイールを装備する。ボディカラーも特別色を設定。 
photography_B8134B47-B399-4F9D-84F0-751F81D79B99_378x624
機械面では、ECUやトランスミッションのセッティング変更により、最高速を250km/hから280km/hに引き上げている。アクティブ・ディファレンシャルコントロールの設定を変えて、高速域のステアリングフィールも向上しているようだ。 
さらにこのスピード・パッケージをベースにしているのが、XKRブラック・パッケージだ。
こちらはボディサイドの“XKR”ステッカーやグロス・ブラックのフロントグリルやウィンドウモール、同じくグロス・ブラックの20インチ・アルミホイールが特徴である。
XKR Coupe 15,500,000円 (消費税込み) より
XKR Convertible 16,500,000円 (消費税込み)より
ゆとりあるパワー、瞬時のレスポンス、比類ない俊敏さを備えたスポーツカー、New XKR。軽量で高い剛性を誇るアルミニウムボディ、510psを出力するジャガー最新の5.0リッターV8スーパーチャージドエンジン、オートマチックとパドルシフトによるマニュアルコントロールを選べる新しいシーケンシャルシフト6速トランスミッションを装備。スリリングな加速、最高のドライビング・ダイナミクス、切れ味鋭いハンドリングをもたらします。
だけど、イギルスといったらこの車
090303_ph01
ASTON  MARTIN  には勝てないヨッ!!a(a`ε・´o)
ツイートこの記事をつぶやく