2010,02,28

免疫を高める食品  「プロバイオティクス」

歳をとるにつれ、免疫機能は低下し。最近やウイルスの感染に対しる抵抗力が弱くなっている。 インフルエンザやノノプイルスなどが流行すると、高齢者が重症になりやすく、特に注意が必要です。

 

免疫細胞のうち約60%が腸管に存在している、 免疫機能は腸内に住む最近と切っても切れない密接な関係にある。

 

腸内には約500種類以上、100兆個、重さ1キログラム近くの腸内細菌が常在している。 人に有用な乳酸菌などの善玉菌と、悪さをする悪玉菌、時によって善玉にも悪玉にもなる日和見菌などがある。

 

乳酸菌などの腸管微生物のバランス改善により、有害な作用をもたらす生きた微生物添加物をプロバイオティクスと呼ぶ。  プロバイオティクスは免疫機能を高めるだけではなく、厚生物質やビタミンBなどの産生、発ガンに関与する腸内腐敗産物の生成抑制、腸運動の促進による便秘改善、脂質代謝の改善などの多彩な作用を持つ。

 

乳酸菌やビフィズス菌、それらを含むヨイーグルトなどのプロバイオティクスは「お腹を調子を整える食品」として販売されている。

 

採取するとかなり゚+。゚(・∀・)゚。+゚イイ!!ようです。

ツイートこの記事をつぶやく