マーケティングプランナー 川島蓉子さんが、J-WAVE   TOKYO  MORNING  RADIOに今日もゲスト出演して、「マーケティングとファッション」について話していました。   川島蓉子さんは、早稲田大学在籍中に文化服装学院のマーチャンダイジング科へ週3日ほど通っていたそうです。 彼女は、小さいときから服が大好きで大学に行こうか専門学校に行こうか迷ったそうですが、東京の大学行こうと早稲田大学に進んだそうですが、商学部はつまらなくて好きな服の話をする人があまりいなかった。出来なかったから文化服装学院に通っていたそうです。   彼女が、最初に書いた本が 「ビームス戦略」   服そのものが大好きで、デザインをしたり作ったりは出来なかったのですが、ビムースの戦略に興味があって、何でこの服が作られたかとか、どのようにしてお店が作られたかとか、そしたら、社長が大好きでその考えを本にしたかったそうです。   パリに出張した時に、オペラ座の前にユニクロが出来ていて大成功していて、ファストファッションが世界にひとつの領域になっている。 ファストファッションは、世界的にマーケティングしてこれからどんなファッションが必要とされているか、一番安いところで作って実現している。 確実にマーケットになっている。 マーケットは出来てきてユニクロはたぶん勝だろうけど、それでは、ユニクロになってしまって面白くない。 ファストファッションとそうでないものが両方あるのがファッションマーケットだと思う。    変わらなくていけない時期に来ている。   特に、デパートに入っているブランドが困っている。 ファストファッションの安さと高級ブランドほど高額ではない中間が欲しいと思っている。 デパートは、お客の立場に戻って、どういう服が「ワクワク・ドキドキ」させるのか?  デパートは、難しいかもしれないが縦割りで一つのフロアーで服もあり雑貨もある。靴もあって、バックもあってということに力を入れて欲しい。 デパートならではのセレクトショップへ。   注目するファッションブランドは、こういう時代に変わらすにいるエルメス。 先日、インタビューしたときに凄いブランドだと思った。 それは、常に革新的で、ヘリコプターを 作ったりデザイナーに全く新しいブランドのコンペディションを行っている。 老舗の伝統と革新的が必要。   これからは、日本が日本的なものに価値を見出して誇りに思って欲しい。 作り続けて欲しいし、その価値を築いていないと思う。 それと、伝えるという事が大事で作っておけば向こうから来るという事ではなく伝える事が必要。 伝えることがマーケティングだと。   明日のテーマは、マーケティングとブランドだそうです。           ツイートこの記事をつぶやく
清水門をくぐり石段を上がっていくと 「北の丸公園」                    100223_121431   公園に行ってみると (*゚Д゚) アレ? 「桜」(´・_・`。)ヵナァ・・        100223_121124   近寄ってみるとこれが、『河津桜』だそうです。          満開のようにみえます^^         100223_121143   河津桜は、ソメイヨシノと比べるとピンクが濃いですね^^   河津桜は、花持ちが良くて開花してから1ヶ月を経て満開になるそうです。   ソメイヨシノのようにサーッと咲いてパーッと散ってしまうより(゚д゚)イーヨイイヨー 伊豆の河津町の河津桜まつりは有名ですが、東京・北の丸公園に「河津桜」が見れますよ。 ツイートこの記事をつぶやく
江戸幕府蔵屋敷の礎石のある道を隔てて江戸城の清水門が見えます。   この清水門は、中世にこの地にあった清水寺にその名を由来するといわれているそうです。 この門は、外枡形門(そとますがたもん)という構造で、石垣と水濠で枡形(四角い広場)を造り高麗門(こうらいもん)と渡櫓門(わたりやぐらもん)を配しているそうです。             100223_120539                      この門が高麗門   最初の門を入ると更に門が 100223_120638 あります。  この門が渡櫓門??   柱が、スゴ━━━(*゚∀゚*)━━━イ 100223_120614 重厚なんだよ   石垣には、石工でしょうか? 印が石に刻まれています 100223_120742  四角が二重になっています。  これより高い所には、ひょうたんと扇子を広げた形が刻まれています。    “俺が、この石垣積んだんだゼッ(`・д・)y-~”って証を残したんだよ。   この渡櫓門を入って行くと 100223_121509 こんな、石段というか、坂になっていて江戸時代そのものという感じデス!(●・w・●)ゝ   この石段をちょんまげを結った侍が闊歩していたんですよ。   140年ぐらい前は。  信じられない気がしマ―d(>▽<●)―ス!!   池波正太郎の鬼平犯科帳では、清水門外に確か役宅が有ったと記憶しています。    多分、池波正太郎もこの辺りを散策したんだろうな。 ツイートこの記事をつぶやく
大隈重信候 雉子橋邸跡の記念碑の隣には、江戸幕府蔵屋敷の礎石がおかれています。              100223_120327                      100223_120343   この礎石は、3号庁舎を建てるときに(σ`з´)σ見ぃ~けっ!されたもので、出土した状態をそのまま再現したものだそうです。   昔は、この石の上に柱を立てていたのですから驚きDEA─(σΦдΦ)σ─TH!! ツイートこの記事をつぶやく
九段下の合同庁舎に行く用事が有って一番大きな3号庁舎の入り口の辺りには、大隈重信候の雉子橋邸の跡地になっていてそこには記念碑が建っています。  100223_120257   記念碑には、大隈重信(1838年~1922年)は、明治新政府に出仕し、大蔵卿等を歴任し、日本国の「円」の創設に尽力しました。 また内閣総理大臣を二度にわたり務め、近代国家の基礎作りに貢献しました。 大隈重信は、1876(明治9)年10月から1884(明治17)年3月まで、この雉子橋邸宅に住み、1882(明治15)年10月創立の早稲田大学の前身、東京専門学校の開校事務もこの邸宅で行った。 と、書かれています。 大隈重信って凄い人なんですよ。 ツイートこの記事をつぶやく
神田西口商店街のある炭火焼鳥専門店 「鳥造 (とりぞう)」では、「森伊蔵」が飲めるんですヨッ!!a(a`ε・´o)   西口商店街の入り口から徒歩3~4分の処に、100222_221011 「鳥造」があります。   にゃんと!Σ(゚ω゚`ノ)ノ  100222_203936  「森伊蔵」が鎮座しています。   森伊蔵は、幻の焼酎といわれて「魔王」 「村尾」 と合わせて「3M」といわれています。 この森井蔵は、シラク元大統領が大好きな焼酎でトヨタ自動車の元社長張富士夫氏がレジオンドヌール勲章を受けた時にお礼として森井蔵を持参した事は有名な話です。   早速、ボトル(一升瓶)で 100222_203249 一杯目を “グッビッと” 口に含むと 『う~~~~ん こんなもんなの?』 美味しさの驚きとでもいうか!!??  確かに深みがあるというか、雑みというかそんなものは感じられないな。   サッパリときゅうりで、 100222_203653  ごま油が塩もみのきゅうりに邪魔しないでいい感じダナッ( ´,_ゝ`)y-~ このきゅうりで一杯目を飲み   2杯目は、100222_204832 なみなみとグラスに注ぎ “ぐいっと” 確かに美味い   肴は、若鶏の焼のも 100222_204501  串には刺さずに網の上でゴロゴロと焼いていました。 焼き場が、客席とカラスで区切られていて客席に煙が充満しない工夫がされていていいお店です。   串に刺す手間を考えればこれで十分((。・д・)oダナ!!  それに、何時も串を外して食べるからな   100222_204549  TVのグルメレポーターが、「柔らかくておいしい~~~」 って、ヾ(=д= ;)ォィォィ 何でも“柔らかくておいしい”って言えばいいと思ってんの(`・д・´)   って言いましたが、お恥ずかしいが、「柔らかくておいしいよ」 この雛鳥の焼き鳥 塩の塩梅も良くて肉の旨味と丁度合っているね。   3杯目は、ちょっと控えめに、 100222_210510 3杯目も美味いヨッ!!a(a`ε・´o)   3杯目の肴は、  100222_204657 手羽先揚げのピリから甘酢あんかけ 辛さと甘酢のバランスが良いね。   4杯目もなみなみグラスに注ぎ 100222_211841  4杯目の美味い(σ゚ェ゚)σY〇!!   4杯目の肴は、 100222_210829 玉子の甘さと出汁の風味が゚+。゚(・∀・)゚。+゚イイ!!   5杯目もなみなみ森井蔵を注ぎ 100222_213304  5杯目も美味い   5杯目の肴は、 100222_211145  から揚げなんだけど料理の名前が・・・・道産子が使う言葉だったんだけど・・・・忘れたビェ─・゚・(。>д<。)・゚・─ン!!   店長が、これどうですか? 100222_220504  って言われてもこれいくらするんだヨッ(σv_v)σ    4合瓶で3万円ぐらいするの(´・_・`。)ヵナァ・・    ちょっと手が出ないな   昨夜は、(゚д゚)ウマ-夜でした。 ツイートこの記事をつぶやく