インターネットでの販促の重要度が増している今、店や会社のWebサイトが実際に閲覧された量に応じて料金を徴収する、PV(ページビュー)課金型のWebサイト作成サービスが注目されている。   通常、Webサイトを作るときは、専門の制作会社に発注し、独自にデザインしてもらうため、コストが高くなりがちだ。しかし、集客効果が不明なものに費用は支払いたくないもの。このニーズに応えるよう考えられたものだ。 まず、店舗データ等をインターネット上で入力し、デザインのパターンを選択して申し込むと、専用のWebサイトが準備される。これに、店側で必要な情報を加えたり、加工したりすることで、Webサイトを完成させる。   情報とは、料理写真、店舗情報、クーポン情報、お知らせ、地図、採用情報など。入力は簡単で、こうした情報を管理画面で登録するだけで、それが画面に反映される。   デザインのパターンは10以上用意されており、イタリアン、カフェ、居酒屋など、業態に応じた雰囲気のものを選べる。   また、メルマガ、ブログ、予約・問い合わせ受け付け、アクセス解析、SEO対策(検索ページの表示順が上位になるよう工夫すること)など、効果的な情報発信に必要な機能も備え、ケータイからの閲覧にも対応している。独自ドメインの利用も可能だ。   最初1カ月間の試用期間は無料で、それ以降はPVに応じた料金を支払う仕組み。初期設定と3000PVのパックが5万円で、追加PVは1PVあたり2.7円が標準。1カ月間の請求の上限は1万PV分(2万7000円)までとしているため、大幅に閲覧が増えた場合も安心だ。前金で支払う場合のパック料金も設定しており、そのPVに達するまでに次のパックを買い足して継続する仕組みだそうです。                                             日経レストランより ツイートこの記事をつぶやく
今や国民食ともいえる餃子。 宇都宮餃子は有名ですが、浜松餃子も最近注目されています。 ビールのおつまみ、ご飯のおかずと活躍の場は広く、焼くだけで手軽にてべられる事ができる国産のお取り寄せ可能な餃子のランキングが日経PLUS1に記事が掲載されていましたから紹介します。   第1位   点天 「ひとくち餃子」  (大阪市)        パリパリした食感で年齢や性別を問わず食べられる。   第2位   石松  「石松餃子」   (浜松市)        地域特産のキャベツを具に使用して、クセがなく甘味を感じる。   第3位   古樹軒  「ふかひれ水餃子」  (東京都中央区)        茹で上がったつるつるした皮の食感とうまみある具の対比が楽しめる。   第4位   ホワイト餃子店  「ホワイト餃子」  (千葉県野田市)        クリスピーなパンのような歯ごたえ。 系列店で取り寄せも可能。   第5位   泉門天(せんもんてん)  「ひと口餃子」  (京都市)        京都・祇園に本店がある。 ピリ辛ながらニンニク臭はマイルドで女性にも人気。   第6位   宇都宮みんみん  「冷凍生餃子」  (宇都宮市)        餃子の町、宇都宮の有名店で野菜が多い具はさっぱりとした味わい。   第7位   餃子の王国  「黒豚生餃子」  (熊本市)        南九州の黒豚にこだわったジューシーな味わい。玉ねぎの甘味がアクセント。   第8位   華興(かこう)  「華興餃子」  (東京都北区)        たっぷり野菜を使用した甘味ある味わい。タレつき。   第9位   包王(ぱおう)  「牛とん包」  (滋賀県彦根市)        近江牛を使用した具は肉汁たっぷり。 皮にはとんこつスープを練りこんでいる。   第10位  皇朝(こうちょう)  「黒豚生餃子」  (横浜市)        中国料理の世界大会優勝者らが開発。 タレ無しでもおいしい濃厚なうまみ。   どれも美味しそうです。 餃子が食べたくなったな~~~   ツイートこの記事をつぶやく
ベントレーは、3月2日に開幕するジュネーブショーに、コンチネンタルスーパースポーツのオープン版“コンチネンタル スーパースポーツ コンバーチブル”を出展する。 コンチネンタル スーパースポーツコンバーチブルは、1年前のジュネーブショーで発表されたクーペ版と同じ、6リッターW12気筒エンジンを搭載。最高出力630ps、最大トルク81.6kg-mを発生し、0-100km/h加速を4.2秒でこなす。最高速も325km/hという超高性能ぶりだ。              TKY201002190182asahi.comより   ベントレーはこのクルマを、“世界最速の4シーターオープン”とアピールし、2011年モデルからラインアップに加える予定だ。 なお、搭載するW12エンジンは、ガソリンとエタノールの混合燃料に対応し、E85(バイオエタノール85%+ガソリン15%)はもちろん、それ以外の混合比率にも対応する。机上の計算では、CO2排出量は最大70%低減できるそうだ。 インテリアは、サテンフィニッシュのカーボンファイバーやアルカンターラ、ソフトグリップレザーなどをふんだんに用い、スポーティ感と豪華な雰囲気を融合させた。 時代のニーズである環境対応を、植物由来燃料に対応するフレックスフューエル技術という方法でクリアしようとするベントレー。現状でユーザーがその技術にどの程度の価値を見いだすかはわからないが、少なくても超高級車を購入の際のひとつのいい言い訳にはなりそうだ。 ツイートこの記事をつぶやく
先日、食べに行ったらヲィヲィ(o´゚д゚`)っ)) “スープ■━⊂( ・∀・)彡ガッ☆`Д゚)終了カよ”で食べれなかったから今日は気合をいれていってみました。  100219_124454   チラシでは、『絶品塩』ってなっていたから迷わず自販機で『絶品塩らーめん』を購入   席は、満席 100219_123044 カウンターに4人 テーブル席が4人席が3つの16人 テーブルに座り待つこと3分ほどで 『お待ちどう様です』と。 早い(σ・∀・)σY〇!!   テーブルに『絶品塩らーめん』が来ました。  100219_123350 見た目、スープが済んでいて“うまそう” 先ずは、スープを 100219_123917  一口すする “しおっけは( `д´)b オッケー! しょっぱ過ぎず゚+。゚(・∀・)゚。+゚イイ!! 甘味のあるスープ” 先日、銀座で食べた 「函館ラーメン 船見坂」よりしょっぱくない。   具には、100219_123428  「チャーシュー」 ばら肉ではなくこれは肩肉(´・_・`)カナー 「しなちく」は、ちょっと寂しげに細いしなちくが2本 100219_123454  それと、「キャベツ」 100219_123508 スープのしょっぱさとキャベツの甘さがベストマッチング((。・д・)oダナ!!   ネギは、刻みネギではなく 白髪ネギ 100219_123528 になっています。   肝心の麺 100219_123628 細麺のちじれ  この麺とスープが、ベストマッティング??? (*´・д・)*´。_。)ゥミュかというとちょっと違うカナ(b’з`*) もう少し模索した方が良いかも(σ゚ェ゚)σY〇!!   スープが、美味しかったから 100219_124300 完食(*゚∀゚)ゞデス   メニューは、100219_124412         100219_124424 絶品塩らーめん 650円  秘伝味噌らーめん 700円  絶品辛味噌らーめん 750円  極み醤油らーめん 650円  彩サラダらーめん(20食限定) 850円  秘伝スタミナらーめん 900円  と、トッピングがあります。 場所、東京都中央区日本橋本町4-3-2 電話、03-6225-2237 ツイートこの記事をつぶやく
ブリヂストンスポーツ株式会社は、2009年12月の発売以来、高い操作性と抜けの良さで多くのプロ・上級者からご好評頂いている本格派キャビティアイアン「TOURSTAGE X-BLADE 703」から、更にシャープな本格派形状でありながら、大きな飛びと球の上がりやすさを実現した新構造のアイアン「TOURSTAGE X-BLADE 703 LIMITED」を、2010年4月1日から数量限定で 発売します。                g0218_xblade703_001   メーカー希望小売価格は、6本セット(5番~9番、PW)が126,000円(本体 120,000円)です。   1. 新構造による大きな飛びと球の上がりやすさ ソールからバックフェースにかけて約50gのタングステンをコンポジット。さらに、中空構造とすることで低・深重心化を実現。飛び、球の上がりやすさ追求した設計です。 2. X-BLADE 703アイアンよりもシャープな本格派形状 コンパクトかつシャープな形状で、操作性と振りぬきの良さを実現しました。    ダイナミックゴールド(STEEL)装着時 6本セット(#5~9、PW) ・・・ 126,000円(本体 120,000円) 単品1本(#3、#4) ・・・ 21,000円 (本体 20,000円) NS PRO 950GH ウエイトフロー(STEEL)装着時 6本セット(#5~9、PW) ・・・ 126,000円(本体 120,000円) 単品1本(#3、#4) ・・・ 21,000円 (本体 20,000円) ヘッドの大きさが、先月買った703よりちょっと小ぶりになった様です。  小ぶりのヘッドが好みなんだよネッ(oゝД・)b  だけど、中空アイアンだから音の問題だよね!!?? 音は、多分 “パッチーン”という中空特有の高い金属音だと思うんだよd(-∀-。)ネッ  この“パッチーン”という音があまり好きじゃないね。  アイアンは、軟鉄で打った時の “ブッシュ”という音が好き━━━(っ’∀`c)━━━━!!デス!(●・w・●)ゝ ツイートこの記事をつぶやく
ブリヂストンスポーツ株式会社は、2009年12月の発売以来、高い飛距離性能と安定性で多くのプロ・上級者からご好評頂いている「TOURSTAGE X-DRIVE 703」ドライバーから、更なる飛びと操作性を追求した435cm3のドライバー『TOURSTAGE X-DRIVE 703 LIMITED』を、2010年4月1日から数量限定で発売します。                       g0218_xdrive703_001 4000本の限定だそうです。   TOURSTAGE X-DRIVE 703 LIMITEDの特長として、 1. 新構造による更なる低重心化で強弾道を実現 X-DRIVE 703同様の、新部分肉厚設計の鍛造CUPフェースと、7ピース構造のヘッドに加え、新たにクラウン裏にケミカル加工を施し(=ハイパーメッシュクラウン)、最薄部0.3mmの薄肉化を達成。これにより更なる低重心化で、低スピンの風に負けない強弾道を実現します。 2. 振りぬきが良く操作性が高い435cm3のヘッドサイズ  振りぬきの良さを求めるユーザーに対応した435cm3の小ぶりなヘッドサイズ。 シャープな振りぬき感とヘッドコントロール性能を重視しました。 シャープでストレートに構えやすい形状です。   シャフトは、3種類用意されていて其々の価格は、
Tour AD B10-01wシャフト(CARBON)装着時 1本 ・・・ 89,250円(本体 85,000円)
Tour AD DI-6シャフト(CARBON)装着時 1本 ・・・ 99,750円(本体 95,000円)
Diamana ‘ilima 70 (CARBON)装着時 1本 ・・・ 99,750円(本体 95,000円)
  1ヶ月前に買った 703はいったいなんだったんだよ(激-`ェ´-怒)
 
 
 
ツイートこの記事をつぶやく